Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

The Birthday

2011年06月号掲載

The Birthday

ライター:道明 利友

<ロックンロールに溺れようぜ,朝から晩まで寝てる時でさえ―>

ついに完成したThe Birthdayのニュー・アルバム『I’M JUST A DOG』にキャッチフレーズ的なものをつけるとしたら、「Buddy」のこの歌詞はまさにピッタリだ。アルバムのどこをどう切り取ってもあふれ出してくる、正真正銘のロックンロール―。The Birthdayというバンドが今現在持つあらゆる醍醐味が、この『I’M JUST A DOG』という作品には凝縮されている。

今回の『I’M JUST A DOG』は、新ギタリスト・フジイケンジの加入を経て、現在の4人編成で初めて完成させたオリジナル・アルバム。そこから感じる躍動感は、フジイの加入がバンドに再び新風を吹き込んだのかなんて思えてしまうほどだ。<スピードは加速する とどめは俺が刺す―>。そんな「SとR」の歌詞ではないが、「Buddy」や「SATURDAY NIGHT KILLER KISS」のスピード感は鳥肌が立つくらい刺激的! かと思えば「Red Eye」は、スウィングするリズムがクールなムードを演出し、「シルエット」は厳かな音色からダイナミックなサウンドへ展開、そして再び厳かに……。繊細さと迫力が同居する重厚なナンバーなど、これまでの作品とも一味異なる新たな面をかいま見せるのも興味深い。

そして、何よりも強く心に響くのは、疾走感と共に伝わる情感―。アルバムのオープニングを飾る「ホロスコープ」は、シャープなビートの切れ味はナイフのよう。と同時に、ほのかにロマンチックな匂いが香るメロディも印象的だ。リード・シングルになった「なぜか今日は」も、演奏と歌声が一体になったアンサンブルに胸がギューッと締め付けられてしまう。<忘れてしまおうと思ってたけどギューッと締め付けられてしまう。<忘れてしまおうと思ってたけど 爪痕 消えなくて 消えなくて―>。「爪痕」からは、心に爪痕のように刻まれた思い出を抱える主人公の心情が、痛いほど伝わる。

そんな全12曲を締めくくるナンバーは、今作のタイトルにも冠された「I’m Just A Dog」。アルバム全編に展開した熱気を鎮めるかのようなミドル・テンポのロック・ナンバーは、じっくりとかみ締めて聴きたくなる味わい深い雰囲気がなんとも言えない。バンドとしての勢いにさらなる加速をかけながら、キャリアの成熟とともに、聴き手の心を強くつかみ、感情のひだを揺らす深みを増し……。今のThe Birthdayが鳴らすロックンロールは、大いなる刺激と感動で聴き手を包み込むはずだ。

  • 1