Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Overseas

WEEZER

2014年10月号掲載

WEEZER

メンバー:Rivers Cuomo(Vo / Gt)

インタビュアー:山口 智男

WEEZERが9枚目の新作『Everything Will Be Alright In The End』をリリースする。『スコットとリバース』のリリースやPUNKSPRING出演があったから前作からそんなに空いたような気はしないけれど、改めて数えてみれば、実に4年ぶりとなる。プロデューサーにRic Ocasekを三たび起用したせいか、今回はRicが手がけた1枚目と3枚目を思い出させる作品になっている。ファンはきっと、こういう作品を待っていたに違いない。新機軸を取り入れながら原点回帰も印象づける新作を完成させたRivers Cuomoにメールでいろいろ尋ねてみた。

-4年ぶりのアルバム『Everything Will Be Alright In The End』を完成させ、リリースを約1ヵ月後に控えた現在の心境は?

すごくワクワクする。(日本語で回答)

-Shawn Everettとレコーディングしたアルバムを2011年にリリースする予定があったそうですが、それをお蔵入りにしてしまったのは、なぜだったんですか?

知った事がない。 (日本語で回答)

-今回、アルバムを作るにあたって、デビュー20周年ということは意識しましたか?

記念日のことはあまり気にしないけど、ずっとWEEZERのメンバーでいたことを誇りに思っているよ。

-デビュー・アルバムをプロデュースしたRic Ocasekにプロデューサーに起用したことや、幅広い曲を作ることに取り組んでいたように思えたここ数作に比べ、曲調がわりとシンプルになっていることから、原点回帰という印象も受けるのですが、それはテーマの1つとしてあったんでしょうか?

昔ながらのWEEZERのサウンドもあれば、新しいものを試している実験的な部分もある。その結果、生まれたものは、WEEZERにしかなり得ないものなんだ。

-今回、Ricを三たび起用した理由は? また、彼のプロデュース方法のスペシャルなところは?

彼は僕たちが子供のころ、大スターだったんだ(注:Ricは80年代に大ヒットを飛ばしたTHE CARSのフロントマンでもある)。だから彼とスタジオにいるととても謙虚な気持ちになれる。エゴなんて持つ気になれないんだ。お陰でベストなプレイをすることができるよ。

-WEEZERの歴史はいろいろなことがありましたが、過去20年を振り返ってどんなことを思いますか?

僕はもっぱら前を向いているんだ。

-いろいろなことがありながらも20年間、人気バンドでい続けられたのはなぜだと?

僕たちのファンは、好きなバンドと長い間つきあいたいと考えてくれているんだ。現れては去っていくバンドはたくさんいるけれど、好きなアーティストと一緒に変化していったり、同じ気持ちを持った世界中のファンのコミュニティと年々関わっていたりできる方が充実感があるよね。

-結成時からのメンバーはRiversとPatrick Wilson(Dr)だけですが、この20年の間、メンバーの関係性はどんなふうに変わりましたか?

より親しくなって、信頼度が増した。今まで以上に自分たちのケミストリーを大切にしているよ。

-新作のタイトルは希望を感じさせるものですが、今、WEEZERというバンドの未来にどんな希望を持っていますか?

このアルバムが尊重してもらえて、高く評価してもらえるといいね。それだけの価値があると思うから。これからも必要ある限り、受容と尊敬を勝ち取るために積極的に努力していくよ。