Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

johann

2017年04月号掲載

johann

メンバー:佐藤 竜市(Gt) 川北 真一郎(Gt) 鈴木 翼(Ba) 深津 良輔(Dr) 櫻田 和秀(Per)

インタビュアー:吉羽 さおり

ツイン・ドラムのインスト・ロック・バンド johann(読み:ヨハン)が、前作より約3年半ぶりとなる3rd EP『ZASHIKI-WARASHI fanfare』をリリースした。2008年に結成し、現5人のメンバーとなって約2年。試行錯誤の末に磨き上げたのは、爆発力のあるグルーヴと、日本人の心に触れる切なくも美しいメロディ、わびさびや情緒ある歌心が織り込まれたサウンドだ。フィジカルな祭りのビート感と、懐かしくキャッチーな旋律は、音楽の持つ歓びやハレの祝祭感をまっすぐに表現している。ピュアな躍動と、タイトルや音などに込められた細やかな遊び心とが、いい塩梅で結びついた音楽だ。

-『ZASHIKI-WARASHI fanfare』は約3年半ぶりの単独作品となります。前作(2013年リリースの2nd EP『Haiku Days』)以降はどのような活動がありましたか。

佐藤:ひと言で言うと、迷走ですね(笑)。

深津:間違いないね(笑)。

佐藤:今は5人なんですけど、一昨年くらいにはキーボードの子がいたりして。

川北:メンバーが変わってますね。

深津:ベースとギターが変わりました。

佐藤:とか、いろいろありましたね。

-メンバーや楽器に合わせて、サウンドの試行錯誤があったと。今のメンバーはどのようにして決まったのでしょう。

佐藤:出会い系とかですね。

深津:やめなさいよ、あなた(笑)。

佐藤:マッチングアプリを多用して。

鈴木:そこにいち早く、応募しました。

深津:なんで大喜利みたいになってるんだよ。

佐藤:まぁでも、誰かの友達だったりという繋がりが多いですね。

鈴木:僕はjohannの前身バンドから知っていたので、自然な流れでしたね。結構、無茶振りだったんですけど。2週間後にライヴが決まっていて、"ちょっと出てくれない?"っていう。

櫻田:しかも、利根ジャム("TONE RIVER JAM")っていう野外フェスで。

-もともとバンドとしてどういう音にしたいか、どういうバンドにしたいかというヴィジョンはありましたか。

佐藤:もともと、フジロック("FUJI ROCK FESTIVAL")に出たくて9年前に始めたんですよ。

櫻田:で、出れたの?

佐藤:夢の中では何回か出ているんですけどね。相当、盛り上がってて。

-結成時からインストのバンドなんですか。

佐藤:初めからインストでした。ただ、最初はヴォーカルを探していたんです。昔はメンバー募集のサイトがたくさんあったので、それを利用して何人かに会ったんですけど、みんなダメでしたね。それで、見つかるまでインストでやろうと思っていたんですけど。結局見つからなくて。

櫻田:え? 今、ヴォーカル見つかったら歌入るの?

佐藤:いやぁ、入らないでしょ。

櫻田:だよね、なんか今の話の感じだと──

深津:不安になったよね(笑)。

鈴木:そこ、ブレるんだ? って。

佐藤:最初の1、2年くらいはヴォーカルがいないとまずいかなという感じだったんです。でも、いいかなと思って。

-インストでも十分に可能性があるぞと感じて。

佐藤:そもそも、インストのバンドが僕はあまり好きじゃなかったんですよ。

深津:メンバーみんな、好きじゃないかもしれないね。

佐藤:もちろん、ジャズやクラシックは好きなんですけど。ちょうど僕が音楽をやり始めた時期は、インストのバンドが大量生産されてきていたんですよね。あぁ、嫌だなと。

-そこでほかのインスト・バンドとの差別化を図ったり、試行錯誤も?

佐藤:ギターがピロピロしないとかかな。技術的な話になるんですけど、"ジャ、ジャ、トゥルルル~"みたいなことはやらないっていうルール。当時多かったのが、ハンマリングとプリングを多用するバンドだったんです。本当はちゃんとギターも弾けるし、"トゥルルル"とかもできますけど(笑)、そうじゃなくてなるべくシンプルな、歌えるメロディをやりたいなと思ってます。

櫻田:敵を作るなぁ。

-ドラムがふたりというのは、最初からだったんですか。

佐藤:実はオリジナル・メンバーは僕しかいなくて、ほかは全員変わっているんですよ。座ってるドラムの深津ちゃんと、立ってるさくちゃん(櫻田)が入ったのが5~6年前で。当時はツイン・ドラムのバンドがあまりいなかったし、しかもドラムとパーカッションのツイン・ドラムなので、これでほかとは少し差別化できるかなと。

深津:もともとjohannは僕が入る直前まで4人組のバンドだったんです。ドラム、ベース、ギターふたりで。竜市君ともうひとりのギターが僕の高校の同級生だったこともあり、"ドラムがやめちゃうから、深津ちゃんやってみていい感じだったら、入らない?"って誘ってもらったんです。同じような感じで、ドラムに誰を選ぶかというところに、櫻田君もいたんだよね。で、どっちにしようかな、どっちも入れちゃえって感じで。

-ということは、櫻田さんはそれまではパーカッションでなく、普通のドラマーだったんですね。

櫻田:普通のドラマーでした。別にツイン・ドラムのバンドを否定しているわけではないんですけど、入るとなったときにいろんなツイン・ドラムのライヴ映像を観たら、ふたりが同じフォームで合わせて叩く感じで、クソだせぇなと。

深津:急に角出してきた(笑)。

櫻田:だったら、面白いことやりたいなと思って。じゃあ立つかと、提案したんです。

-川北さんはどのタイミングでの加入ですか。

川北:タイミング自体は僕もよくわからないんです。櫻田君と同じ大学で、バンドも一緒にやっていたんですけど、誘われたときには僕はもうバンドをやめていたんです。それで櫻田君がjohannに入っているのは知っていたんですけど、"1回練習に来てみない?"って言われて。

佐藤:それも前のギターがやめるタイミングだったんですよね。

櫻田:翼さんが入った少しあとですね。

川北:半年くらいあとでしたね。