Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

SUPER BEAVER、メジャー再契約。ニュー・シングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』6/10リリース決定、ティーザー映像も公開

2020.04.08 21:00

SUPER BEAVER、メジャー再契約。ニュー・シングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』6/10リリース決定、ティーザー映像も公開

SUPER BEAVERが本日4月8日に、突如メジャー・レーベルと再契約を結んだことを表明。前作『予感』以来となる約1年7ヶ月ぶり、待望のニュー・シングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』を6月10日にリリースすることを電撃発表した。
 
合わせて、新ヴィジュアルが解禁、ジャケット写真、そして新曲「ハイライト」のティーザー映像も公開となった。「ハイライト」は4月10日より先行配信されることも決定している。
 

SUPER BEAVER 「ハイライト」 Teaser Movie
 
ニュー・シングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』は両A面シングルとなっており、表題曲「ハイライト」は疾走感あるロック・サウンドに"人生に咲き誇るハイライトとなる瞬間をこれからも作っていこう"という、彼らからの宣言とも言える強い意志が込められた楽曲。もうひとつの表題曲「ひとりで生きていたならば」は、6月12日より公開の中条あやみ主演映画"水上のフライト"の主題歌に決定しており、真っ直ぐな言葉にストリングス・アレンジを加えた壮大なミディアム・バラードに仕上がっている。さらに収録曲の「まわる、まわる」は約10年前のメジャー在籍時最後にリリースしたアルバム収録楽曲のセルフ・カバー。初回生産限定盤には特典としてライヴ音源が5曲収録されている。
 
メジャー・レーベルとの再契約が発表されたのは、4月8日20時よりメンバーの自宅から特別に生配信された番組放送内。当番組は、結成15周年を記念し4月8日に代々木公園野外ステージで開催予定だったフリー・ライヴを、新型コロナウイルスの影響による来場者の健康と安全を第一に考え、やむなく断念したことから発案。現在の状況の1日も早い収束を願い、SUPER BEAVERのプライベートな空間から少しでも元気な姿を届けたいというメンバーの気持ちから企画されたもので、"SUPER BEAVER 15th Anniversary 『都会のラクダSP ~自宅のラクダ~』"と銘打ち、自身のオフィシャルYouTube、Twitterで配信された。
 
しかし配信直前には藤原 "31才" 広明(Dr)が新型コロナウイルスの陽性と判定されたことを発表し、心配の声が寄せられていた。番組には渋谷龍太(Vo)と柳沢亮太(Gt)が出演し、冒頭では今現在の素直な心境を語った。番組放送中に、突如事前収録されたインタビュー映像が流れ、10年以上前にメジャー・デビューした時のこと、そこからインディーズとして活動し、バンドやスタッフをはじめとする仲間と共に歩んできた今日までの歩みを4人が振り返った。そして最後の締めくくりとして4人から"メジャーという場所に対してもう1回戻ろう。"と強い面持ちで語られた。こちらの映像は15周年特設サイトにて観ることができる。
 

結成15周年インタビュー映像
 
併せてSUPER BEAVERのフロントマン 渋谷龍太から、そして異例のレーベルからの意志表明文が発表された。
 

俺たちの15年は、鼻で笑われたこと、出来ないと言われてきたこと、後ろ指差されたことの一つ一つを4人でやってきた年数。そして"4人でやってきたこと" イコール "4人だけでやってきたこと"ではないということを嬉しいくらいに痛感した15年だ。
メジャーは一度落ちたら戻れないって、音楽続けることも難しくなるって、どこに行っても言われた。定説つくってくれてありがとう、気合入ったよ。
バンドドリームなんてどうでもいい。ドラマがやりたいんじゃなく、ドラマにしてきたしこれからもしていくのがスタンス。それがロマンってものでしょう。
メジャーデビュー否、再契約。
まだ手を取ることに躊躇していたなら、手なんか取らなかった。あなたとポップミュージック背負って、次は勝ちに行けると思ったんだよ。
これからもより一層、何卒よろしく。
 
―― SUPER BEAVER フロントマン 渋谷龍太

 

10年前に断腸の思いで離してしまったその手を、もう一度思いっきり伸ばし続けたら握り返してくれました。これから真心と誠意を持って、心を込めて4人の音楽をSUPER BEAVERを必要とする多くの"あなた"へ届けるお手伝いをしていきたいと思います。
 
