Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Overseas

VIVA BROTHER|SUMMER SONIC 2011

Skream! マガジン 2011年08月号掲載

2011.08.13 @QVCマリンフィールド&幕張メッセ

Reported by 島根 希実

第一声は“コンニチワ、トウキョー!!!”……うーん、やはり気持ちが良い。“世界一ビックなバンドになる”だとか、話すことのテーマがいちいちデカイこと然り、ふてくされたようなアーティスト写真然り……様々な要素において、どうにもOASISを連想してしまう、つまりは、全てがビックなヨ・カ・ン……な新鋭VIVA BROTHERは、挨拶もストレートで、とっても痛快である。

8月に日本デビューを果たしたばかりの彼ら、オープニングは「High Street Low Lives」。最初の一音でキメにかかるようなギターはブリティッシュ・ロック一色。しかしながら、アッパーでポジティブなメロディと、これまた心底明るいコーラスはブリット・ポップ・ド直球。つまりは気持ちが良いほど“UKロックしてる”。やっぱり、こいつら気持ちが良い!めちゃくちゃキャッチーなメロディと涼しげなコーラスで、スタジアムは解放感満点だ。

挨拶は済ませた。そう、ここからがいよいよ本格開演だ。この新鋭バンド、デカイのは言うことだけじゃなかった。

雄大な風を巻き起こすようなダイナミックなヴォーカルとコーラスを響かせる「Shoot Like Lightning」。続く「Still Here」では、午後の暑さを少しずつ緩和していく。

が、やはり爽やかなままではいさせてくれない、「Fly By Nights」は、冒頭からもう男臭い。ドでかいビートに乗って、一気にライヴは熱を帯び、急速に温度が上がり始めた。それを助長するのは「False Alarm」。下から熱するようなベース、勇ましく嘶く、太く逞しいギターが、日差しの強さを否応なしに思い出させる。

熱く燃えたぎった後は、めいっぱいの風を吹かせるということか。日の光に混じりキラキラと輝いている照明のように、ホースで散水するごとく、スタジアムで“涼”をする「David」。涼んだ後は「Electric Daydream」が更に壮大な風を描き、活き活きとそのメロディが響き渡っていく。まるでスタジアムが呼吸しているようだ。ラストまで、まさに風に乗るように、ライヴは温度を上げていったVIVA BROTHER。デカイこと言うだけあって、かっこよく決めてくれるじゃん!

  • 1