Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

pertorika

2014年12月号掲載

pertorika

メンバー:三井 拓郎(Vo / Gt) izumi(Key) オショウチータ(Dr)

インタビュアー:山口 智男

70~80年代のニュー・ミュージック/シティ・ポップ、あるいは90年代の渋谷系を彷彿とさせる玄人好みのサウンドがじわじわと人気を集めているpertorika。数々のオーディションやコンテストで入賞してきた彼らがより多くの人に聴いてもらうことを意識した2ndミニ・アルバム『enterium』から8ヶ月、早くも珠玉の4曲を収録した『You're Not Alone EP』をリリースする。王道のバラードに挑戦したクリスマス・ソングを始め、新境地を思わせる4曲は同時に実力派の彼ららしいこだわりが窺えるものとなった。

-結成は2008年だそうですね。どんなふうに始まったんですか?

izumi:三井君がSNSで曲のアレンジができる人を探していたんです。それを私が見つけて、2人で曲のアレンジをやっていたんですけど、そのうちにバンドをやってみようという話になったので、三井君の専門学校の同級生だったオショウ君を呼んできて、最初はベースを探しながらライヴはせずに3人でスタジオに入ってずっと曲作りをしてました。その後、ベースのなお君が加わって、現在のラインナップになったのが2009年の夏ぐらい。そのころから徐々にライヴもするようになって、"mona records レーベルオーディション 2011"で準グランプリをいただいたころから段々、活動が活発になっていったんです。

-三井さんは最初、バンドをやろうという気持ちはそんなになかったんですか?

三井 拓郎(以下三井):そうですね。細かいことを言えば、僕、ピアノが弾けなかったので、僕の曲にピアノを入れてくれる人っていう意味でアレンジできる人を探していたんです。宅録で曲を作り始めたとき、最初はドミソって一音一音打ち込みながらピアノの音を入れたんですけど、さすがに時間がかかってしまうんで、弾いてくれる人がいれば楽だなって思って(笑)。ピアノの音が加わると、曲の幅が広がると思ったんです。本当は押尾コータローさんのようなソロ・ギタリストを目指していたんですよ。だから、専門学校も押尾さんが出たところに行きました。入学する時、面接があったんだけど、そこで"僕は押尾コータローになります"と言ったんです。そしたら"押尾君は2人も要らないから"って言われて、いきなり挫折したんです(笑)。

-いやいやいや、挫折するの早すぎませんか?(笑)

三井:目が覚めたんですよ。確かに押尾コータローは2人も要らない。それで曲を作ることにシフトして、宅録で曲を作り始めたんですけど、ピアノがあったらもっときれいだろうなって。

-三井さんが作った曲を演奏するためにスタートしたバンドなんですね?

オショウチータ(以下オショウ):そうですね。そのころからストックが大量にあったんですよ。曲を作るスピードがすごく早いんです。

三井:1年半ぐらい、うちにこもってずっと曲ばかり作ってたんです(笑)。だからバンドを始めた時点で200曲あって、その中からみんながやりたい曲を選んでもらったんですよ。

-三井さんの曲に、みなさんが魅力を感じているってことですよね?

izumi:そこは最初から変わらないですね。

オショウ:非凡な作曲センス......なの?

三井:"なの?"って僕に聞かれても(笑)。

izumi:最初はずっと歌いたがらなくて、女性ヴォーカルを探してたんですよ。

三井:女性ヴォーカルが好きだったんですよ。原田知世さんとか。そういう音楽をやりたいと思ってたんですけど、なかなか見つからなくて。

izumi:代わりに三井君がデモに入れてきた仮歌がすごくよくて、三井君以外の3人が"自分で歌ったらいいじゃん!"って(笑)。でも、最初はすごく嫌がってましたね。

オショウ:そこを、ぜひぜひと推して推して(笑)。

- "次世代シティ・ポップ・ロック"と資料で謳っているサウンドにはどんなふうに辿りついたんですか?

三井:シティ・ポップをやろうと考えたわけではなくて、たぶん僕の母親が聴いていた荒井由実さんとかオフコースとかチューリップとか、そのへんの音楽が潜在的にあって、そこに自分がやりたいと思っていたジャズが加わって、うまい具合に調和しているのかなって思います。

izumi:誰かっぽいって言われるのは嫌だってずっと言ってたよね。

三井:そうなんですよ。"爽やかだね"って言われると、次の曲は絶対、暗い曲にしてやろうって思ったり、"誰々っぽい"と言われると、全然違うジャンルの音楽を聴きこんだり、そういうところはありますね(笑)。