Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

She Her Her Hers

2014年03月号掲載

She Her Her Hers

ライター:吉羽 さおり

サポートを務めていたドラマー、松浦大樹が正式メンバーとして加わり、4人となったShe Her Her Hersが2作目のフル・アルバム『stereochrome』を完成させた。前作『Rollercoaster』から約1年を経たアルバムは、深みを帯び、シックな装いでありながらも随所に遊びがあって、儚い美しさや繊細さを湛えたメロディと、彼方へ吹っ飛ばすようなギターのバースト感とのコントラストはより鮮やかとなった。グンとドライヴ感を増したギター・サウンド、バンド・アンサンブルで、彼らの描く景色の中へとリスナーを引っ張り込んでいくアルバムだ。

2011年に、タカハシヒロヤス(Vo/Gt/Syn)、とまそん(Ba/Cho)、坂本夏樹(Gt/Cho)で結成したShe Her Her Hers。このバンドでの活動歴としてはまだ浅いものの、それぞれこのバンドに至るまでにキャリアを積んできたメンバーだ。メジャー・リリースもあるバンドで活動をしてきており、坂本は現在もチリヌルヲワカ等でも活動中。多くの経験を踏んできた彼らが、自由に、今求める音楽を、自身の手で作品へと封じ込めているのがこのバンドである。US/UKインディー・ロックやシューゲイザーなど、お気に入りのエッセンスをサウンドへ落とし込み、日本語詞ならではの情緒感や奥ゆかしさ、飄々としながらもエモーションをたっぷりと籠めた歌心を武器にしている。

2作目の『stereochrome』は、シンプルながらもよりサウンド・メイクにこだわった内容になっており、冒頭の「Point Of No Return」は重厚なギター・アンサンブル、フィードバック・ノイズが分厚い雲のように覆う空間を、真っ直ぐなドラムが光のように貫き、そしてタカハシのヴォーカルとメロディがやわらかに降り注いでくる。淡々と短い曲ながら、ノイズとキャッチーなメロディのリピート感で想像力を刺激する。幕開けに相応しい曲だ。VAMPIRE WEEKENDを彷彿とさせるようなビート感と、細かなギター・リフで突き進む「brain-train」では、とても日本風な、70年代フォーク・ロックにも通じるエアリーなメロディがとても似合っている。一見、ミスマッチな感じもあるサウンドとメロディが、とても自然なハーモニーを生みだしているのが面白い。実験、というような堅苦しい感覚でなく、寄りそうようなありかたで心地好さを生んでいる。

中盤の静謐なピアノではじまる「slowtown」もまた美しく、かつ激しい1曲。序盤のノイズから、じんわりと夜が明けていくように歌が転がり出して、物事が動きだしていくよう。ヒリっとした緊張感やざわめきを宿しながらも、穏やかに流れていく。相反するような要素が、この曲でもまたなにげなくそこにある。
このアルバムのレコーディングは、約1週間に渡る合宿で行なわれたという。4人で寝食を共にしながら、一体となって、また楽しんで作ったことが、伝わってくる。4人の呼吸感がある、思いの迸ったアンサンブルや、アクセルを踏み込んでいく瞬間の高揚感、そういったバンドが生みだしている空気やスタジオでの息吹が、サウンド・エフェクトになっているのは間違いないだろう。星野誠(SPECIAL OTHERSやクラムボンを手掛ける)をエンジニアに迎えて、そこで起こっていること、マジックを余すことなくレコーディングしている。

作品の真骨頂は、タイトル曲であり、ラスト・ソング「stereochrome」だろう。壮大でハイ・ボルテージなバンド・アンサンブルで、一気に上り詰めていく、その瞬間を真空パックしていったエンディングは、とてもスリリングだ。ヘッドフォンで聴きたくなる、音世界をぜひ堪能してほしい。そんな深化を遂げたアルバムの完成だ。

  • 1