Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

2014年02月号掲載

X次元へようこそ/絶対ムッシュ制

昨年はソロで『RADIO ONSEN UTOPIA』、相対性理論で『TOWN AGE』と2枚のアルバムをリリースし、その存在感の大きさを示したやくしまるえつこ。本作は彼女の7枚目のソロ・シングル。「X次元へようこそ」は躍動感のある流麗なストリングスやムーディなブラスをフィーチャーした、肉体的で甘美な魅力を持ったシティ・ポップ風の楽曲で、"にゃんにゃんにゃんにゃにゃにゃん"と囁く彼女のヴォーカルは、"萌え"よりは"エロ"のほうがしっくりくる妖艶さを孕んでいる。「絶対ムッシュ制」はミニマムなバンド・サウンドの上を流れる煌びやかなシンセと、最後にバーストするギターが印象的なポップ・チューン。「X次元へようこそ」の編曲は菅野よう子が、全曲マスタリングはグラミー賞受賞の経歴も持つTed Jensenが担当している。(天野 史彬)