Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

私立恵比寿中学

Skream! マガジン 2022年08月号掲載

私立恵比寿中学

Official Site

2022.07.09 @LINE CUBE SHIBUYA

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by スターダストプロモーション

メジャー・デビュー10周年を迎えたエビ中(私立恵比寿中学)が、セルフ・タイトルの新体制初アルバム『私立恵比寿中学』を引っ提げ、3ヶ月にわたって全国を回った"私立恵比寿中学10th Anniversary Tour 2022~drawer~"。このツアーは、現体制初の春ツアーであり、柏木ひなたが12月に"転校"するため現体制最後の春ツアーでもある。グループにとって様々な意味を持つ、本ツアーのファイナルがLINE CUBE SHIBUYAで開催された。

開演前、西洋美術館のギャラリーを思わせる白を基調としたステージを、9色のメンバー・カラーのライトが照らしていた。"何色にも染めることができるし、染めてもらうこともできる"――本誌インタビュー(※2022年3月特別号掲載)で、エビ中をそう表現していた真山りかの言葉が思い出される。実際、この日のライヴはそんなエビ中の特性を体現したような出来栄えだった。

これから始まるライヴが彩り豊かなものになることを暗示するように、カラフルな衣装で登場したエビ中メンバーがこの日最初に披露したのは「全力☆ランナー」。爽やかに駆け抜けていく疾走感がありつつも、ピアノと歌唱が心を揺さぶる青春ナンバーだ。歌唱技術があり、且つ個性を弾けさせた歌声が素晴らしく、加えて2階席から観る9人のフォーメーションの美しさには目を奪われた。10年間歌い続けてきたメジャー・デビュー曲「仮契約のシンデレラ」では、先輩メンバー6人(真山りか、安本彩花、星名美怜、柏木ひなた、小林歌穂、中山莉子)の練度の高さを見せるとともに、昨年2021年に加入した3名(桜木心菜、小久保柚乃、風見和香)の目覚ましい成長も感じさせてくれる。

続いて「さよなら秘密基地」へ。始まりの曲から最新アルバム『私立恵比寿中学』収録曲に繋げる流れは思い切りの良さがあるように思えたが、10年前はまだ幼かった少女たちが、当時にはきっと歌えない、けれど成長した今だからこそできる感情表現で歌う「さよなら秘密基地」は、デビュー曲とのコントラストが良く映えていた。そんな「さよなら秘密基地」から「シュガーグレーズ」、「きゅるん」、「トキメキ的週末論」と4曲連続で最新アルバムからパフォーマンス。アイドルらしいポップでかわいらしい曲から、どこかノスタルジックな曲、クールでアーティスティックな曲まで歌いこなす。まさに"何色にも染めることができるし、染めてもらうこともできる"というエビ中の現在の真骨頂を発揮したセクションだったと言えるだろう。

なお今回のツアーでは、アルバム『私立恵比寿中学』収録の新曲が公演ごとに分けて披露されていたのだが、MCでは小久保が"今日はツアー・ファイナル。スペシャル・バージョンなので、(アルバムの曲を)全部やります"と、盛大にネタバレする場面もあった。それはそれでエビ中らしさであって、ほっこりしたファミリー(※エビ中ファン)も多かったことだろう。

柏木が歌唱で引っ張っていった「I'll be here」、マイク・スタンドを用いて大人なエビ中の歌声で魅了した「愛のレンタル」と続けてライヴ中盤戦へ。イントロが流れた瞬間にLINE CUBE SHIBUYAがざわつきだしたのは、「未確認中学生X」だ。アッパーなダンス・サウンドに乗せてエビ中とファミリーが一体となって踊り倒す。そんな光景を観ていたら、アゲ曲にもかかわらずなんだか目頭が熱くなる。メジャー・デビュー10周年という節目に行われたこのツアー。きっと人それぞれに思い入れが強い曲があるはずで、筆者のように、ふとこみ上げる瞬間がそれぞれにあったんじゃないだろうか。

情感たっぷりな歌唱を引き出す極上のポスト・ロック「春の嵐」を経て、ベース、キーボード、ドラム、ギター、4種の楽器に対応したスポットライトに触れると、その楽器の音色が流れ出すギミックが出現。真山、柏木、中山、風見の4人がパントマイムで笑いを誘う。それから4人で「でかどんでん」をパフォーマンスすると、小林、小久保のふたりはピアノ・バラードの「約束」を披露。今度は安本、星名、桜木がオープンカーに乗ってステージに登場し、夜のドライブの映像と共に「結ばれた想い」を届ける。エンターテイメント性溢れる演出が続いたが、その極めつけはお次の「夏だぜジョニー」だった。ギャルに扮した(でも、全然扮せていない)安本、星名、桜木が曲振りをすると、シャチフロートやスイカのビーチボールなど、夏らしさ全開のアイテムを持った他メンバーが合流する。柏木に至っては、宇宙人的な何かに抱えられてくるというシュールな姿で登場。こういったハチャメチャでワチャワチャなところもエビ中の魅力なのは間違いない。

