Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

MAISONdes、新曲「Grumpy feat. 春野, Aqu3ra」8/18リリース決定。同日21時よりMVプレミア公開

2021.08.17 21:00

MAISONdes、新曲「Grumpy feat. 春野, Aqu3ra」8/18リリース決定。同日21時よりMVプレミア公開

今年2月より突如YouTubeチャンネルが立ち上がり、yamaや泣き虫☔、くじらやさとうもか、堂村璃羽や、和ぬか、ヒップホップ・シーンからも変態紳士クラブのGeGなど、音楽シーンを牽引するアーティスト・クリエイターたちを自身のコンセプトである"どこかにある架空のアパート"の"入居者"と見立て、次々にフィーチャリングした楽曲を連続して発表しているMAISONdes(メゾンデ)。5月に配信された「ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi」が8月に入りTikTokで大きくバイラルし、TikTok楽曲チャート2週連続1位を獲得、"#ヨワネハキ"の動画の視聴回数は9,000万回を超え1億回に迫る勢いで、LINE MUSICリアルタイム・チャート1位やSpotifyバイラル・チャートTOP10入りなど、"今もっともネットで使われている曲"となっている。
 
そんなMAISONdesが、明日8月18日0時に新曲「Grumpy feat. 春野, Aqu3ra」をリリースすることを発表。また、MVもMAISONdesの公式YouTube Channelで同日21時からプレミア公開となる。プレミア公開の視聴予約ページがすでに立ち上がり、春野が手掛けた楽曲の歌詞だけが先んじて概要欄でチェックできる。
 

[308号室]「Grumpy feat. 春野, Aqu3ra」
 
ボカロという共通点はありつつも、それぞれ全く別の活動形態/ジャンル/シーンで活躍する春野とAqu3ra。今回は春野が楽曲の詞/曲とアレンジを手掛け、Aqu3raが歌っている。
 
"MAISONdes"は"どこかにある六畳半アパートの、各部屋の住人の歌"を楽曲毎に"歌い手"、"作り手"を替えて発表している、新しいタイプのアーティスト。架空のアパートであるMAISONdesという仮住まいは、同じ時代を生きるアーティストたちを引き合わせ、ここでしか生まれないコラボレーションで楽曲を発表。入居したアーティストたちは、"六畳半の部屋の住人の歌"というコンセプト以外は、自らの活動以上に自由に表現を行っている。
 
101号室の歌として「Hello/Hello feat. yama, 泣き虫☔」、310号室の歌として「For ten minutes, for a hundred yen feat. さとうもか, くじら」、000号室の歌として「本当は夜の端まで、 feat. おおお, くじら」、301号室の歌として「いえない feat. 堂村璃羽, 301, GeG」、TikTokを中心にSNSを席巻している102号室の歌「ヨワネハキ」は、作詞作曲は"和ぬか"が手掛け、"asmi"のヴォーカルに併せて和ぬかがコーラスも担当。直近の作品は103号室で、元ぼくりりのたなかとDUSTCELLのヴォーカル EMAによる「ダンス・ダンス・ダダ feat. EMA, たなか」である。
 
308号室の曲として発表される今回のタイトルの和訳は"不機嫌そう"。楽曲のイメージをつかさどるイラストは、これまでの作品に引き続きNAKAKI PANTZが担当している。
 


▼リリース情報
MAISONdes
308号室
「Grumpy feat. 春野, Aqu3ra」
maisondes_grumpy.jpg
2021.08.18 ON SALE
 
配信はこちら

 
103号室
「ダンス・ダンス・ダダ feat. EMA, たなか」
NOW ON SALE
 
配信はこちら

 

■MAISONdes
YouTube Channel:https://www.youtube.com/channel/UCgRgH7nHGEV7q0QrtIuWoUA
Twitter:@MAISONdes_6half
Instagram:https://www.instagram.com/maisondes_6half
TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSE4fJ3P/