Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

岡山の野外フェス"hoshioto"のリベンジ・イベント"re:hoshioto 20-21"、最終ラインナップとタイムテーブル発表

2021.10.07 21:00

岡山の野外フェス"hoshioto"のリベンジ・イベント"re:hoshioto 20-21"、最終ラインナップとタイムテーブル発表

2年連続で開催中止となった岡山県井原市青野町葡萄浪漫館で開催される野外フェスティバル"hoshioto"のリベンジ・イベントとして10月30日に同じ場所にて"re:hoshioto 20-21"が開催される。
 
最終ラインナップとして、秋山紘希(homme)Monthly Mu & New Caledoniaの出演が決定。そして、"hoshioto TALK session"として永井純一(関西国際大学 准教授)板東さえか(FM 802 DJ)津田昌太朗の出演も決定した。"hoshioto TALK session"には当日ゲストも入る予定とのこと。
 
そして、タイムテーブルも合わせて発表された。今回は4つのステージで開催されヘッド・ライナーの"サニーデイ・サービス"がSKY FIELDの大トリとなる。
 
rehoshioto2021_tt.jpg
 
新型コロナウイルス感染症対策として来場者数をキャパの半分以下、出演者数も少なくし、会場も通常よりもキャンプ・タープ・サイトやレジャー・シート・エリアも広げるなど対応を行う。入場時に個人情報の入力や検温・消毒も行い、ステージ前では密にならないように対策なども行う。2年連続で"hoshioto"を開催出来なかった分"re:hoshioto 20-21"では色々な制限があるが、コンセプトである"最高の星空の下で最高の音楽を"の通り、秋の夜長にゆったりと音楽や星空を楽しんでもらいたい。

会場である青野町葡萄浪漫館は、雄大な自然に囲まれ夜には素晴らしい星空が広がる場所となる。"hoshioto"同様にキッズ・エリア、フード・コート、ワークショップも充実しており、個人でも家族でも参加しやすく過ごしやすく、3世代で参加できるフェスティバルである。また、"re:hoshioto 20-21"に出店するお店も合わせて発表された。こちらもぜひチェックしよう。

 

▼イベント情報
"re:hoshioto 20-21"
10月30日(土)岡山県井原市青野町 葡萄浪漫館
OPEN / START 9:30 / CLOSE 21:30(予定)※キャンプは10月31日(日)12:00 CLOSE
出演アーティスト:サニーデイ・サービス / Salyu ×近藤康平 / 秋山紘希(homme) [NEW] / アメノイロ。 / 大平伸正 / オオヤユウスケ(Polaris) / CRAZY VODKA TONIC / ココロオークション / SAKANAMON / SCOOBIE DO / sleepy.ab / The Songbards / 樽木栄一郎 / 鶴 / TENDOUJI / TOMOVSKY / 波多野裕文(People In The Box) / ヒグチアイ / 土屋雄太 / 羊文学 / 広沢タダシ / 眉村ちあき / 室田夏海 / MONO NO AWARE / Monthly Mu & New Caledonia [NEW]

<other act>
MARNIHEISH(VJ) / 星空メッセンジャーササキユウタ / カガワスマイルキッズプロジェクト / BunbukuChagama

<Festival Life pre hoshioto TALK session>
永井純一(関西国際大学 准教授) [NEW] / 板東さえか(FM 802 DJ)[NEW] / 津田昌太朗(Festival Life) [NEW]


[チケット]
・前売券 ¥6,000
・前売券+場内駐車券 ¥8,500 ※SOLD OUT
・前売券+場外駐車券 ¥7,500
・学割券(中高生) ¥2,500
・当日券 ¥7,500
・キャンプ券 ¥5,000
・中学生以下は無料
福山駅-会場シャトルバス
・¥3,500(Peatixにて販売)
公式サイト:http://hoshioto.net


関連アーティスト

hoshioto