Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

2017年12月号掲載

NUMBER SEVEN

THE PINBALLS

『NUMBER SEVEN』

Release Date : 2017-12-06
Label : 日本コロムビア
¥1,980

メジャー・デビュー作品となる7曲入りのミニ・アルバム。『PLANET GO ROUND』以来およそ1年ぶりとなる今作は、ガレージ・ロックやブルージーなサウンドに独特の物語性をまぶした美学を強く感じさせる。攻撃的で切れ味の鋭いギター・リフで突っ走る「蝙蝠と聖レオンハルト」で幕を開けたあとは、「七転八倒のブルース」、「that girl」とタメの効いた泥臭い楽曲が続き、「ひとりぼっちのジョージ」ではメロディアスでどこか切ないサウンドに心を掴まれた。一貫したロック・マナーで緊張と緩和を聴かせる曲が揃う中、ラストの「ワンダーソング」はかなりポップな曲調。演奏も優しく他の曲と色合いが少し異なり、その前の「重さのない虹」が2ビートで迫ってくるぶん不思議な違和感を感じた。(岡本 貴之)