Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Overseas

WHITE LIES

2009.04.23 @原宿アストロホール

Reported by 佐々木健治

アルバム『To Lose My Life』を引っさげ、二度目の来日となったWHITE LIES。会場となった原宿アストロホールは、開演する頃には、ほぼ満員状態。

そんなフロアに煽られるように、「Farewell to the Fairground」でスタート。疾走感と高揚感のある演奏でフロアを引っ張っていく。Hurryの伸びのある、力強いヴォーカルは、アップリフティングな曲、バラードとも、しっかりと響いていたし、ライヴを楽しんでいる様子が伺える。そして、畳み掛けるように、「To Lose My Life」。 時折、ベースのCharlesが手拍子を煽りながら、フロアとのコミュニケーションをとっていたのが印象的。翌日のインタビューでも聞いてみたが、かなり楽しんでいた様子だった。 「From The Stars」「A Place To Hide」、そして、彼らのテーマソングとも言える「Unfinished Business」という流れで、最初のピーク。深遠なオルガンシンセのイントロから、徐々に高揚感へと繋がっていくこの曲独特の世界観がしっかりと表現されていた。 ただ、バラードでは、もたっとしたドラムが少し気になったし、今の段階では、疾走感のあるアップリフティングな曲の方が、ライヴ映えするのも事実。これから、バラードの世界観がライヴでも磨かれて、光と陰の両面がくっきりと浮かび上がるようになれば、さらに奥深いライヴが観れるはずだ。 それでも、この日のライヴが充実していたことに変わりはなく、フロアもバンドも楽しんでいる雰囲気がフロアに満ちてきたライヴ終盤「Nothing To Give」「Death」では、自発的に手拍子が起こるほどの一体感が生まれていた。

終演後もしばらく拍手が鳴り止まないフロアが、短い時間ながら、濃密なライヴだったことを示していた。二年連続のフジロック出演も決まり、苗場でどんなステージを披露してくれるのか、楽しみだ。 

  • 1