Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

PALMA VIOLETS

2013年03月号掲載

PALMA VIOLETS

メンバー:Sam Fryer (Vo/Gt) Pete Mayhew (Key)

インタビュアー:伊藤 啓太

“ギター・バンド不遇の時代”そう言われて久しい昨今に、突然現れた救世主――あまりにコテコテな書き出しにはなってしまったが、現状のシーンを鑑みると彼らへの期待が大きくなるのは仕方がないことだろう。ロンドン出身、あのTHE SMITHやTHE LIBERTINESを発掘したRough Tradeレーベルの創始者Geoff Travisが1曲聴いただけで即契約を決断したというエピソードまでついている。今UKロック・シーン、そして全世界のギター・バンド・キッズから最も熱く注目されている彼らに話を訊いた。

-リリースおめでとうございます!まずアルバムが完成しての率直な感想を教えていただけますか?

Sam(以下S)今はリリースされるのを待っている状態だからリアクションとかもまだわからないし、うーん……うまく言えないけど、アルバムをリリースするっていうのはどんなバンドでも大きなことだからね。

Pete(以下P):レコーディングが終わったときは少しナーバスというか……もっとああすれば良かったとか、こうすればよかったって気持ちは正直あったんだけど自分たちで何度も聴いているうちに徐々に自信が出てきたし、誇りに思える作品が作れたと思うよ。

S:そうだね、早くみんなに聴いてもらいたいね。

-以前インタビューであまりレコーディングは好きではない、ロックっていうのはライヴを見せてナンボだっていう発言もありましたが、今回のレコーディングはどうでした?

S:そうだっけ(笑)?まぁ、僕たちもレコードやCDを集めたりしているし、ダウンロードして音楽を聴いたりするのも好きなだからね、レコーディングが重要なことだってのは十分わかっているんだけどさ、スタジオでの作業が得意じゃないんだよね(笑)。

P:そう、“得意”じゃないだけなんだ(笑)。だからレコーディングを軽視しているわけではないんだよね。

-なるほど、今作はPULPのベーシストのSteve Mackeyがレコーディングに参加しましたが、彼が参加することによってどんなケミストリーが生まれましたか?

S:彼は凄くエキサイティングな人なんだ。僕たちの音楽にも凄くエキサイトしてくれてくれたよ。最初はスタジオで、どんな人なのかなぁと思って行ったんだけど、僕たちを凄くリラックスさせてくれたんだよね。本当にオープンな人でコソコソ色んなことやったりしないし、逆にこっそりアドバイスしてくれたり、僕らのやりたいことを尊重してくれたんだ。

-元々PULPは好きだったんですか?

S&P:もちろん!

S:ライヴとかも行ってたし、ほんとうにリスペクトしているバンドの1つだよ。

-今作をリリースするにあたり、日本でも非常に人気のあるレーベルであるRough Tradeから声をかけられたときにどう思いましたか?

S:シュールな気持ちというか……Rough Tradeから人が来て自分たちの音楽を聴いて契約しようって言ってくれることがまず凄いことだよね。正直最初は夢が叶っちゃったかなって感じだよ(笑)。