Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

MARKET SHOP STORE

2018年04月号掲載

MARKET SHOP STORE

MARKET SHOP STORE

Official Site

メンバー:MAME(Vo) 実千瑠(Gt) Kasumi(Gt) 憂(Ba) ちーば(Dr)

インタビュアー:杉江 由紀

-かくして、この1年あまりの間にみなさんはたくさんの経験をされてきたことと思いますが、バンドとしてのMARKET SHOP STOREがここまでに得てきたのはどんなことですか。

MAME:時を経るごとに、少しずつでも強くなっていっているのは確かですね。客観的に考えると、男だけのバンドに比べると女だけのバンドはパワーの部分での違いが出やすい、という部分もあるとは思うんですよ。でも、だからこそ私たちは絶対に負けたくないんです。だから、たまに"バンドというか実際はアイドルみたいなもんなんでしょ"とか言われたりするとすごく悔しいんですよ。そりゃまぁ、ルックスがいい子を意識して集めたっていうのはひとつの戦略ですけど(笑)、あくまでそれは付加価値としての武器のひとつでしかないですから。そういう偏見も跳ね返しつつ、音楽で勝負してやる! っていう気持ちが今はとても強いです。

-手段はどうあれ、バンドは不特定多数を惹きつけたもの勝ちなところがあると思いますよ。"かわいいから気になって聴いてみたけど、音もすごくいい!"というパターンも、明らかに有効ですのでね。

MAME:たまにアイドルと対バンすると"見た目と違って、意外とすごい音を出すんだね"みたいに言われることがあるんですよね(笑)。本当なら、"音をまずは好きになったけど、見た目も意外とかわいいんだね"となってくれる方が、こちらとしてはより理想的ですけど、いずれにしても"いろいろ言いたいなら、(ライヴを)観てから言えよな!"と訴えたいところはあります。

Kasumi:女でもここまでできるんだ! ということはこれからもアピールしていきたいし、男バンドに負けたくないという気持ちもこの1年でより強くなった気がします。

憂:あと、最近は同性のファンの方たちが増えてきているのも、私たちとしては非常に嬉しいことですね。とはいえ、私は男だ女だということ以上に、純粋にいちベーシストとして向上していきたいだけなので、自分のメイン楽器であるジャズ・ベースを使ってどれだけゴリゴリしたほかのロック・ベースに対抗していけるのか、ということをここからもっと究めていきたいです。最近は、大きな音で弾きまくるのが楽しくて仕方ありません(笑)。

ちーば:この1年の活動で、成長できたところはいっぱいあると思うんですよ。でも、今の段階ではまだ自分に足りないものもいろいろあるので、これからよりたくさんのことを吸収していくようにしたいです。

実千瑠:僕も、この1年で学んだことは多いです。正直、もともと男バンドの中にいたのもあって、女だけのバンドでやれることなんて、それなりに限界があるだろうと思ってしまっていたところもあったんですよ。それでも、ここまでにたくさんのバンドさんと対バンしたり、いろいろな場面でライヴを重ねてきたりしたことで、視野はかなり広がりました。まずは、自分をもっと磨かなきゃなと今まさに思っているところですね。

-さて。そんなMARKET SHOP STOREは昨年8月に1stミニ・アルバム『DAMAGE』を発表していますが、このたびは初のシングル『アンビュランスを呼ばないで』がいよいよ全国流通にて世に放たれることとなりました。こちらには「エンポリアム」、「サイレンパラサイト」、「花に例えたら」の3曲が収録されるそうですね。

MAME:このシングルに収録曲の曲名ではなく"アンビュランスを呼ばないで"というタイトルを付けたのには、すっごく深い理由があるんですよ。だけど、そこについての説明はあえて今はしたくないんです。のちのち、ちゃんと売れて成功したころなら"実は、あのタイトルは......"って笑い飛ばしながら話せると思うんですけど(苦笑)、まだ今はそのときじゃないので、すみません。

憂:そして、"DAMAGE"からの"アンビュランスを呼ばないで"っていうのも、結果的にはちょっと繋がっているという......(笑)。

MAME:とりあえず、そのあたりはいつか来るべきときが来たらちゃんとお話しします!

-わかりました。では、収録されている各曲についての解説をお願いしたいです。

MAME:「エンポリアム」は今作が初の全国流通作品というところで、まずはみなさんにこの曲を聴いてほしいという気持ちで入れたものですね。私が書いた歌詞の内容としても、この5人でここから進んでいくということや、私たちを支えてくれているみんなと一緒に未来に向かっていきたい、という気持ちを込めました。ここまでポジティヴな曲はMARKET SHOP STOREとしてこれが初めてかもしれません(笑)。

-結成1周年の節目を経て、バンドとしての明確な意思表示を具現化したのが「エンポリアム」という楽曲なのですね。では、サウンド面でこの曲について各パートが重視したのがどんなことだったかも教えてください。

ちーば:曲については聴いた人が自由に感じてくれればいいんですけど、私自身はレコーディングのときに歌詞の内容をしっかり理解したうえでプレイしていくようにしましたね。自分も、詞を書いたMAMEちゃんと同じような気持ちで叩きたかったんです。

Kasumi:ちーばは、ドラムだけじゃなくてコーラスもやってるしね。それに、ドラムもちーばの音は"歌って"いるんですよ。彼女のプレイはそこが大きな特徴だと思います。

ちーば:うわー、そう言ってもらえるのすごく嬉しい! やったー!

-歌っているドラムに対して、ベーシストである憂さんはどのようなアプローチで音を出していかれましたか。

憂:この「エンポリアム」は、ウチのバンドとしては珍しいくらいの透明感やまっすぐな勢いを感じる曲だったので、自分のベースについてはうるさくなりすぎないにように気をつけつつ、Bメロでは疾走感を醸し出せるようにグリスを入れたりしてみましたね。