Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Side Story

みのべありさ

『Side Story』

Release Date : 2019-08-07
Label : Funnys Family Records
¥2,200

前作『Trouble』から約1年ぶり。和歌山発のSSW、みのべありさの1stミニ・アルバム。"Side Story"というタイトル通り、物語の主人公になれなかった脇役や悪役にスポットライトを当てた1枚だ。コンセプチュアルな作品にも感じるが、そこには、恋の終わりに"悪役はあたしでいい"と切なく歌い上げるラヴ・バラード「Villain」や、"嫌われても/誰かのヒーロー/真っ黒な悪 役を生きる"と、周りの視線を気にせずに我が道を行く宣言をする「Who am I」など、自分らしい生き方を模索する20代女子のリアルが詰まっている。これまでのポップ路線から一転して全体にロックな楽曲が目立つなか、不確かな明日を懸命に信じようとする弾き語り曲「believer」の切実さが沁みる。(秦 理絵)