Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

バウンダリー

2019年08月号掲載

バウンダリー

バウンダリー

Official Site

メンバー:中道 ゆき(Vo/Gt) アオキ(Ba/Cho) さくら(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

チョーキングしたギターが唸る本格的なロック・サウンドで、数多くいる女性トリオに差をつける大阪のバンド、バウンダリーが全国デビューから1年半、待望の2ndミニ・アルバム『future』をリリース。その当時の自分たちのすべてを注ぎ込んだ1stミニ・アルバム『now』から彼女たちが成長を遂げたことは、何よりもまずタイトルから窺えるが、今回彼女たちが未来に向かうことを歌ったのは、この1年半の活動を通してバンドはまだまだ進んでいけると確信できたからだ。彼女たちが成長に伴う変化を恐れていないことは、新たな挑戦も含む全7曲からも明らかだ。前回同様、大阪にいるメンバー3人にメールで質問を送り、答えてもらった。

-前作『now』のリリースから1年半経ちましたが、『now』をリリースしたことによってバウンダリーの活動や、みなさんの心境に何か変化はありましたか?

中道:初めての全国流通盤だったのですが、CDショップでバウンダリーに出会ってくれるということが嬉しかったです。今までライヴとかYouTubeで知ってもらうのがほとんどやったけど、TOWER RECORDSでゴリラのジャケットに惹かれて試聴して、買っちゃった! っていうツイートを見つけたりして、めっちゃ嬉しかったですね。ライヴをしに行きたい場所が増えました。

さくら:3人でひとつのバンドであるという当たり前だけど、すごく大切なことの自覚がそれぞれ高まったと思います。

アオキ:初めてたくさんの人に手に取ってもらえる機会だったので、リリースしてからどういうふうにバンドとして進んでいくのか、聴いてくれた人がどのように捉えてくれるのかを以前にも増して気にするようになりました。

-そのなかで、自分たちが作っている音楽に以前よりも自信が持てるようになったとか、逆に、ここは改善したほうがいいと思ったとか、そういうこともあったのでしょうか?

中道:自分たちの音楽を聴いて"元気になれる"と言ってくれるのが嬉しくて。"みんな元気になれ~"ではなくて、"私はこんなことで悩んだり、こんなことで落ち込んだりするけど、こうなりたいなぁ"みたいな独り言のような歌詞だらけなんです。なので共感したと言ってくれると、"あぁ、作って良かったな"と感じますね。Aメロの出だしの歌詞でよく落ち込んでるので、そこは改善しようと思ってます(笑)。

さくら:いつも何かを作ったときは、"次もまたこれを超える作品を作ろう"という気持ちです。

アオキ:共感を示してくれたり、ライヴ中にステージからお客さんを見たときに歌詞を口ずさんでくれているのを見たりすると、めちゃくちゃ嬉しくて。ライヴでのお客さんの反応がいつも自分の自信に繋がっていると思います。改善したいのは、いつも新曲ができたとき、欲をかいて1曲中に1回は必ずベースのフレーズで目立とうとしてしまうので、曲の情緒を大切に考えるようにすることです(笑)。

-『now』のリリースからこれまでの1年半の活動を振り返って、ハイライトと言える出来事を挙げるとしたら?

中道:無料CD「神様」(2018年12月リリース)を配るツアー("「神様」フォーユーツアー")をしました! Twitterで、"ライヴをしに来てほしい"と呼んでくれた場所に行くとかして。大阪以外は7ヶ所。CDを持ってライヴをしに行く楽しさと嬉しさを改めて感じたツアーでした。

さくら:「神様」の無料配布ツアーももちろんそうですが、もうひとつ、ゆきちゃんの憧れのラックライフが毎年なんばHatchで開催してる"GOOD LUCK"に出たことです。ゆきちゃんにとっても、バウンダリーにとってもすごく特別な1日でした。

