Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Swimy

2018年01月号掲載

Swimy

メンバー:Takumi(Vo/Gt) 平成のまお(Vo/Ba) タイキロイド(Gt/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-この曲はサポート・ドラマーに叩いてもらってるんですか?

平成のまお:これはsyrup16gの中畑(大樹)さんに叩いてもらいました。サウンド・プロデュースをしてくれてる涌井(啓一)さんが、ドラマーを頼むときは、いつも中畑さんにお願いしているっていうことで紹介してくださったんです。

Takumi:今回のレコーディングのテーマとして、2曲はドラマーがいないなかで、僕らがどういうレコーディングをできるかっていうのを試したかったんですけど、1曲はサポート・ドラマーに頼もうっていうのを決めてたんです。

-実際に中畑さんが叩くときにレコーディングには立ち会ったんですか?

Takumi:はい。感動しましたね。いままで外部の人が自分の曲を演奏してる姿を見ることがなかったし、しかも、うまいこと感情を表現してくれてるのを見て、涙が出ました。

平成のまお:私たちがやりたいことを言わずともすべてを汲み取ってくれたというか。

タイキロイド:キャリアヲカンジマシタ。

Takumi:プロってすごいなと思いましたね(笑)。

-そうなると、生ドラムが入る良さを改めて感じたりもした?

Takumi:うん、"全曲叩いてもらったらいいんじゃない?"と思いました(笑)。やっぱり僕はバンドが好きで音楽を始めたので、生のドラムがいいんですよね。あと、中畑さんがアレンジをしてくれてはるところも嬉しかったんですよ。

-それだけ楽曲をちゃんと解釈してくれてるっていうことですもんね。

Takumi:そうなんです。逆に音源どおりバッとこなされたら、無機質な感じになってたと思うんですけど、中畑さんなりに汲んでくださったのが嬉しかったですね。

-「天使と悪魔の歌」の歌詞は、「しゅるる」とは対照的で、とても抽象的ですね。

Takumi:歌詞も3年ぐらい前に書いたんですけど、全然変えてないですね。この曲は聴く人に想像させる余裕を持たせたいので、"天使と悪魔"っていうのがなんなのかは、聴いた人それぞれが自分の中で"対になるもの"をイメージして受け取ってもらいたいです。

-私はこの曲を聴いて、いいことをしたい自分が天使、逆に怠けちゃったり、誘惑に負けたりする自分が悪魔、みたいなせめぎ合いをイメージしました。

Takumi:うんうん。自分の中の葛藤にもリンクすると思います。あとは、例えば恋焦がれた人って、自分の中では対極の存在だと思うので、その人と自分を天使と悪魔と捉えてもいいですし。自分の中で悪魔な人っているじゃないですか。でも、悪魔だと思ってる人が自分にとっては重要な人だったりするとか。いろいろな解釈をしてほしいです。

-わかりました。Swimyの2018年一発目のシングルはいろいろなチャレンジが詰まった内容でもあると思います。2018年どういう活動をしていきたいと思いますか?

Takumi:これからも音楽ファン、バンド・ファンの人たちに、新しい感覚で音楽を楽しんでもらえるような仕掛けを作っていけたらと思います。

タイキロイド:イママデイジョウニハバヒロイセダイ二キイテモラエルバンドニナリタイデスネ。

平成のまお:いまはスピーカーとアンプがあれば、どこでもライヴができるので。ライヴハウスだけじゃなくて、いろいろなところでライヴをして、活動の幅を広げたいです。