Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

フレンズ

Skream! マガジン 2022年08月号掲載

2022.07.07 @LIQUIDROOM ebisu

Reported by 三木 あゆみ Photo by Ray Otabe

バンド結成7周年を迎え、8年目に突入したフレンズが、渾身のニュー・ミニ・アルバム『Superb』をリリース。それに伴い、全国7ヶ所を回るツアーを現在開催中だ。七夕の夜にキラキラと心がときめく特別な時間を観客と一緒に作り上げた初日公演は、まさに"最高の(=Superb)"ツアーを幕開けるに相応しいものとなった。

新旧織り交ぜたセットリストで今のバンドのすべてを存分に堪能させてくれたフレンズ。煌びやか且つ自由な音像で観客を自然と躍らせるリラックスしたダンス・ナンバーや、パーティー感溢れるカラフルな楽曲、想いを力強く歌い上げるエモーショナルな楽曲、さらには本人たちいわく"忘れてないけど......忘れていた"というレアな曲まで、"ベスト・フレンズ"とでも言いたくなるような充実の内容を届けてくれたのだが、やはりその中でも新作『Superb』の楽曲の存在感は強力なものであった。フレンズの真骨頂である夜がテーマのシティ・ポップ「夜は嫌い」では、えみそんの大人っぽい歌唱に滲んだ切ない想いがフロア全体に広がっていく。長島涼平による思わず耳を奪われる絶妙なベースのフレーズ、三浦太郎の浮遊感のあるコーラスと洒落たギター、夜のムードを彩るキーボードの音、そしてそれを支え引き締めてくれる関口 塁のドラム。上質なアンサンブルに身を任せて、観客も思い思いに身体を揺らす。空がだんだんと白んでいく様を彷彿とさせる導入を挟んで演奏された「朝が来た」では、自堕落な生活を浮かばせる歌詞を、えみそんがおとぎ話を聞かせるかのような優しい歌声で運んでいく。そして、ひときわ盛り上がりを見せたのは「U.L.K.」。この曲は、えみそんが"この世のマイナス、ネガティヴ・ワードを詰め込んだ"と言っていた通り、ネガティヴな言葉たちを軽快なサウンドに昇華させたダンス・チューンで、歌詞に合わせたキャッチーな振付も用意されていた。振付によって会場の一体感をより強め、観客のテンションもさらに高まっていく。なお、この日は「U.L.K.」、「夜にダンス」、「Love,ya!」などで撮影がOKとされており、フレンズのサービス精神に観客も大喜びしていた(SNSではファンによる動画がたくさんアップされているので、ぜひ覗いてみてほしい)。

えみそんは、作品やツアーの準備を進めるなかでみんなにちゃんと届くのか、楽しんでもらえるのかとすごく緊張していたけれど、みんなの姿を見て"今日を迎えられて本当に良かった"という気持ちになったと語り、"フレンズはみんながいてこそだと改めて思った。今日があるからこれからのツアーも楽しく回れるなって、元気を貰えた"と来てくれた観客に感謝を伝えていた。全国を回るツアーとしては約2年半ぶり。初日を迎えるにあたってメンバー一同、緊張感があったことを話していたが、"みんなの顔を見て安心した"と長島も言っていたように、フレンズとリスナーの心がしっかりと通じ合っていることを改めて確かめることができた1日になったのだと思う。えみそんは"みんなとの思い出の1ページをたくさん作っていきたい"という旨を語っていたが、そんな想いが溢れた「cruising memories」は、よりいっそう優しく温かく聴こえてきたような気がした。

フレンズのライヴは、ホームパーティーのようなアットホームな空間で、自由に肩の力を抜いて音楽を楽しむことができるというところが魅力のひとつだと思うが、それだけでなくメンバーの作品への愛や、リスナーへの愛、音楽に込められた真心がはっきりと伝わってくるところが素敵なのだと、この日のライヴを観て改めて感じさせられた。ライヴが進むにつれてどんどん心にパワーが充電されていくようなハッピーで充実感のある公演であり、本ツアーへの希望を感じさせる初日公演だったと思う。最後にフレンズは"ここからツアー行ってきます! また会いましょう!"と挨拶し、観客は大きな拍手で4人を見送った。

  • 1