Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

TAMTAM

2014年09月号掲載

TAMTAM

メンバー:Kuro (Vo/Trumpet) Yuthke Suzuki (Gt) Tomomi Kawamura (Key)  Junet Kobayashi (Ba) Affee Takahashi (Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-これがダブです、ってものを投げてしまうという。

Tomomi:後ろでやってるものはダブではないけどね、っていう(笑)。 Yuthke:"これがダブではないでしょうか"と(笑)。

Affee:オラオラ感を出そうとね。

-この「バベル」から夜の入口へと入っていって、一晩いろんな思考を経て、アルバム最後の「ファンファーレ」で朝を迎えるような、そんなイメージがあるんです。歌詞のトーンは、どの作品も近いものだと思いますが、その点で意識したことはあるんですか。

Kuro:終わってから見直してみたら、夜の話が多かったですね。意図してないんですけどね。夜に書いていたからでしょうね(笑)。

-考えてひとり思考の渦に入っていく瞬間が多いですよね。

Kuro:全部新曲ということもあって作詞はわりと悩まされた曲もあるし、すっとできた曲もありますね。すっきりしていた時でもなかった気がするので、そういう感じが多いのは多いんだと思うんですけど。なんだろうな......前も話したと思うんですけど、SF小説とかの系脈でいくと、自分がやってることが意味があるのかないのかみたいな話とかは、引き続きテーマであって。そこにぶち当たったり、光が見えたりしているような感じかなと思いますね、全体的に。

-決してわかりやすく書こうとしているわけではないと思うんです。でも、そこにはすごくわかるシンパシーみたいな感情があるんですよね。それは音でもそうだし、言葉だけで説明してない感じが音楽としてちゃんとあるなと。

Kuro:ありがとうございます。

-音に引っ張られて言葉が生まれたり、その逆に言葉が合って音がということもありますか。

Kuro:基本的にはトラックが先にあって、メロディも先にあって歌詞を書くので、まったく引っ張られてないわけじゃないと思います。トラックを聴いて出てくるとか、それをとっかかりにどんどん広げていくのはありますね。

Affee:一部先に歌詞ができた曲とかは、言葉にある程度反応するようにしようというのでちょっといじってますね。「エンジョイ・アワー・フリータイム」とかは歌詞の途中でできた曲だったので、最初のヴォーカルだけでやってるところとかは、この言葉だったら演奏はなくても大丈夫だなとか、そういうところは少し意識していますね。

-「スピカ」や「エデン」などは美しい曲で、歌の大きさがよくわかりますね。

Kuro:これはスケールがでっかい、ぽかーんというところにひとりでいるという感じを出そうと思って。歌もそうですけど、サウンドも空間をいっぱい使うような感じにしていると思います。

-サウンドとしてはピカピカのお祭りサウンドではないというのが、より濃くなっていて、アンニュイな匂いや憂い感が強いと思うんです。そこに向かっていったのは。

Kuro:基本的にはライヴを意識した、肉体的なものっていうのはあったんですけど。後半になるにしたがって深くなっていくというか、そういうところはあったかもしれないですね。ライヴでやるかはわからないけど、ある意味スタジオ・ワークとして楽しもうとして作った曲もあるし。やっぱり自分たち的にダブを体系化するみたいな挑戦もあったし、どっちもありますね。

Affee:アンニュイになったのは、もちろんKuroちゃんがいった理由もあるんですけど、ひとつイメージしたのは、全体的に暗いし重いんですけど、そこにもちゃんとバリエーションがあるなっていうのをもう1回しっかり考えようというのはあって。きれいな感じ荘厳な感じ、あとは叫んでるっぽい感じとか攻撃的な側面を出すとか。前は6曲だったので、ナチュラルにやってもバリエーションは出ましたけど、今回は曲が多いので、自分たちがどういうところができるかはイメージしてやったので。今の段階だと、そこが自分たちの落ち着くところだなっていうのはあったので。全然お祭りっぽいのをやってもよかったんですけど、でも今自分たちがリアリティを持ってやれることとかを考えた時に、Kuroちゃんが明るいメッセージ、ポジティヴなメッセージのみを言うというところよりも、暗さのニュアンスを出したり、悩んでいる部分でのニュアンスをどう出すかっていうところにしようかっていうのは、結果的にいうとすごく意識していたと思いますね。

-アッパーに攻めるっていうのは、TAMTAMとしては違うキャラクターな感じもありますかね。

Kuro:どうですかね。じつはライヴではあまりダウナーな曲をやってないんですよね。基本セットリストは最近アッパーなのが多いので。アルバムでは分量的にはミドルからスロウが多くなっていますよね。そこはなんというかメンバー的に出力しやすいというか、すっとできるものだったりとかして。

Tomomi:まあ、抜けるような明るさが出てきにくい体質があるかもしれない(笑)。キラキラするためには努力が必要な曲たちが生まれやすい。

Affee:陽気じゃない人でも盛り上がることって絶対にあると思うので。そこをちゃんと今回は見据えようかなと。それは、所謂パーティ系のものとは全然違うんですけど、そうじゃない中でどうやって踊らせるかっていうのはイメージしてましたね。

Yuthke:後半もダウナーかと思いきや「トウキョウ・カウンターポイント」とかも雲間が張れるような時間があったり、そういう楽しみかたを僕はしてます。