Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

コムアイ(水曜日のカンパネラ)、映画声優初主演&初主題歌務めた船場センタービル開業50周年記念短編アニメ映画"忘れたフリをして"本編と原作漫画を同時公開

2020.06.30 15:50

コムアイ(水曜日のカンパネラ)、映画声優初主演&初主題歌務めた船場センタービル開業50周年記念短編アニメ映画"忘れたフリをして"本編と原作漫画を同時公開

水曜日のカンパネラ

Official Site

コムアイ(水曜日のカンパネラ)が映画声優初主演、初主題歌を務めたアニメーション映画"忘れたフリをして"が本日6月30日に船場センタービル50周年記念特設サイトおよびYouTubeにて公開された。
 
併せてコムアイが歌う録り下ろし楽曲「忘れたフリをして」も映画の主題歌として解禁。また同日より原作の"船場センタービルの漫画"もトーチWEBにて公開となった。
 
映画"忘れたフリをして"は大阪のど真ん中に位置する商業施設"船場センタービル"の開業50周年記念事業として制作された。"船場センタービル"を訪れた主人公が、開業当時の50年前のまま存在するノスタルジックな雰囲気やおおらかさに触れて行く過程で起こる出来事を描いた物語だ。原作は漫画家の町田 洋の初のエッセイ作"船場センタービルの漫画"。監督は"かいぶつが、うまれた日。"の大川原 亮、そして制作にはクリエイティヴ・アソシエーション、CEKAIを迎えた豪華製作陣によって完成した。コムアイが演じる主人公は、うつ病発症から回復し、"船場センタービル"を訪れた原作者の町田 洋自身がモデルで、それ以外にも出てくるサブ・キャストから主題歌まで声にまつわるパートをすべてコムアイひとりで担当している。コムアイのジャンルにとらわれない表現者としてのアプローチが凝縮されたあっという間の12分間に仕上がっている。
 
そして本作のタイトルと同名の主題歌「忘れたフリをして」では"もし漫画の原作者である町田さんが歌ったら"という設定のもと、いつもとひと味違う歌のアプローチをしているコムアイに注目だ。
 

船場センタービル50周年短編アニメーション映画『忘れたフリをして』本編

 

▼映画情報
wasuretafuri_key.jpg
"忘れたフリをして"
原作:"船場センタービルの漫画"町田 洋
声/歌:コムアイ(水曜日のカンパネラ)
監督/アニメーション:大川原 亮
総合演出/音楽:村井 智
主題歌:「忘れたフリをして」
歌:コムアイ(水曜日のカンパネラ)
企画/監修:濱田龍慈
アート・ディレクション/題字:松島遥奈
船場センタービル50周年記念特設サイトにて本編公開中
船場センタービルの漫画"トーチWEBにて公開中

関連アーティスト

水曜日のカンパネラ