Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

FEEDER × the HIATUS

Skream! マガジン 2012年11月号掲載

2012.10.15 @新木場STUDIO COAST

Reported by 沖 さやこ

FEEDERとthe HIATUSのDOUBLE HEADLINE TOUR初日。満員のSTUDIO COASTは、先攻the HIATUS、細美武士(Vo/Gt)が奏でる「Deerhounds」のエレアコで幕を開けた。その純粋さがたゆたう音色が、一気に場内を包む。水を掬い上げ、指の隙間から零れる滴のように5人の音が転がってゆく「Superblock」、シリアスなエレアコと手数の多いドラムが胸を掻き毟る「The Tower and The Snake」と、音が泉のように溢れてゆく。“FEEDERとツーマンを回るなんて夢のようなことなんで、めいっぱい楽しもうと思います”と細美が語り、キーボードのノイズから「The Flare」へ。ダイヴァーが出現すると、細美はステージに向けて手招きをする。美しい鍵盤の音色と、フロアのモッシュとダイヴの大きなコントラスト、この繊細さと強激さがお互いを肯定し合うのがthe HIATUSの音の魅力のひとつだ。the HIATUSの音を生で浴びるのは、ずっと水の中にいるような感覚がする。「My Own Worst Enemy」は荒波を潜り抜けるようにスリリングで、サビの開放感は素足で砂浜の波に飛び込むような心地よさ。耳に休む暇を与えないほどに炸裂する音は常に透明感がある。

“めちゃくちゃ楽しいです”と語った彼の華やかなヴォーカルが輝いた「Shimmer」は雨上がりのようにやわらかかった。「Souls」「Bittersweet / Hatching Mayflies」と彼らの音はどこまでも伸びやかに突き抜け、後半の重厚感のあるノイズ混じりのサウンドは圧巻だった。“じゃあいっちょ派手に行きますか東京!”と細美が叫ぶと轟音から「The Ivy」へ。「Insomnia」で喉を枯らし叫ぶ細美。彼がフロアへ大きく手招きすると、大きな歌声が上がる。ラスト「On Your Way Home」ではフロアからあたたかく柔らかい拍手が笑顔と共に巻き起こった。

後攻FEEDERはキーボードを招いた4人編成。最新アルバム『Generation Freakshow』の1曲目でもある「Oh My」からライヴはスタート。Grant Nicholas (Vo/Gt)のあたたかい歌声が紡ぐキャッチーなメロディ、ディストーションの効いたギターとTaka Hirose(Ba)の太いベースが音の彫りをより深くする。サポート・メンバーであるDominic Greensmithのドラムスは日本人とは比べ物にならないくらい力強く鳴り響く。疾走感溢れるギター・ロック「Insomnia」ではギターとベースがぶつかるすれすれのカー・チェイスをするように駆け抜け、2人のコンビネーションの良さを再確認する。「Feeling A Moment」のイントロでは大きな歓声が沸く。胸を締め付ける切なさと力強さ。美しいメロディとヴォーカルが尊く輝く。リズム隊の強靭さがぎらつく「Renegades」、ドラマティックに鮮やかなサウンド展開の「Pushing The Senses」、「Down To The River」「Just The Way I’m Feeling」と、憂いのあるギターと分厚いリズム隊の音色は、物語を一言一言しっかり読み進めるように、丁寧に心の奥へと突き進んでゆく。淀みなく注ぎ込まれる美しい音に、心に宿る全ての感情が呼び起こされるようだ。

「Buck Rogers」のイントロではフロアからクラップが。Dominicのドラムの迫力は音だけではなく、スティックさばきまでもが堂々としており思わずその姿に釘付けになってしまう。自身が関与している東日本大震災の支援活動を行っている“ふんばろう東日本支援プロジェクト”についてMCで触れたTakaは“支援は続けるのが大切で、すげえ大変なんだよね。だからみんなで応援していこう”と語った。日本人としての強い思いと、実行に移す大切さを改めて噛み締める。メンバーにとって特別な地である日本。「High」「Borders」には、そんなバンドの意思の強さが表れているようにも思えた。「Generation Freakshow」では、この曲にアルバムでも参加している細美がステージに招かれ、ハンド・マイクで熱唱。最後Grantはギターを裏返し、高く掲げた。そこに貼ってあったのは日の丸だった。

アンコールでは「Children Of The Sun」「Just A Day」の2曲を披露。鋭さとやわらかさが交錯するステージに触発されたフロアには、ダイヴァーが出現し、高らかなクラップ、コール&レスポンスが。大盛況で幕を閉じたこの夜に、洋楽と邦楽の壁なんてものは存在しなかった。