Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

OKOJO

2019年03月号掲載

OKOJO

メンバー:まつした(Vo/Ba) でんでん(Gt/Cho) ヤマト(Dr/Cho)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

2018年結成、大阪発の3ピース・バンド、OKOJO。このたび、彼らが初の全国流通盤『能あるオコジョは牙を隠さない』をリリースするということで、Skream!ではバンド初となるインタビューを敢行した。このバンドの持ち味は、キャッチーで口ずさみたくなる歌詞とメロディ、素朴で温かみのあるサウンドなど。そして今の彼らを駆り立てるのは、老若男女に愛されるバンドになりたいという野望と、長く続けられるようなバンドでありたいという願望であるようだ。なんとなくはぐらかされながらではあるが、その企図を探ってみた。

-ホームぺージに書いてあった"オコジョはオコジョでも、ラブソングを歌うオコジョはOKOJOです"というフレーズが気になったのですが。ラヴ・ソングを歌うことにこだわりを持ってるのでしょうか。

まつした:歌詞を書いてるのは僕なんですけど、昔から、できた曲は何かしらに対するラヴ・ソングだったんですね。というか言ってしまえば、ラヴ・ソングじゃない曲は世の中にないと思ってて。......ラヴ・ソングじゃない曲ってある?

ヤマト:頑張れソング?

まつした:でも頑張れって思う気持ちも愛やんか。俺の場合、恋愛だけじゃなくて、誰かに対して想いを伝える曲であればラヴ・ソングじゃないかなって思ってて。

-自分が曲を作れば、それはラヴ・ソングになりえるのだと。

まつした:そうですね。僕の作る曲や歌詞はそっちに分類されていくものだと思います。だから意識してこう書こうとは思ってないですし、別にそこにこだわってるわけではないですね。

-わかりました。今回のミニ・アルバムがOKOJOにとって初の全国流通盤となるわけですが、改めて、どのような作品になったと感じていますか?

ヤマト:結成当初"老若男女に愛されるバンドになりたい"っていう話をメンバー同士でしたんですけど、このCDもそういう作品なんじゃないかなと思いますね。バンドが好きじゃない人にも好きになってもらえるような――

まつした:いや、それは......。

ヤマト:そう? 特定の層にはならんと思うよ、俺は。

まつした:いや、まだ特定の層を狙っていきたい。

ヤマト:でも俺はすごくいい曲やと思うよ。

まつした:俺としてはまだバンド好きな人に聴いてほしい。

-まつしたさんはどうしてそう思うんですか?

まつした:ここからバンドの規模が大きくなっていったら、アレンジとか演奏面で、僕らの想像できないような音を入れることができる状況になっていくと思うんですよ。だからこそ今回のレコーディングは全部僕ら3人だけでやったというか。そういう音源がなかったら、おもんないじゃないですか。

-というと?

まつした:例えばBUMP OF CHICKENは、今は成長して演奏技術の高い曲をリリースされてますけど、二十歳ぐらいのときに出した音源を聴いたら、僕らでもわかるくらいに拙い部分があって。でもそれがいいんですよ。そういう今の自分らの全力を詰め込んだものを作りたいなって思って。

-おそらく、まつしたさんの言う"バンドが好きな人に聴いてもらいたい"というのは主にサウンド面の話で、ヤマトさんの言う"バンドが好きじゃない人にも届くだろう"というのはメロのポテンシャルの話ですよね。

ヤマト:そうですね。

まつした:それで言うと......「君はアウトドア派」はブラックビスケッツの「Timing ~タイミング~」みたいな、攻めてるのに、おじいちゃん、おばあちゃんでも聴ける曲が作りたくて書いたんですよね。だから、将来、老若男女に受け入れられるようになった僕らがこの曲をやるとしたら、たぶんすごくアレンジをしてると思う。でも今はバンドだけで鳴らせる音っていうイメージで作りました。

-あとからファンになった人に対して、ディスコグラフィを遡ったときの面白さを提供したいという意識があるんですかね? Aという曲だけが売れることにはそれほど興味はなくて、B、C、Dと深堀りしたくなるような愛され方をされたいというか。

まつした:たぶん、Aを好きになったらそれで終わりっていう人も大勢いると思うんです。でもその中の何パーセントかの人が深掘りをしてくれたのならば、根強くずっとバンドを続けられるのではないかなと。そういう深掘りできるようなところがないようなバンドって、薄っぺらいというか、すぐに消えていくイメージがあって。自分らはそこに対して自信を持ってやっていけたらと思いますね。

-6曲ありますけど、演奏していて特に大変だった曲はどれですか?

ヤマト:僕は「寝ても覚めても」ですね。

-作詞がまつしたさん、作曲がでんでんさんの曲です。

ヤマト:これは今までのOKOJOにはなかった曲調やからなぁ。

まつした:今までも何もないけどな。まだ1年やから。

ヤマト:でもこれまでの曲に関しては"OKOJOパターン"みたいなのが俺の中であって。「寝ても覚めても」はそれをすべて無視したような感じだったから。

まつした:ちょっとシーケンス的な感じね。

ヤマト:そう。そこは個人練でスタジオこもって探ったりしたかな。

でんでん:僕がまつした君みたいな曲を狙って書いてもしょうがないなぁと思ったので、この曲に関しては、自分が作る意味みたいなものを考えながら作ったんです。だから新しかったのかもしれない。

ヤマト:それでか! 曲作った人が違うんやもん。それはちゃうわ!

でんでん:いやいや、それはわかっといてよ!

ヤマト:(笑)でもいいスキルアップになったと思います。