Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

プリメケロン

2017年03月号掲載

プリメケロン

プリメケロン

Official Site

メンバー:阿部 さとみ(Vo/Key) 古谷 隆祐(Ba/Cho) 長谷 美沙紀(Dr/Cho)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

北海道札幌を中心に活動する3ピース・ピアノ・ロック・バンド、プリメケロン。着実な活動が実り、2015年には"JOIN ALIVE 2015"にオープニング・アクトとして出演、2016年には島村楽器主催オーディション"HOTLINE2016 JAPAN FINAL"にてグランプリ獲得――と、ひとつずつ階段を上っている最中、このたび初の全国流通盤『アイソーマイビー』をリリースする。満を持して、と言うべきタイミングで作り上げたこの1stミニ・アルバムに彼らはどんな想いを託したのだろうか。メンバー3人がメール・インタビューに応えてくれた。

-まず、この3人が集まった経緯を聞かせていただけますか。

古谷:3人とも同じ専門学校の出身で阿部と古谷が同期、長谷がひとつ下の代で。在学中に僕が阿部から逆ナンされて(笑)、バンドを組むことになったんです。

阿部:私も当時、(古谷の)名前も知らずに"この人たしかベース弾いてた人だ!"って勢いで声を掛けました(笑)。

古谷:そのあと、学校を卒業してから2012年ごろに前ドラムが脱退することになって、後輩だった長谷に声を掛けました。

長谷:もともとは専門学校の先輩バンドで、後輩として"かっこいいなぁ!"と見ているだけでした。卒業してからドラムが抜けたという話を聞いて驚いてたんですけど、まさか私に"サポートやりませんか?"と誘いが来るとは思ってなくて。そこから1年のサポート活動を経て正式メンバーとして加入することになりました。

-バンド名の由来を教えてください。

阿部:"プリズム"って言葉を取り入れたいっていう古谷の案がもとで、"プリ"だけ残して、"メ"、"ケ"、"ロ"は当時のメンバー3人の好きなカタカナを1文字ずつ使って、最後はなんとなく"ン"をつければ締まるかなと思って、"プリメケロン"。

古谷:"プリズム"は、人がそれぞれ持つひとつの光をたくさんの色に輝かせられるようにって思いを込めてつけたいと決めてました。

オフィシャル・サイトのプロフィールに書いてある"聴いてくれる方の渡世をお手伝いします"という言葉にはどのような意味が込められているのでしょうか。

阿部:せっかく自分たちの作った曲を聴いてもらえるなら、良い影響としてその人に残ってほしいなと思ったので、その人の生活とか、もっと大きく言えばその人の人生を盛り上げたり背中を押したりするような存在のバンドになりたいと思って、プロフィール文に使いました。

古谷:過去に聴いてくれていた人は思い出に、今聴いてくれている人には明日を生きる活力になって、聴いてくれているみんなの人生の中にプリメケロンが少しでも関われるようにという気持ちがありますね。

-音源を聴かせていただきましたが、いわゆるピアノ・ロック・バンド的なアプローチにこだわっているわけではないのかなという印象を受けました。そもそもみなさんの音楽的ルーツはどういうところにあるのでしょうか。

阿部:小さいころ習っていたクラシック・ピアノが、音楽に触れた最初のきっかけだったんですけど、クラシック音楽が特別すごく好きだったわけじゃなくて、テレビで流れるドラマの主題歌とかCMとか、親の古いCDとかを耳コピして、自分がピアノで弾いて再現できれば邦楽でも洋楽でもなんでも楽しかった、って感じです。

古谷:音楽を聴き始めたときはX JAPANとかJanne Da Arcとか、ヴィジュアル系のロックを結構聴いてました。そこから専門学校に入って、まったく雰囲気の違うジャズにハマッちゃいました(笑)。

長谷:学生の間はずっと吹奏楽をやっていて、ドラムに初めて触ったのも小学生のときのブラス・バンドだったんですが、その当時アニメのオープニング・テーマになっていたASIAN KUNG-FU GENERATIONを聴いて、"いつか自分もバンドでドラムを叩きたい!"と思い始めましたね。そこからはもう邦楽ロックどハマりで、いろんなバンドのCDを聴きまくってました。

-阿部さんは独特のコブシが効いた歌い方が特徴的ですが、今のようなスタイルが確立されたのはいつごろですか?

阿部:自分が発端でメンバーを集めて組んだバンドとはいえ、もともと自分がヴォーカルになるつもりで組んだわけじゃないので、"え? このバンドのヴォーカルってうちなの?"ってなって在学中に慌てて歌の勉強を始めたんですけど、やっと自分の"こうやって歌いたい"っていうスタイルが定まってきたときに、古谷に"最近歌い方変わったね"と言われて、初めて自分のコブシに気づきました。Beyoncéとか、Jennifer Hudsonのフェイクが好きで、研究して真似して歌ってたつもりが、コブシになっていました(笑)。