Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

FIDLAR

2015年10月号掲載

FIDLAR

メンバー:Zac Carper(Gt/Vo)

"Fuck It Dog, Life's A Risk(しょーがねぇー、人生は賭けだ)"の頭文字をバンド名にした、LA出身の4人組ガレージ・パンク・バンド、FIDLAR。破天荒なライヴ、スケートボードやパーティーを心底楽しむライフ・スタイルをそのまま歌にした楽曲で高い評価を得た前作『Fidlar』から2年。プロデューサーにCAGE THE ELEPHANTなどを手掛けるJay Joyceを起用し、音楽性にさらなる磨きをかけた2ndアルバム『Too』についてフロントマンのZac Carper(Gt/Vo)に訊いた。

-こんにちは。お元気ですか? Zacは以前日本に住んでいたんですよね?

元気だよ。俺が住んでたのは静岡。

-どれくらい住んでたんですか?

子供のころ、毎年夏に行ってたんだ。そのもっと前に1年くらい住んでたんだけど、俺はハワイの出身だから、そのあとは日本とハワイを往復してた。

-そうなんですね。日本語は?

スコシデス(笑)!

-(笑)じゃあ、今日は日本語でインタビューしましょうか(笑)?

それはやめといたほうがいいかも(笑)。

-あなたたちは最高の1stアルバム(2013年リリースの『Fidlar』)をリリースし、世界的に成功を収めましたがどのような経緯で2ndアルバム『Too』の制作に取り掛かろうと思いましたか?

今回のプロセスは、前回とは違ったんだ。曲のほとんどを、スタジオではなくて俺の頭の中でまず書いた。メロディ、歌詞、音のアイディアを頭の中に溜めて、それをひとつの曲にまとめていったんだ。そのあとスタジオに行ってデモをレコーディングして、それをバンドに聴かせて、そこに彼らのフレーバーを加えていった。そういう自然の流れで制作に取り掛かったんだ。

-期間はどれくらいかかりました?

8ヶ月くらいかな。取り掛かる前に、少し休憩も必要だったんだ。前のツアーやパーティーをしすぎたせいで、身体がボロボロになちゃって......だから休みをとって体調を整えてから制作を初めて、そこから完成まで8ヶ月くらいかかったね。

-ツアー中も曲は書いていたのですか?

そうだね。俺の場合、曲作りをストップすることってあまりないから。曲を書くことで、何て説明したらいいかわからないけど、脳が動いて先に進めるようになる。気分をすっきりさせるためには、曲作りが1番なんだ。だから曲作りには長い時間がかかるときもあるし、今もすでに次ぎのレコードの曲作りは俺の中で始まっているんだよ。

-本格的に制作に取り掛かったのは?

去年の夏かな。

-それは、何かきっかけがあったのですか?

タイミングだね。自然の流れだよ。

-パーティーにも飽きてきたころでした(笑)?

はは(笑)。実は、もうパーティーはしてないんだ。飲んでないし、ドラッグもやめた。今回のレコードの内容は、実はそれについてだったりする。酒とドラッグなしの人生に関して歌ってるんだけど、俺はリハビリにも通ったし、もう1年半以上も飲んでない。レコードのほとんどは、素面の自分についてなんだ。

-素面の状態で書いたんですよね?

そう。歌詞は、すべて真実に基づいているからね。

-お酒とドラッグを断つのは大変ですか?

常に誘惑はある。でも、その誘惑を避けるよう神経の多くを使って努力しているんだ。10代のころからずっとパーティーしてきたから、変な感じだよ。今俺は28歳なんだけど、26、27歳になって初めてそれをストップしたわけで1度やめるとすべてが変わった。自分の人生に関していろいろと気づくことも増えたね。