―― Sony Music Records

 

さらに、番組内では来年の3月31日に代々木公園野外ステージでのフリー・ライヴ開催を宣言。詳細は追って発表されるとのこと。

 

▼リリース情報
SUPER BEAVER
ニュー・シングル
『ハイライト / ひとりで生きていたならば』
2020.06.10 ON SALE
 
superbeaver_shokai_news.jpg
【初回生産限定盤】(2CD)
SRCL 11496-7/¥1,727(税別)
 
superbeaver_tsujo_news.jpg
【通常盤】(CD)
SRCL 11498/¥1,182(税別)
 
[CD]
1. ハイライト
2. ひとりで生きていたならば (映画『水上のフライト』主題歌)
3. まわる、まわる
 
[特典CD] ※初回生産限定盤のみ
1. 東京流星群 (17.04.30 日比谷野外大音楽堂 単独公演)
2. シアワセ (18.04.30 日本武道館 単独公演)
3. 正攻法 (19.12.30 COUNTDOWN JAPAN 19/20 EARTH STAGE)
4. 予感 (20.01.12 国立代々木競技場 第一体育館 単独公演)
5. 秘密 (20.01.12 国立代々木競技場 第一体育館 単独公演)
 
■「ハイライト」先行配信:4月10日(金)~

 
映像作品
『LIVE VIDEO 4 Tokai No Rakuda at 国立代々木競技場第一体育館』
2020.05.27 ON SALE
 
dvd_jkt.jpg
■DVD
NOID-0036/¥3,980(税別)
 
bd_jkt.jpg
■Blu-ray
NOID-0037/¥4,980(税別)
[[NOiD] / murffin discs]
 
■収録内容
2020年1月12日(日)国立代々木競技場第一体育館
SUPER BEAVER [都会のラクダ "ホール&ライブハウス+アリーナ" TOUR 2019-2020 ~スーパー立ちと座りと、ラクダ放題~] ライヴ映像
01. それでも世界が目を覚ますのなら
02. 青い春
03. 閃光
04. ラヴソング
05. irony
06. 正攻法
07. 秘密
08. まわる、まわる
09. your song
10. 人として
11. 歓びの明日に
12. 予感
13. 27
14. 東京流星群
15. 嬉しい涙
16. 全部
17. 美しい日
en1. シアワセ
 
■特典映像
2019年3月から10月にかけて開催された[都会のラクダ "ホール&ライブハウス" TOUR 2019~立ちと座りと、ラクダ放題~]の密着オフショット映像を約40分収録

 

▼ツアー情報
"SUPER BEAVER 15th Anniversary 都会のラクダ TOUR 2020 ~ ラクダの原点、ピーポーパーポー ~"
※全公演SOLD OUT

 
SB_flyer.jpg
"SUPER BEAVER 15th Anniversary 続・都会のラクダ TOUR 2020 ~ ラクダの前進、イッポーニーホー ~"
9月5日(土)高松festhalle
9月6日(日)高松festhalle
9月10日(木)Zepp Fukuoka
9月11日(金)Zepp Fukuoka
9月18日(金)新潟LOTS
9月19日(土)新潟LOTS
9月26日(土)BLUE LIVE広島
9月27日(日)BLUE LIVE広島
10月10日(土)仙台ゼビオアリーナ
10月11日(日)仙台ゼビオアリーナ
11月2日(月)大阪城ホール
12月6日(日)名古屋ガイシホール
12月8日(火)横浜アリーナ
12月9日(水)横浜アリーナ
■チケット・プレオーダー受付:~4月12日(日)23:59
https://eplus.jp/superbeaver/

 

▼映画情報
suijonofright.jpg
"水上のフライト"
6月12日(金)新宿バルト9他全国ロードショー
主演:中条あやみ
キャスト:杉野遥亮 / 高月彩良 / 冨手麻妙 / 大塚寧々 / 小澤征悦
主題歌:SUPER BEAVER「ひとりで生きていたならば」
監督:兼重 淳("キセキ-あの日のソビト-")
脚本:土橋章宏("超高速!参勤交代") / 兼重 淳
Ⓒ2020 映画「水上のフライト」製作委員会

 

■SUPER BEAVER結成15周年記念サイト
http://super-beaver.com/15th/

関連アーティスト

SUPER BEAVER