アオキ:無料CDを配る"「神様」フォーユーツアー"です。初めて広島、愛媛でもライヴをして、CDでしかバウンダリーを聴いたことがないお客さんだけを前にするライヴは、とても刺激になりました。思っていた以上にたくさんの方にCDを直接渡すことができて、誰かに渡したその1枚のCDからどれだけバウンダリーを知っていただけたのか、これからバウンダリーとどのように繋がってくれるのか、ずっと楽しみにしています。

-そして、7月3日に2ndミニ・アルバム『future』をリリースしたわけですが、いろいろなライヴハウスのバックステージ・パスをモチーフにしたジャケットが、まず目を引きますね。"自分たちはライヴハウスを拠点にしているライヴ・バンドなんだ"という矜持の表れなのかなと思ったのですが、今回のジャケットのアイディアは、どんなところからの発想だったんでしょうか?

中道:ふうちゃん(アオキ)がまず、アー写で今までのパスを使いたいという案を出してきて。前回のアー写で、大きい板にペタペタ貼って、それを背景に撮ったんです。パスを並べてみると、今の私はこれまでこれだけのライヴを経験して、一日一日楽しかったり悔しかったり嬉しかったりもどかしかったりしたことが......ブワッと蘇りました。確実に積み重ねてきたものを目で見て再確認したような。それをしっかり忘れずに身につけて進みたいなという意味を込めて、ジャケットにしました。

さくら:バウンダリーの今までの写真は色が少なくて人物が遠い感じだったので、すごくイメージが変わったと思います。

アオキ:私はバウンダリーに加入してから出演してきたライヴのステージ・パスをほとんど全部集めていて、そのライヴのフライヤーやったり、出演時間やチケット代などと一緒にノートに貼りつけていました(笑)。最初はバウンダリーのサポートやったので、記念という気持ちで残してたんですけど、いつのまにか正式加入したあともずっと続けていたんです。今回、『future』をリリースするにあたって、『now』をリリースしたあのときより成長したいという気持ちで、初めは記念に取っていたパスを全部剥がしてアー写に使うことで、"いったんリセットして新しいスタートを切る!"という意気込みで提案しました。

-最新のアー写でも、3人の着ているTシャツにジャケットのもとになったと思しきパスが貼られていますが、これまで出演してきたライヴのパスは全部取ってあるんでしょうか? 中には大事な思い出と言えるパスもあったりしますか?

中道:バンドを始めたばかりの高校生の頃は、大切に取っておいてました。最近は捨てちゃうことの方が多いけど......。私は、2016年3月23日の大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINEのパスが一番思い入れ深いです。高校卒業のタイミングで、今の3人になって初めて企画したライヴだったんです。ちなみにこの日、私の一番の憧れ、ラックライフのPON(Vo/Gt)さんがゲストで出演してくれて、終演後に"PON(ラックライフ)"って書かれたパスを、"はい"ってズボンから剥がして私にくれたんです! なのでこの日の2枚のパスが宝物ですね。PONさんのパスだけいい感じにぴったりサイズな透明の袋に入れて保管してたので、ホコリひとつ被らず、とてもきれいな状態でした(笑)。

さくら:ステージ・パスは、ずっと前のものから取ってありました。ですが、私は忘れっぽいのと保管の仕方が悪いので、どれがあのときの、とかいう見分けができません(笑)。

アオキ:ほとんど全部取ってあります!! 私だけかと思ってたんですけど、パス貼りアー写を撮ろうってなってみんなのパスを持ち寄ったときに、私以外のふたりも相当な量を保管していてちょっと嬉しかったです。一番大事なパス......いっぱいあるけど、やっぱりバウンダリーで初めてベースを弾いた2015年の福島LIVE SQUARE 2nd LINEでのパスですね。

-バウンダリーにとってライヴ、そしてライヴハウスとは?

中道:なんにでもなれる、無限に広がる大宇宙!

さくら:唯一自分のカッコイイを表せる場所です!

アオキ:普段は誰にも自分でも想像できひんような自分を召喚できる場所です!