Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

音の旅crew

音の旅crew

メンバー:pepe(Gt/Vo) 大樹(Ba) チャック(Dr) guro(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-「LET」はちょっと変化球的なアレンジが効いてますよね?

pepe:わりと作り込んだ曲ですね。

大樹:今までプログレはあまりやってなかったので、変拍子ですからね。6人のときに7/8拍子みたいな曲があったんですけど、今回も7/8拍子で初めてこの4人でやってみようと。ドラムがもともとそういう音楽が好きで。

チャック:変拍子は大好きですね。この曲は1~2年寝かしていたので、7/8拍子が気持ち良かったです。

大樹:レコーディング中、一番生き生きしてましたね。

-後半の2曲「KOKOROKARA」、「MDNT EXPS」もライヴを意識したんですか?

pepe:最後の曲(「MDNT EXPS」)はライヴでもたくさんやっているんですけどね。

guro:「KOKOROKARA」は野外フェスを意識しました。

大樹:そうだね。ロックな曲だし、そういうものを作りたいなと。

guro:外でやったら気持ちいいだろうなって。

-「MDNT EXPS」はドラム始まりで、これも普通のバンドがあまりやらないアプローチだなと。

大樹:意表を突くのが好きなんですよ。

guro:サビはわかりやすいですからね。

-今作の歌詞自体はpepeさんが書いているんですか?

pepe:そうですね。基本的に歌詞を書き慣れてないんですけどね(笑)。ラッパーの影響もあるので、言葉も詰めがちになっちゃって。メッセージは曲によって違いますけど、この空気感そのままに日常に近いことを歌ってます。あと、自己啓発だったり、応援歌ですかね、自分自身に対しての。歌っていると、自分に言ってる応援歌に近いニュアンスになるんですよ。他に自然を描いた言葉を歌詞の中に入れたりして。

-たしかに自然を描写した歌詞も多いですね。

pepe:田舎育ちで田舎好きなので(笑)。ある意味、ホームシックなのかもしれない。

-全体的には背伸びせず、等身大のメッセージが多いなという印象です。

pepe:そうですね。できるだけ自然体で出てくる言葉を意識して。

-「I'm home」は自分の故郷のことを歌っているんですか?

pepe:そうですね。地元が好きで、ちょくちょく帰っているんですけど、当時思っていた気持ちが蘇ってくるというか。帰る場所ってすごく大事だなぁと思って。歌詞は全体的にはポジティヴなものが多いですね。

guro:ライヴでたまに「上を向いて歩こう」を歌うんですよ。

pepe:みんな知ってるし、歌詞に力があるので、ついやっちゃいますね。

-今後バンドとしてやってみたいことはありますか?

pepe:目標はまた"フジロック"("FUJI ROCK FESTIVAL")に出たいですね。ゲートの内側に入りたくて。"FIELD OF HEAVEN"のステージに出たいです。

大樹:あの場所が好きなんですよ! 以前もずっとみんなで"FIELD OF HEAVEN"にいましたからね。あの森に囲まれた空間が魅力的だから。

guro:最終的には"GREEN STAGE"に出たいですけど、やっぱり"FIELD OF HEAVEN"が好きなんです(笑)。