するとここから"ハリー・ポッター"に出てくるような、喋る肖像画に扮したメンバー9人による寸劇が始まる。どうやら、絵画たちがいる私立恵比寿美術館(ステージ・セット)に泥棒が忍びこむという。そこで9枚の絵画が泥棒を撃退するため、歌で泥棒の足止めをして警察の到着を待つことに。そんなわけで、"泥棒が悔い改めるような、幸せになるような曲"という選曲で「ハッピーエンドとそれから」を披露した。温かで優しい歌声を聴いていると、心がほぐれ、洗われていく感覚になる。見事に"歌作戦"を成功させたエビ中は、「宇宙は砂時計」、「ナガレボシ」、「イエローライト」と、再びアルバム『私立恵比寿中学』から立て続けにパフォーマンスしていく。『私立恵比寿中学』収録曲はそれぞれ違うカラーを持っていて、曲が展開していくたびにLINE CUBE SHIBUYAがその曲の色で塗り重ねられていくようで、その光景はタイトルとして掲げた"drawer"という言葉に相応しかった。

「靴紐とファンファーレ」でクライマックスに向けて歩みだしたエビ中は、"嫌なことを全部ここに置いて帰ってください。私たちが歌で浄化させます"と真山が語り掛けてから「ポップコーントーン」、「イヤフォン・ライオット」と歌を繋いでいき、最後に「COLOR」を披露。希望を手渡すように、歌で想いを届けて本編はフィナーレを迎えた。

アンコールは、華やかでエネルギッシュ、だけれど青春の刹那性、儚さも滲み出るエビ中の新たな夏曲「青春ゾンビィィズ」の初披露でスタート。続いて「Anytime, Anywhere」でクラップを沸き起こして会場とステージを一体にすると、春から続いたツアーのラストを飾ったのは「手をつなごう」だった。"柏木ひなたと言えば"というイメージも強かったこの曲。"みなさんの温かさにいつも支えられてきています。本当にありがとうございます。このツアーも今日でファイナルとなりました。最後の最後までみんなで心をひとつに楽しんでいきましょう"(柏木)――そう語ってから、柏木の独唱がLINE CUBE SHIBUYAに響き渡り、楽器とメンバーの歌唱が交じり合っていく。そしてファミリーは、振付に合わせてペンライトを振ってこれに応える。メジャー・デビューを果たしてから10年間、片時も離れず手を繋いで歩いてきたエビ中とファミリーが、その絆をお互いに確かめ合うような時間だった。

アンコール終了後、ファンに感謝を伝えた9人は、後ろを向いて、一緒にツアーを回ってきたステージ・セットに深々と頭を下げる。そして頭を上げると、モニターには"ツアー完走おめでとう! 全国のエビ中ファミリー&スタッフ一同"の文字が。これにはメンバーも"ギャー!"と大騒ぎ。メンバー、ファン、スタッフ、それぞれの愛に溢れた一夜を象徴するサプライズ演出で、現体制最初で最後の春ツアーは完結を迎えたのだ。


[Setlist]
1. 全力☆ランナー
2. シンガロン・シンガソン
3. 仮契約のシンデレラ
4. さよなら秘密基地
5. シュガーグレーズ
6. きゅるん
7. トキメキ的週末論
8. I'll be here
9. 愛のレンタル
10. 未確認中学生X
11. 春の嵐
12. でかどんでん(ユニット:真山りか / 柏木ひなた / 中山莉子 / 風見和香)
13. 約束(ユニット:小林歌穂 / 小久保柚乃)
14. 結ばれた想い(ユニット:安本彩花 / 星名美怜 / 桜木心菜)
15. 夏だぜジョニー
16. ハッピーエンドとそれから
17. 宇宙は砂時計
18. ナガレボシ
19. イエローライト
20. 靴紐とファンファーレ
21. ポップコーントーン
22. イヤフォン・ライオット
23. COLOR
En1. 青春ゾンビィィズ
En2. Anytime, Anywhere
En3. 手をつなごう

  • 1