Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

音×AiR

2017年03月号掲載

音×AiR

メンバー:楓(Vo) MASAYA(Ba) 竜之介(Dr)

インタビュアー:秦 理絵


基本的に楓という人間が楽観的だから、面白おかしい曲が自分の人間性とかけ離れてない


-なるほど。歌詞はすべて楓さんが書いてますけど、どんなことを意識してますか?

楓:歌詞もライヴを想像して"サビでこうしたい"とか考えながら書いてます。コール&レスポンスとか、お客さんが声を出して楽しめるところを入れてるんです。「ドジっ娘モーニング」(Track.3)とか「抱きしめたいハグトゥナイ」(Track.7)とかがそうですね。

-「叱ってサディスティック」(Track.2)とか面白いですよね。

竜之介:結構前からあったよな。最初のタイトルなんやったっけ?

楓:"戦え、怠け者"。これは"サボってまうなぁ"っていうときに書いた曲ですね。他の人はどうなのかわからないですけど、頑張れへんときが、誰にでもちょっとぐらいはあるんじゃないかなっていうところをフィーチャーしてて。

-サビで"はい先生 僕を叱ってくれませんか"と。

竜之介:そうそう。最初にライヴでやるとき、木刀買ったよな?

楓:浅草でね。木刀でSっ気のある先生の役をやってたんですけど。いかんせん木刀が長くて重たくて、しばらく使わなくなってたんですよ。で、車に積みっぱなしやって。ある日、ストリート・ライヴをおまわりさんに止められて、"ちょっと車のなか見せて"って言われて、パッと開けたら木刀が入ってる。"これ、何?"って言われましたね(笑)。

-この底抜けの明るさは楓さんそのものっていう感じなんですか?

楓:まぁ、基本的に楓という人間が楽観的というか。面白おかしい曲をやってることが、自分の人間性とかけ離れてないんです。ゴリゴリに病むことがあんまりない。

竜之介:めちゃくちゃ明るい奴ですよ。病むほど考えられる頭もないので(笑)。友達の中で、こいつが一番面白いなと思ってます。

楓:あ、嬉しい(笑)。

MASAYA:竜ちゃんしか笑ってないときもあるけどね(笑)。でも、ようこんなおもろい歌詞出るなぁと思います。僕は「ダントツ☆YOU」(Track.6)とか好きなんですけど。

-「ダントツ☆YOU」は"君が好き"っていうことを、ノリと勢いでコミカルに歌ってるけど、同じことをかっこつけて歌ってるのが「バンソウコ」(Track.9)じゃないですか。

竜之介:楓っぽいのは、ダントツで「ダントツ☆YOU」ですね(笑)。それがいいところなんです。まっすぐに正直な人間。それが歌とかライヴに出たらいいなと思ってます。

MASAYA:捻くれてないんよね。

楓:こんなんしか書けないんです(笑)。でも、普通にいい歌も書けるようになりたくて。時々、そこでグッときてくれたら。笑いの先に感動があると思ってるんです。

-うんうん。"笑いの先に感動がある"って、たぶん音×AiRが一番目指してるところなんでしょうね。で、それを感じるのが「なんちゃってヒーロー」(Track.11)なんですよ。

楓:あぁ、嬉しいです。「なんちゃってヒーロー」は、僕すごく好きなんです。高校生ぐらいのときに書いたんですけど。僕がこんなんなんで(笑)、バンドやってるときとか、ヴォーカルとしてステージに立って歌ってるときぐらいは、誰かにとって"かっこええ"って思ってもらえる存在になれるんちゃうか、なりたいなって思って書いた曲なんです。

-こういうバンドになりたいっていうのが、この曲に詰まってる。

楓:そうですね。その憧れっていうのは、仮面ライダーなんですけどね(笑)。

-ちなみに、もともとアルバムは13曲入りだったのが、オフィシャル・サイトによると"諸事情により"12曲になったそうで。

楓:もう1曲入る予定だったのが「三日月」っていう曲なんですけど、実はライヴで2、3回やってたんです。もともと僕のアゴが出ているという指摘を受けまして(笑)。

-横顔のラインが三日月の形をしてると(笑)。

楓:それで、面白い曲できないかなと思ったんですよね。アゴが出てるっていう話を知らない人が聴いたら、普通のラヴ・ソングにも聴こえるんですけど。

MASAYA:歌詞の"君が"とかがね......。

楓:あ、そうそう"君"を"アゴ"に変えたら、辻褄が合う曲になってます。

-それが諸事情により収録されなかったのは、ライヴを観た人はわかると思うので割愛しますね。遊びの度が過ぎたという感じなので。

楓:はい(笑)。

-最後に、資料によると今年の目標が――

楓:バンド王になることです! みんなを仲間にして大海原に行こうと思ってます。

-ふたりの目標は?

MASAYA:いままで東京のワンマンはなかなかソールド・アウトできなかったので、近々そういうものを目指したいです。

竜之介:4人から3人になって"ライヴで笑顔になってほしい"っていうことを再確認したので。それを突き詰めていきたいです。笑いをとりにいくって言ったら、お笑い芸人みたいなんですけど(笑)。音楽を使ってライヴに来てくれる人を笑顔にしていきたいです。

LIVE INFORMATION
NOW ON AiR リリース記念ワンマン
"~届け!あなたの街までハートフルレボリューション~"

3月14日(火)渋谷TSUTAYA O-Crest
OPEN 18:00 / START 18:30
チケット:¥2,800(D代別)
チケットぴあ(P320-843)/ ローソンチケット(L75666)/ e+
問:ネクストロード 03-5114-7444(14:00~18:00)

3月17日(金)梅田Shangri-La
OPEN 18:00 / START 18:30
チケット:¥2,800(D代別)
問:サウンドクリエーター 06-6357-4400
http://www.sound-c.co.jp