Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHERBETS

2015年06月号掲載

SHERBETS

メンバー:浅井 健一(Vo / Gt) 福士 久美子(Key / Cho)

インタビュアー:山口 智男

-そういうことも歌いながら、Track.2「Freeze Market」の歌詞に"この星の幸せな一場面"って一節があったんですけど、幸せな風景をいろいろな曲で見せてもらえるアルバムですよね。そういうところがすごく沁みるんですよ。

浅井:うん。スーパーマーケットって幸せじゃん(笑)。

-Track.9「ワナフィー」もすごく幸せな気持ちになれる曲ですね。

浅井:「ワナフィー」最高だよ。おもろい。

福士:私もあんな思い出あるなって笑っちゃう。

-だからって、特に幸せな風景を歌おうと意識したわけではないんですよね?

浅井:作っとってさ、すごく暗くなっちゃうときもあって、暗い歌を唄っとると明るいところに行きたくなるじゃん。そういう感じだよ。根が明るいから(笑)。酷い二日酔いの日ってめっちゃめっちゃ暗くなるじゃん。

福士:そうだね(笑)。

-レコーディング中、二日酔いになった日があったんですか?

浅井:昔は合宿レコーディングでしょ。そしたらもうほとんど毎日二日酔い(笑)。でも、今回は福士さんのスタジオでやったんだわ。渋谷にある"STUDIO HIPPO"ってところなんだけど、そこは健全だね。だから声も全然いいし。健全なレコーディングができるよ、STUDIO HIPPO。音いいしね。HIPPOの宣伝しなきゃ、福士さん。

-ああ、新作の音、いいですよね。生音をいい感じで聴かせるような印象を受けましたけど、今回、音の質感はどんなものを求めたんですか?

浅井:印象的にはそういう印象なのかもね。

福士:あまり音を詰め込んでないからね。

浅井:分厚くしてないから。

福士:今回、ダビングする前にコーラスを先にやったから、もうダビングはしなくてもいいかっていう感じになったんだっけ?

浅井:うん。なんかね、昔はすぐに音を分厚くするクセがあったんだけど、やたらダビングしてね。それがかっこよければいいんだけど、結局、音楽は"来るか来ないか"だからさ。最近は今の状態で十分、自分としては到達していると思ったらそれ以上はやらないから。

-福士さんの存在がますます大きなものになってきたと思うんですけど。

浅井:昔から大きいけどね。それはみんなね。

福士:自分でソロもやっているし、そのために音楽を始めたというのもあるんで、いつもいろいろなアイディアを考えているんですよ。SHERBETSは基本、ベンジーの曲をたくさんやってきたけど、ベンジーのアイディア、センス、世界観がすごく好きだからいろいろなアイディアがどんどん生まれるんです。そうなると楽しいし、もっとやりたいと思うし、ずっとやってきただけなんですけど、去年ベンジーのソロを手伝ってツアーを回ったとき、キーボードの方がひとりいて、私が歌に集中できる曲があったんですね。それがきっかけで歌うことやコーラスの楽しさを新たに発見できたせいか、今回、歌に取り組む気持ちが変わったっていうのもあったのかもしれないです。

-キーボードの音色ももちろんなんですけど、歌声もすごいなと思って。特に「ミツバチ」のコーラス、すごいですよね。

福士:みんなでセッションしたとき、あのフレーズが出てきて、サビで始まる曲にしたらいいと思ったんですけど、勝手に歌詞を足したら悪いと思って、英語みたいな歌詞でふわっとさせたんです。

-あのコーラスで、いきなり気持ちを持っていかれますよ。

福士:そうなるといいなと思いました。ただ、あれコーラスって言われると、私、暴れるんです(笑)。

-あ。

福士:(笑)サビのヴォーカルと思って作ったから、コーラスって言われるたび、飲んでる席で暴れてました。

-僕、何回コーラスって言いました?

福士:いや、いいんですよ、いいんです(笑)。

-歌詞には心に残るフレーズがいっぱいあったんですけど、食べ物に関する言葉がやっぱり多いなって。

浅井:うん、いつものこと。腹が減っとるで。何があったっけ? 今回。