Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

私立恵比寿中学

Skream! マガジン 2022年02月号掲載

私立恵比寿中学

Official Site

2021.12.28 @東京ガーデンシアター

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by 中島たくみ

エビ中(私立恵比寿中学)は、らしさ、アイデンティティを失わずに新生し、10年、20年先を見据えて歩きだす。そのために"Reboot"するタイミングが今だったのだ。

私立恵比寿中学が、年末恒例のライヴ"大学芸会"を開催した。エビ中の2021年は、7年ぶりの新メンバーが3名(桜木心菜、小久保柚乃、風見和香)加入し、休養中だった安本彩花が復帰、さらに柏木ひなたの芸能活動の一時的な休養もあり、激動の1年だったと言える。フル・メンバーで臨む初の大学芸会のタイトルに"Reboot"="再起動"を掲げた想いは、推して知るべしだろう。今回の大学芸会は、12月27日、28日の2デイズで実施。その2日目の模様をレポートする。

制服を着たメンバーがそれぞれの学園生活を送るなかで、担当カラーの衣装に出会っていくストーリー仕立てのオープニング・ムービーが流れる。するとその衣装を身に纏った9人が、EDM調にアレンジされたお馴染みのSEを背に、クラブ風の煌びやかなステージに登場。ライヴは安本による「イヤフォン・ライオット」の歌い出しで開幕した。結成から数えたら12年のキャリアを持つエビ中。その先輩メンバーの歌唱の安定感は言うまでもないが、驚くべきは桜木、小久保、風見の3人が見事に食らいついていることだ。曲中にブレイクが入り"今年ラストのワンマン・ライヴ、覚悟しておけよ。盛り上がって行くぞぉ!"と安本が声を上げる。映像の花火とリアルの花火、そしてエビ中ファミリー(※エビ中ファン)のペンライトが9人の笑顔を照らし、最高の形でスタートを切った。

目まぐるしく曲調が変化する超展開のなかEDMパートで飛び跳ねる「Family Complex」から、疾走感溢れる「ちちんぷい」とアッパーな楽曲たちでアゲ続けていく。そんな新体制のエビ中を観ていると、ずっとこの9人体制だったんじゃないかと思えてしまう瞬間がたびたびあった。それだけのグルーヴがステージ上で醸し出されていたのだ。「頑張ってる途中」では、パフォーマンスと共に練習風景が映し出されるなんともエモーショナルな演出が施されたのだが、先ほど感じたグルーヴを出せるようになるまでの過程が表れているようで胸が熱くなる。ラスサビ前には、絶賛"頑張ってる途中"の桜木、小久保、風見の3人が"あたし達まだまだ成長中!"とキラキラした表情で歌い上げた。続いてパフォーマンスしたのは「サドンデス」だ。楽曲を提供した岡崎体育のエンターテイナー精神が爆発したこの曲。お馴染みのダンス・バトル中に、中山莉子が"新メンバーが入っても、興味がない!"と叫んだところには思わず笑ったが、柏木が"3人はもう立派なメンバーだよ"と語り掛けたシーンにはグッと来た。

中盤にはユニット・コーナーが設けられ、安本と風見が「君のままで」をギター・アレンジで届け、真山りか、星名美怜、小林歌穂、小久保の4人はこの季節にピッタリの「フユコイ」を、柏木、中山、桜木は「アンコールの恋」を披露。新メンバー3人は堂々たる歌唱で魅せ、それぞれが存在感を示すと、ここから涙なしでは観ることができない後半へ。"あなたにとってエビ中ファミリーとは"というテーマでメンバーひとりひとりが愛のある想いを語った映像ののち、ブルーの衣装にチェンジして「YELL」でエビ中ファミリーへのエールを届けていく。この場に集まったエビ中ファミリーも、彼女たちに応えるように、おびただしい数のペンライトを輝かせた。「スーパーヒーロー」、「星の数え方」と感情たっぷりに歌われる曲が続き、何度も何度も感動が押し寄せてくるなか、今度は"あなたにとってエビ中とは"と題したムービーが流れ「仮契約のシンデレラ」を披露。"Reboot"に相応しくメジャー・デビュー曲で締めくくり(あるいはこの曲で"Reboot"が始まったのかもしれない)、"これからも初心を忘れず、9人で一緒に頑張っていくぞ!"、"イエッサー!!"と特別バージョンで曲を結んだ。

ライヴは近年のエビ中における、名曲中の名曲「ジャンプ」からクライマックスに突入。長期休養をしていた安本が自身のメイン曲で"今だ"と叫ぶ姿を生で観ている。その感動に打ち震えた。本編を締めくくったのは、そんな安本が遠くを見上げ、涙ぐみながら慈愛に満ちた歌声で落ちサビを歌い上げた「なないろ」だ。青い衣装を着て、"止まらない気持ち/キミが教えてくれた"と歌う。そう、エビ中の記憶、受け継がれた想いは決して消えることはない。だからこそエビ中は止まらないし、未来に向かって進み続けているのだ。

余韻が残るなか、アンコールでは生バンドが登場。初オリジナル曲「えびぞりダイアモンド!!」から「自由へ道連れ」、「響」と披露していき、最後は未来へ繋がる1曲として、3月にリリースされるニュー・アルバム『私立恵比寿中学』から新曲「Anytime, Anywhere」を届けた。温かなバンド・サウンドが生み出す心地よいミドル・テンポ、そして9人の飾らない歌声で東京ガーデンシアターライヴを包み込み、エビ中ファミリーはハンド・クラップで応える。大学芸会は幸福感に包まれつつ終幕した。

ライヴに"Reboot"と掲げたこと、そしてアルバムをセルフ・タイトルにしたこと。この日は、未来に向かっていくエビ中の並々ならぬ想いを感じた。


[Setlist]
1. イヤフォン・ライオット
2. Family Complex
3. ちちんぷい
4. オメカシ・フィーバー
5. SHAKE! SHAKE!
6. 頑張ってる途中
7. サドンデス
8. イエローライト
9. 君のままで(ユニット:安本彩花 / 風見和香)
10. フユコイ(ユニット:真山りか / 星名美怜 / 小林歌穂 / 小久保柚乃)
11. アンコールの恋(ユニット:柏木ひなた / 中山莉子 / 桜木心菜)
12. EBINOMICS
13. イート・ザ・大目玉
14. HOT UP!!!
15. YELL
16. スーパーヒーロー
17. 星の数え方
18. 仮契約のシンデレラ
19. スターダストライト
20. 感情電車
21. ジャンプ
22. なないろ
En1. えびぞりダイアモンド!!
En2. 自由へ道連れ
En3. 響
En4. Anytime, Anywhere

  • 1