Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

CODE OF ZERO

Skream! マガジン 2021年09月号掲載

2021.07.31 @shibuya eggman

Reported by 秦 理絵 Photo by 小林 弘輔

ライヴ・タイトルに掲げる"O/F/N/S"とは、Our Feelings NEVER SLEEP。直訳すると、私たちの感情を決して眠らせてはいけない、という意味だ。この言葉は、今年2月にCODE OF ZEROが赤羽 ReNY alphaで開催したワンマン・ライヴにも掲げられていた。心を眠らさないで感じたままに楽しもう。そんな想いで開催された2月の赤羽は、スクリーン映像に歌詞を映し出すなど、"伝えること"を重視したライヴだった。あの日のことを、0Cは"想いを伝えることで精一杯で、忘れてたことがあった"と振り返る。自分が本来のライヴハウスに求めていたものとは違ったのではないか。
そんな自問自答から、再び同じタイトルを掲げたリベンジ・ツアーが、今回の["O/F/N/S" Tour]だ。0Cと同じく、自分の居場所は音楽にしかない、そんな覚悟でバンドにすべてを注ぐガールズ・バンド、ЯeaLと共に東名阪をまわった全3公演。そのファイナルとなったshibuya eggmanは、コロナ禍においても、変わらないライヴハウスの価値を妥協なく追求する熱いライヴが繰り広げられた。

先にステージに立ったのはЯeaLだ。「仮面ミーハー女子」を皮切りに、骨太でダンサブルな「サイケデリックダンス」、艶やかなロック・バラード「36.8」など、昨年9月にリリースしたアルバム『ライトアップアンビバレンツ』の収録曲を中心に、現在進行形のバンドの意地をぶつける渾身のステージでフロアを湧かせた。MCでは、今回のツアーに誘われたとき、ふたつ返事で快諾したと振り返ったRyoko(Vo/Gt)。"(0Cは)私のことを私以上に考えてくれる、私以上に泣いてくれる"大切な存在であることも明かす。とはいえ、対バンに友達だからという忖度はなし。リスペクトを寄せるからこそ、ラストの「Brilliant escape」まで全力で畳み掛け、同志 CODE OF ZEROに繋いだ。

"うちらの苦しいも、楽しいも詰まった東京で、一緒に最高のライヴを作ってくれますか?"。0Cが問い掛けると、ツアー・タイトルに込めた想いにも通じる「The Feelings NEVER SLEEP」からライヴは始まった。ハンドマイクで、大きく身振りを使いながら、人懐こくポップなメロディと共に投げ掛ける0Cの目は、フロアのお客さんの姿をしっかりと捉えている。"ライヴハウスがどんなところかっていうのを、うちらが証明してやろうぜ!"と呼び掛けて、「MAKE ME REAL」へ。ナカツカルイ(Dr)、渡辺"kagome"佑輔(Ba)、-○-○-(Gt)、yu-ya(Gt/vivid undress)が繰り出す重厚なバンド・サウンドの中で、ファルセットを交えた0Cの切実なヴォーカルが、生きるとは何か、を歌う。

MCでは、リベンジとなる今回のライヴの意味を丁寧に伝えた。"一秒一秒を大切にして最高の景色を作りたい"。そう意気込みを示すと、EDMとラウドロックが融合した「QAdream」や「WAKE UP GET UP」といった激しくも美しいサウンドスケープにのせて、全身で歌を浴びせ掛けていく。「WAKE UP GET UP」のあと、本来はMCを挟む予定がなかったというが、コロナ禍にあって、これまでお客さんと一緒にシンガロングをする「WAKE UP GET UP」のような曲はやってこなかったぶん、あふれる想いが堰を切ったのだろう。"ライヴハウスが味方であってほしい"、"私に気持ちをぶつけてほしい"と、これでもかと言葉を重ねた。

ぐっとテンポを落とした「Dorothy's F」から、カラフルな照明がステージを彩った「Triad Tryout」。曲ごとに異なる景色を描きながら、その合間には、いかに自分がライヴハウスという場所を渇望しているか、音楽を生き甲斐にしているかを語り掛けた。東京への想いを綴った「missing」、激しいヘドバンを誘った「TRUE TO MYSELF」や「out of control」へと、クライマックスは否応なく身体が動く楽曲を容赦なく連発。本編最後のMCでは、"出会えて嬉しいです。自分の心、みんなの心を殺さない。こういうご時世でも音楽を殺したくない。そういう想いでやっています"と、音楽にその身を捧げる覚悟を改めて伝えた。ラスト・ソングは"最後、この曲かぁ......"と不服そうに漏らし、急遽予定を変更。開放感あふれる「Kick Up The Ground」で締めくくった。

"本当にやっていいですか?"と登場したアンコールでは、新曲「WHAT IS THE BRAVE?」が披露された。"勇敢さとは何か?"を問い掛け、0Cが自分なりの答えを書いた曲だ。そんな、そこにいるすべての人たちをより良い未来へ扇動するような、壮大なラウド・ナンバーを力強く届けると、最後は"みんなと心を通わせて帰れたらと思います"と言って、「L.I.F.E.」で終演。"人生に無駄なことなんてひとつもないよね"。そう伝えた0Cは、この日一番の笑顔を見せてくれた。

この日、予定ではステージで流す映像も用意していたが、実現できなかったと明かした0Cは、MCで"今日は思うようにいかなかった"、"またリベンジせなあかんなって感じです"と、本音を漏らす場面もあった。一般論として、ステージに立つ人間はそういうことを言わないことが多い。伝えたい気持ちが多すぎて空回りしている部分もあったと思う。だが、嘘偽りなく、本当のことを包み隠さないのが0Cらしさなのだろう。"正直、かっこ悪いところも曝け出したんですけど、いつか、ついてきて良かったなって絶対に思わせるから"。そんな剥き出しの想いが胸を打った。


[CODE OF ZERO Setlist]
1. The Feelings NEVER SLEEP
2. MAKE ME REAL
3. QAdream
4. WAKE UP GET UP
5. Dorothy's F
6. Triad Tryout
7. missing
8. TRUE TO MYSELF
9. out of control
10. Kick Up The Ground
En1. WHAT IS THE BRAVE?
En2. L.I.F.E.

  • 1