Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

DREAMCATCHER

Skream! マガジン 2019年10月号掲載

2019.09.12 @マイナビBLITZ赤坂

Reported by 荒金 良介

2017年1月に"悪夢コンセプト"を掲げてデビューした7人組ガールズ・グループ、DREAMCATCHER。彼女たちは、メタル/ロック・サウンドとパワフルなパフォーマンスを武器に、二度のワールド・ツアーを行い、10月24日からはヨーロッパ・ツアーも決定。今や破竹の勢いで音楽シーンに存在感を知らしめている。そんなDREAMCATCHERが、9月11日に悪夢ストーリーの最終章となる日本1stアルバム『The Beginning Of The End』を発表。その発売を記念した"ショーケース・ライヴ"が、マイナビBLITZ赤坂で開催された。

開演前BGMにBABYMETALの「Elevator Girl」が流れたあと、場内は暗転。ステージ背面のスクリーンにメンバー紹介映像が映され、それからジユ、ユヒョン、シヨン、スア、ガヒョン、ダミ、ハンドンのメンバー7人が登場した。「YOU AND I-Japanese ver.-(以下:J ver.)」で幕を開けると、ヘヴィな音色をバックに彼女たちは、目まぐるしくヴォーカルをスイッチさせ、透明感溢れる歌声を存分に発揮。アップテンポな「What(J ver.)」に入ると、ダイナミックな音像に拍車がかかり、途中で一列になって時間差でグルグル回るダンスも織り込み、ショー・アップに長けたパフォーマンスで耳目を奪う。2曲終えたあと、ステージに女性司会者が現れ、今日のライヴの模様はLINE LIVEで生配信されており、すでに視聴者が9万人突破している(終盤には20万人を突破!)と報告。それから、メンバー7人とトークを繰り広げ、次に披露するアルバムのリード・トラック「Breaking Out」にちなんで、メンバーがブレイク・アウトしたいことを尋ねると、"愛するみなさんになかなか会えないこと"(スア)、"悪夢"(ハンドン)、"心配"(シヨン)、"暑さ"(ジユ)、"束縛"(ユヒョン)、"疲労"(ガヒョン)、"風邪気味"(ダミ)と7人7様の答えが返り、またメルボルンのコンサートが会場の火災発生により急遽キャンセルになった話を交え、観客も興味深く耳を傾けていた。

そして、「Breaking Out」のパフォーマンスに入ると、ラップ調のスタイルを取り入れ、エッジ漲る起伏激しい曲調で攻める。「また一人になった(J ver.)」においては、メンバー個々のソロ・パートをわかりやすく前に押し出した曲調が新鮮に映った。しかも、あえてこの曲ではダンスを封印し、時折フロア側にマイクを向ける仕草もあり、観客も参加する形で一体感をグッと高めていく。

ここでメンバー7人だけのMCタイムを挟み、目の前でタオルにサインを書いて抽選会を行うなど、ファン・サービスも忘れない。次の「Wonderland(J ver.)」ではクールな曲調も相まって、メンバーふたりが椅子に腰かける斬新なダンス・フォーメーションで楽曲の魅力を伝えてくる。彼女たちの繊細な歌声と大人っぽくもセクシーな音色が、うまくマッチし、ショーの流れにいいフックをもたらしていた。

後半の「Chase Me(J ver.)」で歓声が一段と大きくなると、本編ラストは、「PIRI~笛を吹け~(J ver.)」で締めくくった。イントロからオイ! オイ! と場内から声が上がり、大フィーバーを記録する。鳴り止まないアンコールに再び彼女たちが登場すると、事前に配られた、韓国語で"私たちを信じて、もっと高いところまで飛んでいって DREAMCATCHER!"と書かれたスローガン(メッセージ・ボード)を掲げる観客たち。その光景に感動していると、最終曲「I Miss You」を解き放ち、この日最大の一体感を作り上げて終了。メンバーが去ったあとスクリーンにはシアトリカルな映像が流れ、細部にこだわった演出も効果的であった。今後もDREAMCATCHERから目が離せない。そう思わせる激しくも華やかなパフォーマンスに魅了されっぱなしだった。

  • 1