Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Down the Hatch

2018年05月号掲載

Down the Hatch

メンバー:Keita Yanagishima(Vo/Gt) Shun Noguchi(Gt/Cho) DK(Ba/Cho) 人間超越くん(Dr)

インタビュアー:TAISHI IWAMI

Down the Hatchは大学の音楽サークル仲間で結成された。つい最近までは、自主でマイペースな活動を続けていたが、彼らの友人が、現在所属するレーベル・オーナーと知り合いで、互いに訪れていたアメリカの砂漠でその音源を聴かせたことから状況は一変。アルバムをリリースすることになる。契約以前の曲をリアレンジしたものと、以後の曲を詰め込んだ、これまでの集大成としてのセルフ・タイトル作。それは、ダイヤの原石が磨かれていくように、彼ら自身の発する光が、どんどん美しく輝いていく様が見えるようだ。メンバーそれぞれがもともと持つルーツと、大学のサークルならではの、数多くのコピバンをこなしそこで得たリファレンスをお互い持ち寄って刺激し合う柔軟性が相まった、多彩なセンスが放つ存在感に、ぜひとも注目してもらいたい。

-まずDown the Hatchを結成した経緯を教えてください。

Keita:もともとは大学の軽音楽サークルの仲間なんです。みんなそれぞれコピーとかやってたんですけど、オリジナルのバンドをやろうって集まって。発起人は当時のドラマーで、今はいないんですけど、代わりに彼が。

-人間超越さん、でいいんですかね? 超越さん? 人間さんは変ですもんね(笑)。

Keita:そこ、僕らもどうしようかと。今日は"超越くん"でいきます(笑)。

-なぜ、このメンバーだったんでしょう?

Keita:音楽の趣味はそれぞればらばらではあるんですけど、柔軟性ですかね。

-なるほど。もう少し詳しく訊きたいです。

Keita:まずは超越くんが一番わかりやすいんで。

人間超越:僕はTHE YELLOW MONKEYが大好きで、いつか一緒に飲みに行くためにバンドを......。

Keita:ダシに使うな(笑)。

人間超越:(僕は)世代的にTHE YELLOW MONKEYはドンピシャではなくて、知ったころには解散してたんですけど、2016年に再結成したじゃないですか。そのときは嬉しくて泣きまくりました。で、仙台、福岡、北海道と、10公演くらいライヴに行ったんです。

-それはすごいですね。DKさんはどうですか?

DK:僕はメロコアが好きで、HI-STANDARD、BRAHMAN、dustboxとか。いろんな音楽を聴くようになったのは大学のサークルに入ってからです。特に影響が大きかったのはthe band apartとかUNCHAIN。それがDown the Hatchのルーツになっています。

-ということはベースのスタイルもずいぶん変わったわけですね。

DK:昔はストラップ長めでピック弾きだったんですけど、今は指弾きで、ファンキーなスタイルをより高めていこうと思っています。

-ShunさんのギターのバリエーションはDown the Hatchの大きな特徴だと思うんですが、どんな音楽に影響されたんでしょうか。

Shun:DKも言ったように、the band apartとかUNCHAINの存在は大きかったです。あとは椿屋四重奏とか。お洒落なフレーズを散りばめて、なおかつコードもちょっと捻くれたような音楽が好きなんです。

-そこに、ストレートなロックの強さも感じるところがShunさんらしさなのかなと。

Shun:LED ZEPPELINやJimi Hendrix、古いハード・ロックやブルーズ・ロックも好きなんです。あとは、最近だとMUSEとか、ボリュームのある歪んだ音楽も聴いてきたので、ガツンと前に出るときは、そこを意識していますね。

-スマートで且つダイナミック。Keitaさんが歌うメロディもそうですよね。

Kieta:僕は小学校のころからとにかくOASISを聴き倒してたんです。幅が広がったのは大学に入ってから。サークルだと、一気に5つ、6つのコピバンをやることもあるんで、the band apartやUNCHAINは、もともと知ってはいたんですけど、コピーしてさらに深みやカッコ良さがわかって、ますます好きになりました。

-大学のコピバンだと、極端な話、友達と多数決で負けて好きじゃない音楽を演奏することもあるでしょうし。

Shun:そうですね。たまに。でも、それで引き出しが増えたのは大きいです。

Keita:ソングライティングはほぼ僕がしてるんですけど、そういう意味で、リズム隊のふたりは考えが本当に柔軟なんで、やりやすいです。

-リズム隊のおふたりは、実際は大変だったり、ちょっとしんどかったりするんですか。

DK:やったことないリズムがどんどんくるんで、そこは大変ですけど楽しいです。特に、ここでキメを作るとか、かっちり合わせるフレーズも多いんで、そこはすごく気にしますね。いろいろと、自分に沁みつくまでやってくしかない。

人間超越:そのとおり!