Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

脳内リフレイン

2019年04月号掲載

脳内リフレイン

脳内リフレイン

Official Site

メンバー:藤川 信吾(Vo/Gt) 三好 将誉(Gt) 藤原 聖樹(Ba) 輪田 拓馬(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

-1曲目から「一直線」って、今のご時世にこの熱さ、このまっすぐさが、周り回ってカッコいいなっていうか。

一同:(笑)

藤川:一歩間違えればね(笑)。

-言い切るのも勇気がいったんじゃないですか?

藤川:そうでしたね。

藤原:最初は違うタイトルだったんですけど、曲をみんなで作っているうちに"一直線"っていうワードが頭に残ったので、そうしようかって。

-あとは「君はまだ強くなれる」も、自分たちにもハッパをかけるように熱いですよね。

輪田:客観的にも、普段の自分に言っているようにも、外に向けて言っているようにも聴こえます。

-もっとまろやかな表現にする風潮の方が強いと思うんですけど、こういう方向性になるのはどうしてなんでしょうね。

藤川:僕自身がまろやかな言葉を使うのが苦手なんです。普段は優しい人間やと思うんですけど(笑)。

三好:まぁまぁまぁまぁ(笑)。

藤川:あんま、人にワー! とは言わないんですよ。でも、音楽を通して伝えたいのはこういうことなんですよね。それは今回のアルバムでもわかりました。

-歌ってる顔と今の顔、全然違いますよね。

藤川:それ、めちゃくちゃ言われるんですよ(笑)。歌詞にも影響されるんですけど、伝えたいっていう想いになってくると、顔が変わっていくんでしょうね。迷っている人、苦しんでいる人にしっかり届けていきたいので。歌詞が若いと思うし、同世代には届くんじゃないかと思っています。僕は18歳から社会人を経験していて、このバンドでツアーを回ったときに仕事を辞めたんです。だから社会のしんどさを、ペーペーですけど多少はわかっているので、そういう人たちにも伝わるように歌ったり、歌詞を書いたりしていますね。

-そういう歌詞が印象的な楽曲もありつつ、ライヴ映えしそうな「You're my HERO」もあり。これ、メロコアが好きなキッズにも響くと思いますけど、輪田さんが入る前からあったんですよね?

藤原:そうですね。"2ビートもやっていきたいよね"ってことでやっていたんですけど、そのあとに輪田が入って、そっちの方向性がさらに開けたっていう。

-輪田さんも、この楽曲に惹かれたところがあるんじゃないですか?

輪田:それはありますね。好きな感じが出てたんで。でも、いろんなメロコアを聴きますけど、キャッチーを前提として2ビートをしてるのがカッコ良くて、自分もやりたいな、さらにこの曲をよくできるんじゃないかなって思ったんですよね。

-そして、触れておきたいのは「匿名希望」。今作の中では歌詞も攻撃的で、曲調も怪しくて、フックになっていると思いますが、生まれたきっかけはどこだったんですか?

藤原:"こういう曲を作りたいよね"ってセッションをしていくなかでできた曲です。ちょっとダークっぽい感じで。そこに藤川が歌詞を乗せました。

-いろんな楽曲をやっているけれど、こういう楽曲はなかったよね、みたいな?

藤原:あ、そうですそうです。チャレンジですね。

-歌詞はスムーズにかけたんですか?

藤川:一番悩みました。呆れている感じ、拗ねている感じというか。SNSについて書いたんですけど、自分を隠しながら批判する人って、今多いじゃないですか。いつも使わない言葉も並べて、尚且つ自分自身の若い部分を意識しながら作っていきました。

-曲調に引っ張られて、毒の部分が出てきた?

藤川:そうですね。怪しいな、いつもと違うなとは感じていたので、そこにつられて歌詞が出てきたと思います。

-まっすぐ背中を押す一方で、こういう毒も持っているんだよっていう、バンドの正直さが表れていていいなと思います。あとは「DIVER」。メンバー個々の色が特に出ている楽曲だと思いますけど、これも以前からあったんですよね?

藤川:これは僕がサビのメロディを口ずさんでいて、それを聴いた藤原が"ええやん!"って言ってくれたんです。

藤原:"フェス向きな楽曲を作りたいよね"って言っていたら、藤川が作ってきてくれて、"これはいい!"って。そこからセッションで詰めていった感じですね。

藤川:この楽曲は、個々のテクニカルな部分を出していて。

藤原:勝手にテクニカルになっていったっていうか(笑)。作っていくうちに、これやって、あれやってって難しくなっていった。

三好:メロディは"Goodbye"しか言っていないっていう。

藤川:おい、もっと意味あること言ってるわ(笑)。

-(笑)でも、こうして口ずさめるからこそ、テクニカルに走っても、最終的にはキャッチーに聴こえるんでしょうね。

藤原:サビのキャッチーは死守しています(笑)。あとは、やりすぎん程度に好きにやっています。

-ラストの「Crazy Lazy」も、ライヴのお客さんに向けて歌っているような楽曲ですね。

藤川:はい。お客さんと一体になって楽しみたいと思って作り出しました。

-脳内リフレインのライヴはどんな感じなんですか?

輪田:エモーショナルですね。歌詞の熱さを楽器が際立たせているイメージ。そこが"がむしゃら"っていうところに繋がっていると思います。

-歌詞をじっくり聴きたい人にも、ライヴではっちゃけたい人にも、どちらにも響くバンドだと思うんですけど、みなさん自身としてはどうですか?

藤原:どっちにも強くなりたいですね。偏りたくはない。

三好:ジャンルレスで。

藤川:そのときに出てくるものを、いい形で出したいです。

-ジャンルレスっていうのは、対バンなんかでも意識していますか?

藤原:いろんなバンドと対バンすると勉強になるというか。こういう楽曲をやっていきたいね、っていうふうに思ったりするので。

藤川:だから、対バンも偏っていないですね。

三好:時にメロコア系、時に歌モノ系と一緒にやったり。

藤原:今後も、もっといろんなジャンルのバンドとやっていきたいと思っています。

-4月15日から全国ツアー"1st Mini Album「NEVER SAY NEVER」Release Tour【KEEP GOING】"がありますが、最後に意気込みをひとつ!

藤原:進化したいなぁ!

藤川:最後にワンマン(6月29日に大阪アメリカ村 BEYONDにて開催)があるんですけど、そこで成長した自分たちをお客さんにぶつけられればと思います。

藤原:最近、よりがむしゃらなライヴになってきたので、その型がしっかり固まっていけばいいですね。

輪田:このアー写のまんま、熱いライヴができれば!

藤原:あとは、地元の大阪を盛り上げたいです。

三好:僕らが引っ張っていけるようになれればいいですね。