Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

Sunrise In My Attache Case、Kazuya(Vo/Gt) presents "Memorable Road Trip Stories"

2018年07月号掲載

Sunrise In My Attache Case、Kazuya(Vo/Gt) presents "Memorable Road Trip Stories"

Sunrise In My Attache Case

Official Site

どうもSunrise In My Attache Case ボーカルのKazuyaです。
ここでは、僕が行ったドライブにぴったりな場所や絶景スポット、そこでインプットして作った曲などを皆さんに紹介できたらと思ってます!よろしくお願いします。

今回は小豆島を紹介していきます。
小豆島は車で一周するのに2時間半から3時間くらいで、ドライブするにはちょうどいいサイズですね(笑)。
これはGt 和希と2人で訪れた時の話です。
僕らは前回のアルバム『Sunrise to Sunset』(出来立てホヤホヤ)を聴きながら車を走らせ、まずは小豆島を一周&観光しました。 SIMACは景色感を大事にしているバンドなので、いつも曲ができると自分たちの曲がどんな場面、どんな景色に合うかの答え合わせ的なことをします。
その時にやっぱりSIMACの楽曲は自然に合うのを実感し、海や山、オリーブ畑の絶景の中、自然の空気をいっぱいに感じ、次の作品のことを考えながらドライブしました。

僕らは朝一に日の出のタイミングに合わせて
「四方指展望台」という場所に向かいました。海岸沿いもすごく良いのですが、山道も小豆島のいい所で、綺麗な樹々に囲まれ、緑の匂いがなんとも言えないくらい気持ち良く、チラチラ見える海にいちいち感動しながら、車を走らせました。
そして、到着して僕らの第一声
「やばっ!スゲー!なんだここは!これぞ、絶景!!」(語彙力のなさにびっくり)
と朝日を全身に浴びながら、
2人テンションMAXで、アコギを片手にそこでひたすらギターを弾きながら歌ってましたね(笑)。
もう傍から見たらアホですね(笑)!
四方指展望台から四国、姫路、淡路島の山並みや、朝日、夕日も見える絶景スポットでございます!
瀬戸内海や海の向こう側から街の灯りも見えてオールマイティ過ぎる場所です!

気が付けば3時間くらい経っていてビックリでした(笑)。
小豆島で見て感じた景色や匂い、あのテンション感を曲にしたくて、作ったのが今回のミニアルバム『Light The Fire』に収録されてる「Tell Me Why」です!

歌詞の内容はまた別なんですが、曲のサウンドやテンション感は聴いてもらえれば伝わるはず(笑)!
いつもこんな感じで曲を作っております。
SIMACの良さがいっぱいに詰まったミニアルバムなので、そこら辺を楽しんでもらえると嬉しいです!
さて、次はどこに行こうかな~!


Sunrise In My Attache Case

Kazuya(Vo/Gt)、和希(Gt)、cubs(Ba)、岡P(Dr)からなる4ピース・バンド。Red Bull主催のバンド・コンテスト"Red Bull Live on the Road 2016"で応募総数300組から頂点に輝き、軽やかで高揚感のあるサーフ・ポップや、スケール感溢れるロック・サウンドでシーンへと飛び出した。2017年11月には現4人体制となる初のアルバム『Sunrise to Sunset』を発表し、渋谷TSUTAYA O-Crestにて行われたツアー・ファイナル公演はソールド・アウトで幕を閉じた。また、2018年7月4日にミニ・アルバム『Light The Fire』をリリースした。