Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

てのひらえる / CODE OF ZERO / リトルリリス

Skream! マガジン 2021年08月号掲載

2021.06.22 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 伊藤 美咲 Photo by 清水舞

メディア"Skream!"、"激ロック"を有する激ロックエンタテインメントがプロデュースするライヴハウス、下北沢LIVEHOLICの6周年を記念した"LIVEHOLIC 6th Anniversary series"がスタートし、6月22日の初日公演は同社プロデュースの美容室 ROCK HAiR FACTORY(通称:ロクヘア)も6月に3周年を迎えるということで、両者のコラボ・イベントとして開催。ロクヘアとかかわりの深いCODE OF ZERO、てのひらえる、リトルリリスの3アーティストがお祝いに駆けつけた。
また、ロクヘアとのコラボ企画ということで、ライヴ・パフォーマンスの前に、ライヴハウスでは異例となる出演ヴォーカリスト3人の公開ヘアセットがステージ上で披露された。

ヘアセット道具が並べられ、いつもとは違ったステージの上でてのひらえる、0C(CODE OF ZERO)、Lilly(リトルリリス/Vo/Vn)の3人が、順番にロクヘア店長のRIKAによって華やかにスタイリングされていく。施術中はそれぞれがロクヘアに行ったときのエピソードを話したり、観客がBGMに合わせて手拍子を鳴らしたりと終始和やかで微笑ましい時間だった。RIKAお手製のヘッドドレスをつけてセットが完了し、会場も温まったところで、いよいよライヴがスタートした。


トップバッターを務めたのは、エモーショナル・ガールズ・ロック・バンド、リトルリリスだ。黒の衣装に映える白い百合のヘッドドレスを身につけ、サイドに流した髪がセクシーなLillyが"最高に楽しい夜にしましょう"と開幕宣言を放ち、クールなギター・ソロが印象的な「Starting Over」でライヴはスタートした。そのまま「Glass Sniper(Type 1.02g)」、「WANNA to BE」を披露し、フロアに響くバンド・サウンドとLillyの力強い歌声でその場にいた全員を魅了する。観客も手を挙げることでメンバーに負けじと会場のボルテージを上昇させ、MCでは"(髪型)かわいいですか?"というLillyの問い掛けに、フロアが拍手で答える場面も(ちなみに、Lilly以外のメンバーもロクヘアでセットしてもらったとのこと)。さらにジャジーなナンバー「嘘」では、ドラマチックなヴァイオリンの音を響かせるだけでなく、各メンバーの技が光るソロ回しでさらに会場を熱くしていく。メンバーがリスナーとコミュニケーションを取るときの笑顔と、音を奏でるときに垣間見える真剣な表情のギャップにもグッときた。


続いてステージに姿を現したのは、CODE OF ZERO。チュールのヘッドドレスと青髪がよく似合う0Cが"CODE OF ZERO、始めます"と発し、ライヴが始まった。1曲目にアッパー・チューン「君だけがいない世界」をプレイし、アグレッシヴな「MAKE ME REAL」に繋げていく。0Cも観客も一緒にハンドクラップやヘドバンをし、序盤から最高潮の盛り上がりを見せてくれた。MCを挟み"楽しんでいけますか、下北!"と声を掛けたあとは、エレクトロ・ナンバー「QAdream」や、ロック・チューン「Deep Above」をドロップ。次々と畳み掛けられる激しいサウンドには思わず身体が動いてしまいっぱなしだったし、0Cの髪に飾られたチェーンも動くたびに光っていて、彼女をさらに輝かせる。"最後、拳貸してくれますか!"と0Cが呼び掛け、会場がひとつになったところで、ラストの「out of control」がエネルギッシュに歌い上げられた。30分間のステージが一瞬に感じるほど、CODE OF ZEROの全力で勢いのあるパフォーマンスに引き込まれたライヴだった。


この日のトリを飾ったのは、てのひらえる。SEが流れた瞬間から拳を掲げたリスナーに迎えられた彼女は、衣装にリンクした赤や黒のチュールを纏ったガーリーなツインテール姿で登場。公開ヘアセット時の"今日はチェキ10枚撮ってもいいくらいだよね!?"と言っていたほがらかな様子からは一転、1曲目「アウトサイダー」が始まると、手を大きく広げたり、ヘドバンしたりとパワフルなパフォーマンスと歌声を披露する。また、「天使の讃美歌」に込められた、"何があっても強く生きていこうね!"というメッセージには、昨今の人と会いづらい状況でも"私はひとりじゃないんだ"と思える安心感があり、背中を押された。オーディエンスも身体を揺らしたり手を鳴らしたりと、それぞれが好きなように音を楽しんでいたのも印象的だ。後半にはこれからの季節にぴったりなガガガSPのカバー曲「線香花火」を熱く歌い、ラストはファン・ネームを表題にした「NUMBER50」で締めくくった。こうして、三者三様にステージを盛り上げた本イベントは終了。"LIVEHOLIC 6th Anniversary series"のスタートに相応しい、終始エネルギーに満ちた時間だった。

  • 1