Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

PARADISES

2020年07月号掲載

PARADISES

メンバー:テラシマユウカ 月ノウサギ ナルハワールド キラ・メイ

インタビュアー:宮﨑 大樹

過去と現在と未来、すべてが「終わらない旅」に込められている


-そうして制作されたアルバムの1曲目「終わらない旅」は、とても耳馴染みが良くて、本当にいろんな人へ届きそうな曲だなと思いました。

ユウカ:これからの未来を想像できる、すごくワクワクした曲になってるなと思って。4人で初めての曲ってことで、完成した音源を聴いたら4人のグループ像みたいな、4人でライヴしているところが浮かびました。これまで出した音源はメイちゃんなしだったんですけど、メイちゃんのジブリっぽくてすごくかわいい声が加わることで、かなりキャッチーでたくさんのお客さんに届けやすくなったなって。それがこの1曲目でわかりやすく出てるんじゃないかなと思うし、PARADISESでの指針みたいな、これからの未来について、はっきり表してくれる曲ですね。

-歌詞としても、PARADISESの今とこれからを歌っているような印象です。

月ノ:PARADISESが始まるってなったときの気持ちが不安と期待だったって話をさっきもしたんですけど、それを渡辺(淳之介/事務所代表)さんと松隈さんがこの歌に込めてくださったなと思って。サビでは"夜空が僕を突き落として/誰も助けない 助けないんだ/でもちょっとワクワクするんだ"って、ただ前を向いてるだけじゃなくて、底まで落ちてるけど、それでも上を向いてるよ、みたいな感じなんです。渡辺さんのPARADISESへの思いが込められているなって、グッと胸が熱くなった歌詞でした。過去と現在と未来を、全部この曲に込めてくださったと思ってます。

-続く「TWINKLE TWINKLE」ですが、まずタイトルが新鮮でした。歌詞もサウンドもフレッシュでキラキラしているような感じがして、この曲も、これまで届いてなかった層に届くような気がします。

ナルハ:そうですね。これを最初に聴いたときにイントロからすごくワクワクする感じがあって。私たちの初めてのアルバムには、こういうワクワク系の曲というか、これからの活動にドキドキしていけるような曲がいいなと。サビとかも"さぁ たちあがるよ"とか前向きな言葉がたくさん書いてあって、前を向いてずっと走っていきたい気持ちになれる曲だなと思いました。

-この曲、仮タイトルが現在放送中の、某戦隊ヒーローのタイトルになっていたようで(笑)。

月ノ:アルバムのリード曲として、キラ・メイちゃんが入ることを予知してたかのようにこの曲がきたので、すごく運命的だなと思います。

キラ・メイ:仮歌のタイトルを見たときに"おぁ〜!"って思いました(笑)。聴いてみるとワクワクするというか、子供に戻ったみたいな気持ちになって、すごく楽しめる曲ですね。"私絶対キラメくさ"のところは、私が1番から全部歌ってます。そこの歌割を貰ったっていう部分で、期待というか、想いがあるのかなって。絶対に輝かないといけないプレッシャーというか、頑張らないといけない気持ちになりました。

-この曲はバンド・サウンドで、既存のWACKファンにも馴染みやすいと思います。今回のアルバムではPARADISESの自由な感じがサウンドにも表れていて、「STARE」は、EMPiREに多くの曲を提供しているイメージがあるoniさんによるエレクトロの1曲ですね。

ユウカ:イントロ、Bメロのラップ、サビと、全部ギャップがあるような感じがして、1曲なのに全部盛りされてる感じがすごく新しいなと思いました。それと同時にめちゃくちゃワクワクしましたね。あと、この曲は私が作詞させてもらったんですけど、すごく難しかったんです。

-どういうふうに歌詞を仕上げていったんですか?

ユウカ:今、新型コロナウイルスで自粛してるなかで、SNSとかを見ていたら良くないムードになってるというか、排他的というか、何か発信されたものに対してトゲを刺す人が多いなって思ってて。それに対して思うところがあったんです。この状況の中で生まれてしまっているマイナスなものをぶち壊したいなっていう気持ちで。

-こういう状況だからこそ生まれた歌詞なんですね。

ユウカ:そうですね。家にいる時間が多いと自分と向き合う時間も多くなって。私、夜になると脳みその中にペンで書いたモヤモヤみたいなものがすごく動き出すんですよ。めちゃくちゃ変なことを言ってるんですけど、夜になるとその映像が浮かんで、変な感情になるんです。もどかしいっていうか、自分がどこにいるかわからなくなるっていうか、自分と剥離したものが存在してしまうような。そういうことは今まで上京してきてからもたまにあったんですけど、最近特に多くなってきていて。でもそういう不安定な状態をどうにかしたいって思うんじゃなくて、そういう自分でもいいんじゃないかって受け止めようとしてます。人に対しても、良くない空気に"なんで?"って突っぱねるんじゃなくて、全部受け止めて飲み込んだほうがいいんじゃないかなって思って。そういう気持ちを書きました。この歌詞は自粛期間の中で自分に芽生えたすごく抽象的な感情を書いています。

-月ノさんの歌詞が採用された「ズルい人」は、古き良きポップ・ソングを彷彿とさせますね。

月ノ:歌詞を採用していただいたときも、スタッフさんに"平成初期感がすごいね"って言われました(笑)。言っていただいたような、古き良きJ-POPを体現してる曲だなと思います。

-サウンドからそういう印象を感じて歌詞を書いたんですか?

