Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Xgate

ヘヴィ・ロックmeetsポップ・サウンド×エレクトロという基本路線は変わらない。しかし、四つ打ちのリズムも大胆に使いながらストレートでポップな魅力を打ち出した今回は、覚醒をテーマにした前作以上にカミツキの覚醒が感じられる。目の前に立ちふさがる門をこじ開け、前進することをテーマにした全5曲。物語は前3作からの続きではあるものの、歌詞からは、等身大のMiZUKi(Vo)が感じられる。そんなところもストレートでポップ。これまで以上に多くのリスナーに歓迎されるに違いない。新加入のHAGI(Gt)がアコースティック・ギターを軽快に鳴らす「Shine In the Darkness」には、ラテン・テイストという新機軸も。カミツキの活動はここからさらに加速していきそうだ。(山口 智男)