Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SaToMansion

2016年09月号掲載

SaToMansion

メンバー:カズオ(Vo/Gt/三男) ノブユキ(Gt/四男) ユキシロ(Ba/長男) オデキ(Dr/次男)

インタビュアー:山口 智男

それぞれの音楽活動を経て2015年11月に兄弟4人が結成したバンドがSaToMansion(サトウマンション)。音楽の世界で成功することを目標に掲げる彼らが1stアルバム『the room』を完成させた。全国に先駆け先行リリースされた地元・盛岡のTOWER RECORDSではユニコーン、西野カナ、Hey!Say!JUMPを抑え、邦楽週間アルバム・チャートの1位を獲得。本気の勝負に打って出ようと誓い合った4兄弟の今後の活躍に期待したい。

-兄弟4人でやっているバンドって、他にいないと思うんですけど、佐藤家は音楽一家だったんでしょうか?

ユキシロ:全然、そんなことないですよ。両親も音楽は聴いていましたが、音楽一家ではなかったです。たまたまうちにアコースティック・ギターがあって、最初はそれを爪弾くところから始めんですけど、それを弟たちが真似しただけで。ロック・バンドを始めたのはもっと後、次男のオデキと僕がコピー・バンドを始めたのがきっかけでした。

オデキ:ドラマーってやっぱりいないじゃないですか。だから兄貴からやれって言われて(笑)。

ユキシロ:それが中学3年生ぐらいだったかな。

オデキ:僕が中学1年生のときです。

-三男のカズオさんと四男のノブユキさんはコピー・バンドをやっているふたりを見ながら、"じゃあ自分も"と思ったんですか?

ノブユキ:ふたりがコピー・バンドをやっているころには、もうギターを弾いてたよね?

カズオ:弾いてましたね。ふたりがやっているバンドを見に行ったんですよ、田舎だからライヴハウスなんてなくて、公民館に。俺はそのとき小学生だったんですけど、俺の方が断然上手いなって思ってました(笑)。でも、"かっこいい。俺もいつかはやりたい"と思って、中学1年生のときに同級生とTHE YELLOW MONKEYやMr.Childrenのコピー・バンドをやり始めて、高校1年生のとき、オデキとオリジナル曲をやる3ピース・バンドを組みました。それが前のバンドなんですけど、それを2014年まで続けました。

ノブユキ:僕は3人と歳が少し離れているので、3人がバンドを始めたときはまだ5歳ぐらいだったんです。わけがわからなかったんですけど、ライヴを観に行って、俺もやってみようと思いました。

オデキ:俺以外の3人はそれぞれにヴォーカル/ギターでバンドをやり始めて......。

カズオ:ヴォーカリストとしてはふたりとも挫折して、僕だけ残りました(笑)。

―そんな4人が改めてSaToMansionというバンドを始めたきっかけは?

カズオ:うるさいロックがずっと好きでやってたんですけど、やっぱり飽きてくるんですよね。それにヴォーカリストとして技術的な面でもちょっとずつ成長してたのに、ロックをやっているだけではそれを100パーセント表現できないと思って、ロックを一旦やめて、歌の根本をもっと追求したいと考えたんです。それで、ひとりでやり始めたんですけど、だんだんとアップライト・ベースとかカホンとかパーカッションとか入れたくなってきて、そのとき"あ、やっぱバンドがやりたいんだ"って思ったんですよ。でも、1年は続けてみないとわからないと思ったので、そのままソロ活動を続けたんですけど、1年経ったとき、自分がやりたいのはこれじゃないと思って。そろそろ兄弟でやるべきなんじゃないか、勝負をかけた方がいいんじゃないかって話を、みんなにしたんです。それまでは好きなことをダラダラやってきただけなので、1回バシッと生きるか死ぬかやってみて、ダメだったら実家に帰って新聞店を継ぐか、みたいな(笑)。好きなことをやるんじゃなくて、成功するためにはどうしたらいいかをちゃんと考えてやろうと思いました。でもそれは一番苦手なことで、NIRVANAが大好きだから商業ロックなんてカッコ悪いと思ってきたんですよ。でも、ここ何年かでその呪いからやっと解放されたので(笑)。前のバンドのときは、売れる売れないは関係なしに、思っていることをただ投げつけるだけだったんです。だからその欲求はある程度満たされたし、ひとりでも多くの人に聴いてもらえた方がいいから、そこは突っぱねずに......ということですよね?

オデキ:そうですね(笑)。

ユキシロ:2011年に兄弟4人でカバー・バンドを組んで、ステージに立ったんですよ。兄弟4人でやるなんて、照れくさいだろうなと思ったんですけど、意外に頼もしくて。そのとき、これを真剣にやったら面白いんじゃないかって考えが芽生えて、それからなんとなく考えてたらカズオからそういう話が出たんで、断る理由はなかったですね。

オデキ:僕は前のバンドが活動休止したあと、バンドをやらない生活ってラクだなと思って(笑)。だから、正直もういいかなって。バンドをやってたころは借金もあったんですけど、それも簡単に返せちゃったんですよ。でも、みんな真剣だったからやるしかないって。もともと、いつかは4人でやるんだろうなって漠然と思ってたんですよね。実際、今までやってきた中で一番良いものが作れていると思います。

-結成から9ヶ月で1stアルバムをリリースするってなかなかのペースだと思うのですが、バンドを始めたときにはどんな音楽をやりたいかはっきりしていたわけですか?

カズオ:作品のリリースやメディアなどに露出するということについては、早め早めに手を打っていかないとって、結構焦ってたんですよ。でも固まっているところはあるし、やっていることにも自信はある、だから逆にどんどん手を打っていきたいのかな。とりあえず迷いはないです。今あるものを世に送り出して、まずはバンドのことを知ってもらいたいんですよ。音どうこうというよりは、このヴィジュアルを知ってもらってから、音を聴いてもらうのもいいのかなって。

ノブユキ:兄弟でやっているってことをね。

カズオ:音に関しては自信があるんですよ。だから今は音じゃないところで、どう見せて音に興味を持ってもらうかを考えているので、メディアにガンガン露出していきたいと思ってます。

-成功するためにどんな音楽をやっていこうと考えたんですか?

カズオ:歌謡ロックみたいなものがベースにあるんですけど、そこにキャッチーなメロディと、コブシが効いていると言うかちょっとドロッとした歌がうまく混ざって、個性的な音になればいいなって。

ユキシロ:この4人でスタジオに入り始めたのが1年ぐらい前なんですけど、どういう音楽をやっていこうかあえて決めないで、やりながら固めていった方がいいと思ったんですよ。

ノブユキ:これって予め決めると縛られちゃいますし。

ユキシロ:逆に、良いところを殺しちゃいますしね。

カズオ:光を探すというか、前に進むというか、そういう現実的なことをテーマにした曲が多いので、そういうところもわかりやすく、MVも使って表現できればなって。