Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

sora tob sakana

Skream! マガジン 2019年11月号掲載

sora tob sakana

Official Site

2019.10.22 @浅草花劇場

Reported by 宮﨑 大樹

この日、sora tob sakanaが扉を開いた先で出会ったのは、ただならぬ雰囲気を身に纏った若き音楽家だった。

sora tob sakanaの対バン企画"sora tob sakana presents. ~月面の扉~"。その第8回目となる公演に登場したのは音楽家の君島大空。この日は着席ライヴということもあってか、まるでこれから独演の舞台が始まるかのような、独特の緊張感が会場に漂っていたようにも思える。しかし、君島がインストの「叙景#1」から「鬼壓床」、「散瞳」、「向こう髪」と披露し、色合いの異なる曲でフロアを彩っていくと、観客は君島の音楽が持つ引力に引き込まれ、あっという間に彼のアーティスティックな空気で浅草花劇場が満たされた。とりわけ「散瞳」で鳴らしたアコースティック・ギターの温かい音色と、エフェクトを効かせた機械的な歌声の融合は、思わず呼吸を忘れてしまうほど魅力的であった。君島には、sora tob sakanaへ「燃えない呪文」という曲を提供した縁がある。そんな君島からsora tob sakanaへ"愛を表明する"ために「夜空を全部」のカバーが披露された。君島のフィルターを通した「夜空を全部」は、sora tob sakanaのものとはまた違う情景を見せていく。それはまるで、静かな夜の海辺で星空を眺めるかのような心象風景だった。

君島がステージへsora tob sakanaを招くと、彼が提供した「燃えない呪文」でアコースティック・コラボが始まった。君島が優しく語り掛けるように奏でたアコースティック・ギターに乗せて広がっていく、sora tob sakanaのメンバーが紡ぐメロディ。神﨑風花の優しい歌声、寺口夏花のまっすぐに伸びる歌唱、山崎 愛の透き通った声質、それぞれのソロ・パートもユニゾンも、オリジナルとは異なる表情を見せ観客はうっとりと酔いしれる。さらに君島は"もう1曲やってみたいなという曲がありまして。照井(順政/音楽プロデューサー/ハイスイノナサ/siraph)さんと連絡を取り合っていて、「これしかなくねぇか」みたいな感じになった曲があってですね。僕もすごく好きな曲で、せっかくなのでやってみようと思います"と「ありふれた群青」を披露。君島自身も歌に参加し、sora tob sakanaの歌声に第4の歌声が入ることで味わい深い音像が生まれていく。コラボを終え、君島とsora tob sakanaがステージをあとにすると、大きな拍手が鳴り響いた。

コラボレーションの余韻が残るなか、「whale song」とともにsora tob sakanaが登場。「魔法の言葉」から彼女たちのパフォーマンスがスタートした。君島とのコラボの際に着ていたTシャツから、白くふわっとした衣装にチェンジした彼女たちのダンスは、より柔らかな印象を与えて観客を魅了する。続く「鋭角な日常」では一転してスピーディ且つ躍動感のあるダンスを見せ、鮮やかなコントラストをステージ上で表現した。ダイナミックな動きをしながらも、まるでそうは感じさせないような安定感のある歌声を届けていく。その姿からは、今年結成5周年を迎えた彼女たちが、sora tob sakanaの上質な音楽をステージ上から届けていくために、磨きをかけ続けてきた確かな実力が感じられる。MCを挟んで、ポエトリー・リーディングを取り入れた「ブルー、イエロー、オレンジ、グリーン」、「発見」、「秘密」を披露。君島がカバーで披露した「夜空を全部」でこの日一番の盛り上がりを生んだsora tob sakanaが、ラストに選んだのは「流星の行方」だ。ストリングス、ピアノを織り交ぜた、壮大で疾走感のあるバンド・サウンドにエモーショナルな歌声を乗せて駆け抜けていく。sora tob sakanaのステージでは、何かがバチっとハマったときに宇宙を感じることがある。まさにそのような瞬間がこの日の「流星の行方」にはあったように思う。緩急のあるセットリストで進行していったライヴだったが、決して振り回されているような感じはせず、むしろsora tob sakanaの音楽に身を委ねている心地よさを感じることができた。

終演後、ステージに再び姿を見せた君島は、sora tob sakanaのライヴを"希望の光を感じました"と表現していた。sora tob sakanaの放つ光は、音楽ファンだけでなく、アーティストをも照らしているようだ。"月面の扉"は11月と12月にも開催。新たな"月面の扉"を開くsora tob sakanaは、この日この場所で君島との共演で得たものを吸収し、ひと回り成長した姿を見せてくれることだろう。


[Setlist]
■君島大空
1. 叙景#1
2. 鬼壓床
3. 散瞳
4. 向こう髪
5. 夜空を全部
6. 遠視のコントラルト
7. 午後の反射光
<コラボレーション>
1. 燃えない呪文
2. ありふれた群青

■sora tob sakana
SE. whale song
1. 魔法の言葉
2. 鋭角な日常
3. ブルー、 イエロー、 オレンジ、 グリーン
4. 発見
5. 秘密
6. 夜空を全部
7. 流星の行方

  • 1