Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

1970年01月号掲載

ずいのそこ

Zaien Lily

『ずいのそこ』

Release Date : 2015-05-27
Label : モノクロレコード
¥1,650

開いた扉の先に広がるのは、未だ重苦しい現実と孤独感だった。前作『蠅ト百合』で鳴らされた、開放感とメランコリーが入り混じるギター・サウンドからさらにヘヴィに、且つキャッチーに、そのスケール感とポップネスを何倍にも増した楽曲たち。1曲の中で見せるドラマティックな曲展開も、夜空に映える三日月のように切々と輝くメロディも、そのすべてに"先へ進む"ための意志がたぎっている。前作が、道を歩み始めたZaien Lilyの、その先を照らし出すヘッドライトだとしたら、この本作は、未だ消えない闇を、そのぬかるんだままの地面を駆け抜けるための獰猛なエンジン音。仮初の希望を見せるのでも、絶望に寄り添うのでもなく、ただあるがままに"自分"であることを突き詰めようとするバンドだからこそ、2作目のこの重さは必然である。(天野 史彬)