Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Humans

THE FUZZ ACT

『Humans』

Release Date : 2019-03-13
Label : MUDMEN RECORDS
¥1,620

若いリスナーにはまったく新しい音像に聴こえるかもしれないし、若くても70年代以前の音楽をディグっているリスナーは、むしろ今この音を鳴らせるセンスに驚くかもしれない。いずれにせよ「夢なんかじゃない」のハードボイルドなギター・リフや、大声で人間の心臓の真ん中めがけてまっすぐ放たれるヴォーカルに驚いてほしい。語尾を上げる徳永駿介の特徴的な歌唱、そのメロディが映える楽器一個一個が見えるようなアンサンブル。そのすべてが人間ならではの感情や孤独を伝えるための音色とアレンジを有している。何もエレクトロニックな音楽だけが現代的なわけではない。リアルが何か取り落としそうになっている不安な心情を表現しつつ、生の温度と手触りで聴き手の肩を揺さぶるような彼らの音楽も今の音だ。(石角 友香)