Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

プピリットパロ

2017年09月号掲載

プピリットパロ

プピリットパロ

Official Site

メンバー:福(Gt/Vo) アマノカオリ(Ba/Vo) まもぽーる(Dr/Cho)

インタビュアー:岡本 貴之

-同じメンバーで7年間一緒にやってきて、途中でバンド名を変えた理由ってなんだったんですか?

福:バンドを組んだときに、"バンドでなんとかなりたい"みたいな感覚を全然持っていなくて、とにかくライヴをやりたいっていう勢いでやってきて。でも3~4年経って、"やっぱりバンドの運営をもうちょっとちゃんとやりたいよね"っていう話になったんです。それで改名する1年前の2015年に、僕が池袋Admの副店長になったときに、サーキット・フェスとか第一線で出ている人たちってどんな感じなんだろうっていろんなバンドをリサーチしてラインナップを見たときに、自分たちのバンドのアー写がそこに載っているイメージがどうしてもできなくて。音楽性も、直球なロックを頑なにやってきた感じがあるので、"これってこのままやってて売れるかね?"っていう話をふたりにして、やっぱりちゃんとしっかりやりたいから、もっと曲作りは気楽にやって、運営はしっかりやりましょうっていうことで、2015年中に昔の曲とかCDを出しまくって、最後にワンマンをやって、年が変わってから改名を発表したんです。

-ガラッと変えようとしたわけですね。アルバムを聴かせてもらったら、最初はすごくテンションが高いアッパーな曲で始まるんですけど、最後の曲はホロッと泣けてしまうくらいの曲があって、最初と最後のギャップがすごいなと。

福:ははははは。とてつもなく一貫性がないバンドなので(笑)。

-(笑)みなさんそれぞれが持っている音楽的な要素が全然違うんですかね?

福:僕はず~っと奥田民生さん、ユニコーンが大好きで。ロックを始めたきっかけは、THE OFFSPRINGとかTHE CLASHとかのパンク・シーンなんですけど。民生さんのように、音楽でずっとのびのび遊んでいる感じがいいなって根っから思ってしまって。"もういいや!"みたいな感じで(笑)。今回のアルバムは一応コンセプトを立ててはいるんですけど、曲調自体はあんまり考えずに、もっとラフな感じで作ろうと思ってました。

-今、THE CLASHの名前が出たので聞きますけど、「ろくでなしボク部ルース」の冒頭にTHE CLASHの「I Fought The Law」が入ってますよね。これ大丈夫なんですか?

一同:あははははは!

福:ガンガン入れてます(笑)。これは自分たちが演奏しているんですけど、よく聴いたらいろんなインディーズ・バンドもガンガンやってるし、まぁいいでしょうっていうことで。ちょっとでもカモフラージュできるように選手宣誓を入れてるんですけど(笑)。この曲の歌詞に出てくる学生時代によくTHE CLASHを聴いていた気がするので、リスペクトの気持ちを込めて入れました。

-まもぽーるさんはどんな音楽が好きなんですか。

まもぽーる:僕のルーツはHi-STANDARDですね。学生のときに流行ってたのが、ハイスタとGOING STEADYとMONGOL800という3バンドだったんですよ。それでめちゃくちゃ聴きまくってて、"なんだこれ、カッコいいな"って、自分も音楽をやってみたいなって思ったんです。もともとそういう1990年代から2000年初頭くらいの音楽にハマってて。未だに好きでよく聴いてます。"AIR JAM"のVHSとか持ってますからね。

-アマノさんはどうですか?

アマノ:私は、メロコアは全然聴いてなくて、このバンドを始めてから聴くようになった感じですね。ツアーの車の中で聴いたりして、最近になっていいなって思うようになりました。もともと私は椎名林檎さんが好きで、そこから自分もギター弾いてみよう、と始まった感じです。あとは親がTHE BEATLESとかを聴いてたんですけど、ずっと流れていたので逆に嫌いになっちゃって、SEX PISTOLSとかUKのパンク・ロックを聴くようになっちゃいました。親は聴かないであろう洋楽を反発の意味で(笑)。

-今回の7曲は全部アルバムのための書き下ろし曲なんでしょうか。

福:もう何曲かはあったんですけど、ミニ・アルバムにするためにその中から選びました。"パロイズムチルドレン"というタイトルに関して、去年リリースした1stミニ・アルバム『パロイズムカクメイ』は、半分はTheチーズのころのライヴの定番曲を再録して入れていたりしていて、プピリットパロという名義ではオール新曲ではなかったんです。今作は、もっともっと、とことん音楽で遊びたいなと思って、歌詞も全部、小学校くらいまで遡っちゃうくらいの感覚で作ってみようというテーマで作ったので、チルドレンという言葉をつけました。

-中二病どころの話ではないわけですね。

福:中2以下の小2まで行っちゃおうということです(笑)。