Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Dreamcatcher

2019年04月号掲載

Dreamcatcher

メンバー:ジユ ユヒョン シヨン スア ガヒョン ダミ ハンドン

インタビュアー:高橋 美穂

7人組K-POPガールズ・グループ Dreamcatcher。2017年1月に韓国でデビューし、日本では昨年11月に1stシングル『What-Japanese ver.-』をリリースした。気になるのは、そのコンセプトが"悪夢"というところ。そして、音楽性がヘヴィなロック・サウンドが中心であるというところだ。この独自のポジションは、どのように生まれたのだろうか。日本における2ndシングル『PIRI~笛を吹け~-Japanese ver.-』がリリースされたことを機に、本誌に初登場してもらい、全員にたっぷりと話を訊いた。

-まず、結成以来掲げられている"悪夢"というコンセプトは、どのようにして生まれたものなのでしょうか?

ジユ:会社(所属事務所)の企画として生まれて一緒に相談して形になっていきました。

ガヒョン:他のグループとはひと味違った色を出したかったんですよね。

-それぞれ"担当悪夢"っていうのがありますよね。どのように思っていらっしゃいますか?

ガヒョン:私は"高いところから落ちる夢"の担当なんですけど、高いところから落ちる夢って、韓国では身長が伸びるという意味があるんです。なので初めて聞いたときに、私はメンバーの中では背が小さい方だから、大きくなれということでこの担当になったんだと思いました。

-なるほど。他に私が気になった担当悪夢はユヒョンさんの"見知らぬ場所を彷徨う夢"なんですが、ご自身ではどう思われました?

ユヒョン:これ、場所として見知らぬ場所を彷徨うのではなくって、今自分が置かれている状況が、まったく見知らぬ状況だっていうふうな捉え方もできると思うんです。だから、自分としてはとても神秘的に映りました。

-それぞれ、"これがあなたの担当悪夢です"と指示されたものなんですか?

一同:はい。

-それを、今おふたりに代表してお話ししていただいたようにそれぞれ自分で解釈しているっていうことですね。そして、もうひとつのDreamcatcherの特徴としては、ヘヴィな曲調です。そこに関してはどう思われていますか?

シヨン:私は、Dreamcatcherが始動する前からずっとロックが好きだったんです。なので、人一倍情熱を持ってこの曲調に臨んでいます。

-シヨンさんは、どんなバンドが好きなんですか?

シヨン:ONE OK ROCK......(※日本語で)が好きです。

-へぇ! 日本のバンドが出てくると嬉しいですね。他に、好きな日本のアーティストがいる方はいらっしゃいますか?

一同:(※口々に)BABYMETAL!

-ほぉー! みなさん結構ロックが好きなんですか?

シヨン:いや、ジャンル問わず好きですね。

ガヒョン:ライヴで、それぞれが好きなカバー曲を歌ったりするんです。

ジユ:私は中島美嘉さんの「桜色舞うころ」とか。

-あと気になるところが、みなさんダンスをするじゃないですか。このヘヴィなロック・サウンドの中で踊ることについて、考えていることはありますか?

スア:BABYMETALのステージを観たときに、私たちは"すごいなぁ"、"不思議だなぁ"と思ったんです。バンドと、ダンスをする人たちが、ひとつのステージに上がっていて。でも、私たちは7人で踊るので、その強さを見せつけるには彼女たちのようにロックがぴったりだと思ったんです。私たちのファイト溢れるステージをみなさんにお届けできているんじゃないですかね。

-踊って歌う韓国のグループの中には"明るい"、"キュート"などといったイメージのグループは多いですが、みなさんのように"ヘヴィ"、"ダーク"といったグループはなかなかいません。そういったご自分たちの個性についてどのように考えていますか?

スア:そういうところもすごくいいと思うんですけど、私たちはダークでシックなだけではないんですよね。明るめの曲もありますし、かわいい姿も披露しますし、いろんな側面があるんですよ。

-うんうん。ご本人たちを目の前にすると本当にそう思います。ファンの方々にも自分たちのいろんな側面を見てほしいということでしょうか?

ダミ:(※日本語で)頑張ります!

-Dreamcatcherの世界は深いんですね。

ジユ:自分でも深みにハマっています(笑)。

-MVも拝見していて、豊かな表情から伝わってくるものもあると思いました。どのようなことを心掛けていらっしゃいますか?

ジユ:メンバーそれぞれ、曲に対する理解力がずば抜けているんですね。なので、曲の世界に没頭できるんだと思います。シナリオもしっかり読んで、世界観を自分の中でわきまえているので、それが表情やジェスチャーに出るんじゃないですかね。

-楽曲の主人公になりきるとか、そういったことは考えますか?

ジユ:Dreamcatcherにはふたつの自我があると思っているんですね。私なら、オリジナルの自我と、Dreamcatcherの私としての自我があります。

-そういった深さがある一方で、「PIRI~笛を吹け~-Japanese ver.-」は、"ピリルブロラ"、"Pil-lil-lil"など、国境を越えられる暗号のような歌詞が入っていて、キャッチーな仕上がりになっています。みんなに口ずさんでほしい、踊ってほしいという願いはありますか?

シヨン:そうですね。私たちが自分たちで曲紹介をするときも"この曲はとっても中毒性があるんです"と言っていますし......(※日本語で)振付もしやすいです!

スア:この全世界の人たちが、笛の音っていったら"Pil-lil-lil"っていうくらいに認識してくれたらいいな。