Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

jack-in-the-box

TRI4TH

『jack-in-the-box』

Release Date : 2019-07-10
Label : SME
¥3,565

結成14年目のアカデミックなジャズのバックボーンを持つバンドが、メンタリティでも実際の曲調でもロックやパンク、スカを消化する新鮮さが溢れ出た1枚。どの曲もほぼ3分以内で美味しいフレーズやリフを凝縮し、ホーンやピアノのメロディも覚えやすいうえ、アジテーター 伊藤隆郎(Dr)は歌も歌う。アルバム全体の流れも時間を感じさせるもので、1曲目の「Wake up」で文字通り目覚め、RANCIDのカバー「Time Bomb」でスカのビートに乗り、ロカビリー調の「Go Your Way」、夕暮れに向かうようなメロウな「Landscape」、高速ホーン・リフが盛り上がる「Hasty Rag」、そしてアイリッシュ・テイストな「Sing Along Tonight」の大団円。生身の人間の気迫や笑顔がジャンルを超越する。 (石角 友香)