Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Overseas

ANDREW MCMAHON IN THE WILDERNESS

ANDREW MCMAHON IN THE WILDERNESS

ANDREW MCMAHON IN THE WILDERNESS

Official Site

JACK'S MANNEQUIN

Official Site

ライター:山口 智男

ピアノの音色、あるいはピアノが軽やかに鳴るポップ・ソングが大好きという人は、ぜひ、いや、絶対聴いた方がいい。BEN FOLDS FIVE以来、ロックの世界で再び忘れられかけていたピアノ・サウンドの魅力を多くの人に思い出させたSOMETHING CORPORATE、あるいはSOMETHING CORPORATE時代よりも大きな成功を収め、より多くの人に聴いてもらえるようになったJACK'S MANNEQUINのころから彼のことを知っているというファンももちろん必聴だ。
全米9位を記録したJACK'S MANNEQUINの3rdアルバム『People And Things』から3年。その間、JACK'S MANNEQUINに代わる新たなアウトプットを模索していたAndrew McMahonがついに完成させたソロ第1弾アルバム。それが『Andrew McMahon In The Wilderness』だ。
それなりに難産だったとはいえ、ツアーを続けながら順調にリリースを重ねてきたJACK'S MANNEQUINの活動をストップさせ、Andrewが自分のキャリアを今1度見直した理由は、SOMETHING CORPPRATE時代と同様、JACK'S MANNEQUINの活動が巨大なショウ・ビジネスの歯車のひとつになってしまったように感じられたことだった。ご存知、JACK'S MANNEQUINもそもそもはリリースすることを前提としない純粋な曲作りがその後、ソロ・プロジェクトに発展したものだった。
自分の実人生を題材に曲を作っているAndrewのようなソングライターがショウ・ビジネスとして創作活動を続けるためにはその時々で、そういう原点回帰が必要なのかもしれないが、今回、AndrewはJACK'S MANNEQUINの2作目と3作目のアルバムが、実人生を題材にしているが故に自身の白血病克服の体験を歌うことに終始してしまったことを、新しいことに挑戦したいと思った理由のひとつに挙げている。
そして、"契約していたレーベルも、マネージメントも、20代の間ほぼずっと音楽を作るときに使っていた名前もすべて辞めて、活動の拠点にしていたロサンゼルスも引き払った"Andrewが向かったのがロサンゼルス郊外トパンガキャニオンにある水道も引いていない掘っ立て小屋だった。そこでたったひとり、ピアノと自分の人生に向き合いながら作り上げたのが今回のソロ・アルバム。"荒野の中のAndrew McMahon"という意味を持つタイトルはここに由来している。
ピアノを軽やかに鳴らしながら、ふわふわと鳴るシンセの音色がダンス・ビートが新たなキャリアを印象づけるものの、決して甘口にならないビター・スウィートな歌声を始め(そこが多くのピアノ・エモ・バンドと彼の大きな違いだろう)、Andrewが作る曲の独特なクセみたいなものはJACK'S MANNEQUIN、いや、SOMETHING CORPORATE時代と何ひとつ変わらない。
それは彼が紡ぎだす物語も同様だ。掘っ立て小屋で曲作りを行い、週末だけ妻が待つ家庭に帰るという生活を続ける中、誕生した愛娘を見守る自分の想いを衛星に例える一方で、これまでの自分の人生を振り返る「Cecilia And The Satellite」を始め、今回もAndrewは場合によっては聴いているこちらが戸惑ってしまほど赤裸々だ。"パンク・ロック・バンドで世界を回ったこともある。ロンドンも観たし、日本でもプレイした"なんて歌詞は昔からのファンにはきっと堪らないはず。
そうかと思えば、「Lottery Ticket」では"若さを謳歌する曲はこれ以上書けそうにない"と弱音を吐きながら、"今はまだ諦めちゃダメだ"と自分を叱咤している。ファンにとってはショッキングかもしれない。しかし、それこそが彼が常に正直に曲作りに取り組んできた証。それが多くのリスナーの気持ちを鷲づかみにしてきた。その意味では、ソロになってもAndrew McMahonが作る曲の魅力はこれまでと何も変わっていないのである。



ANDREW MCMAHON IN THE WILDERNESS
『Andrew McMahon In The Wilderness』
[UNIVERSAL MUSIC JAPAN]
NOW ON SALE
UICO-1278 ¥2,376(税込)
amazon | TOWER RECORDS | HMV

1. Canyon Moon
2. Cecilia And The Satellite
3. High Dive
4. All Our Lives
5. See Her On The Weekend
6. Black And White Movies
7. Driving Through A Dream
8. Halls
9. Rainy Girl
10. Maps For The Getaway
11. Rotary Ticket(日本盤ボーナス・トラック)
12. Art School Girlfriend(日本盤ボーナス・トラック)
13. Shelter Breaks(日本盤ボーナス・トラック)
14. High Dive (Acoustic)(日本盤ボーナス・トラック)

  • 1