月ノ:実はそれがそうでもなくて。デモの仮タイトルが"雨の西中洲"っていうタイトルだったんですよ。たしかに雨の情景がすごく浮かぶ曲だなっていうのは個人的に思っていたので、雨の情景が浮かぶような、"傘"とか"雨が降り注いだ"という言葉を入れました。最初に"ズルい人"っていうワードが浮かんで、そうなったときにアイドルが浮かんだんですよ。それで"アイドルの歌にしよう"って思って。簡単に言うと"アイドルに憧れている人の歌"なんです。1番は、アイドルにズルいなって思う気持ちで、2番で自分もやりたいなっていう気持ちが芽生えてきて、みたいな。アイドルに憧れる女の子のイメージを書きました。そこに雨の情景を入れていったら結果的に平成初期みたいな感じに(笑)。

-この曲で、ついに月ノさんの歌詞の扉が開きましたよね。

月ノ:2年間作詞をやってきたんですけど、初めて歌詞が採用されまして。このアルバムでは、この曲ともう1曲「YEAH!!」で採用されました。私が作詞した曲を見るのはお客さんも初めてだと思うので、どういう感想を抱いてくれるのかなって、不安とワクワクが半々くらいなんです。

-"君の瞳にクギヅケな私"とか、月ノさんの中からこういう言葉が出てくるんだ! っていう驚きがありましたよ。こういったサウンドは、みなさんにはどう聴こえましたか?

キラ・メイ:私は平成初期の音楽をリアルタイムでは聴いていないんですけど、この曲を聴いたときには平成初期よりももっと前、ソロ・アイドルがスタンド・マイクでフリフリの衣装を着て踊ってる感じの曲だなと思いました。歌い上げる感じが耳に残っていい曲だなって。

-サビのメロディとコーラスなんて最高ですよね。なんと言うか、パラダイス感。

月ノ:ある意味別のパラダイス感を出してます(笑)。

-ナルハさんは「青い春」を"山田なる"名義で作詞してますね。

ナルハ:これも他の歌詞と同じくらいのタイミングで書かせていただきました。合宿が終わったあとくらいですね。"山田なる"として恋愛リアリティショーに参加させてもらったので、そのときのことを思い出しながら書きました。

-そういう経験があったからこそ書けた歌詞なんですね。

ナルハ:そうですね。その経験がなければこんな言葉は生まれなかったかなって。恋愛ソングを書くならこの曲かなっていうふうには思ってました。今までこういう歌詞を書いたことはなかったし、他のグループでもあんまりないだろうなっていう、それこそ新しいものになりましたね。

-ここまで話を聞いてみて、改めて音楽的な幅が広いアルバムだと感じました。ただ、その中でのPARADISESとしての軸も伝わってきます。それはこのメンバーだからこそという部分もあるのかなと。改めて、どんなアルバムになったと思いますか?

ユウカ:言っていただいたように幅広くなったなと思っていて。それぞれにしっかり色がついてるというか、PARADISESらしい曲が集まったなと。もともといるWACKのお客さんもそうですけど、もっともっと広い層に届いていくんじゃないかなと思います。その中でも若い子に刺さるんじゃないかなと個人的には感じていて。今、中高生がどんな曲を聴いてるのかはわからないんですけど、そういう子たちでも自分に重ね合わせられる曲が多くなってるのかなと。音としても楽しんでもらえるし、自己投影して感情移入するっていうことでも楽しんでもらえるアルバムになったんじゃないかなと思います。

-音源で聴いていると、やはりライヴでも聴きたくなってしまいますが、今まで通りのライヴができない状況が続いていますね。

月ノ:今まではライヴで想いを伝えてきたので、そうやって直に伝えられるものを失う不安はありますね。PARADISESにとってもすごく大事な時期にこうなってしまったのはすごくもどかしくて悔しい気持ちです。でもPARADISESの曲を聴いたときに、ライヴをしたときのことが頭に思い浮かんで、すごく楽しみになってきたんですよ。そういう気持ちを貯めて、貯めて、いつかお客さんと対面できたときに全部ぶつけあいたいなって思います。今はそういう気持ちをSNS越しにしか伝えられない状況なんですけど、GANG PARADEでは見ることができなかった新しい景色を見たいなってすごくワクワクしていますね。

-PARADISESとして自由に活動していく先にどんなことを見据えていますか?

ナルハ:まだライヴをやっていないので、これからまたいろいろ変わるとは思うんです。でもGANG PARADEを超えるくらいになるっていうことはずっと前から言ってますね。

メイ:今までWACKの音楽を聴いてこなかったような層とか、広い層に、たくさんの人に聴いてもらいたいっていう想いがあって。そういう方たちが聴いて、いいと思ってもらえるような音楽をたくさん作っていただいてるので、どんな人でも楽しめるような曲を伝えていきたいなって思います。