Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

pertorika

2014年12月号掲載

pertorika

メンバー:三井 拓郎(Vo / Gt) izumi(Key) オショウチータ(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-三井さんの歌声って憂いを含んでいるんで、マイナー調の曲じゃなくても、どこか寂しげに聞こえて、そこがすごくいいですね。

三井:めちゃめちゃ明るい曲を作ったと思っても、"どこか寂しいね"って言われちゃうんですよ。"さあ、カーニバルだ!"っていう曲が1stミニ・アルバムに入ってるんですけど、"これってひとりで妄想してるんだよね"って言われて。

izumi:そんな言いかたしてないよ(笑)。"実はそういうコンセプトなの?"って。

三井:"本当はひとりで妄想してるカーニバルなんでしょ"って。

izumi:そういう寂しい少年が主人公なのかなって思わせる歌いかたをするんですよ(笑)。

三井:僕はカーニバルだったんですけどねぇ(苦笑)。

-今回、Track.4の「さよならと桜」だけ女性の視点で歌っているところが気になって、ひょっとしたらこれはizumiさんの思い出なのかなと聴きながら想像したんですけど。

三井:あぁ、そうだったら素敵だったんですけどねぇ。

izumi:そうだね。そういうことにする(笑)?

三井:映像と一緒に出てきたのが女性だったんですよね。これまでも女性視点の曲ってあったんですけど、ちょっとアダルトな雰囲気になっちゃうんですよね。抱く抱かないの話になっちゃうんで、それはpertorikaではNGでしょ(笑)?

izumi:別にいいんじゃない(笑)。

三井:じゃあ、次のコンセプトはアダルトで(笑)。いや、それはさておき、今回の「さよならと桜」の主人公の女の子は自分でも気に入ってます。

izumi:前作に入れるかもって話があったんですけど、前作はリリースが4月だったので、桜の季節が過ぎちゃうからってことで、この次、タイミングがあったら入れようって。

オショウ:izumiさん、この曲すごい好きだよね。やっぱり、いろいろ自分とダブるの?

三井:私のことを歌っているんじゃないの?って(笑)。

izumi:いやいやいや。そんなことはないですけど、いろいろ思い出すことはありますよね。

-だから北海道の中学校の合唱部なのかなって思いました。

オショウ:じゃあ、もうそういうことにしよう(笑)。

-最後にリリース後の活動について抱負を聞かせてください。

オショウ:今回の作品をより多くの人に聴いてもらいたいということはもちろんなんですけど、ツアー、ライヴに関しては、これまで以上にライヴに来ていただいた人に"ライヴに来てよかった"と思ってもらいたいですね。pertorikaのライヴっていうのは音源とはまた違うよさがあると思ってほしいです。そういうことを考えながらライヴには力を入れていきたいと考えてます。

-今回はEPだったので、次の作品をできるだけ早く届けてもらえると、ファンもうれしいんじゃないでしょうか?

三井:本当ですよねぇ。ぜひフル・アルバムを出したいです。

オショウ:そこも含め、活動ペースは今よりも上げていきたいですね。音楽シーンが無数にあると思うんですけど、シティ・ポップのシーンも生まれつつあるということなので、そういうところにももちろん届けたい......むしろシーンを先導していけたらいいですね。

三井:お客さんもね。上下左右に幅を広げて。

オショウ:左右?

三井:いや、性別。

オショウ:あ、それが左右か(笑)。

izumi:年齢性別問わず。

三井:これまでは僕らよりちょっと上の世代のかたが聴いてくださったんですけど、加えて中高生にも、ぜひ聴いていただきたいです。