Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Awesome City Club

Skream! マガジン 2021年01月号掲載

2020.12.10 @新木場STUDIO COAST

Reported by 吉羽 さおり Photo by 安藤未優

Awesome City Club(以下:ACC)の有観客のワンマン・ライヴ"Awesome Talks - One Man Show 2020 -"が、12月10日、新木場STUDIO COASTで開催された。7月に2ndフル・アルバム『Grow apart』をリリース以降、予定していた作品を携えたツアーはコロナ禍により中止となってしまったが、この東京公演は感染拡大予防のガイドラインに則って行うことを決断。ここまで3度のオンライン・ライヴをしてきたが、有観客のワンマン・ライヴは久々となる。atagi、PORIN、モリシー、新体制でのACCは、サポートを交え柔軟且つ豊潤にその音楽を奏でるバンドになっており、今回のステージでは伊東賢介(Dr)、雲丹亀卓人(Ba)、井上惇志(Key)、田中佑司(Key)、Kaya(Cho)、大野雄介(Cho)に加え、曲によってトロンボーン、サックス、トランペットのホーン隊に弦楽四重奏も擁した大所帯でアルバム『Grow apart』、そしてACCの音楽世界を彩った。カラフルなアンサンブルや音が放つエネルギーを生で身体に感じ、味わえる贅沢さを実感するライヴだ。

1曲目を飾ったのは、『Grow apart』を幕開ける曲でもある「トビウオ」。このライヴでは、曲中の特徴的でファンキーなリズムをメンバーと観客とでハンドクラップし、晴れ晴れとした一体感のある始まりでステージとフロアのエンジンをかけていった。しなやかなバンド・グルーヴに、atagiのリズミカルなヴォーカルが映える。「バイタルサイン」、「アンビバレンス」と『Grow apart』の曲が続き、心地よくボリューム感のあるサウンドとatagiとPORINの男女ヴォーカルのハーモニーで、観客の身体を揺らしていった。ソーシャル・ディスタンスが取られたフロアで、観客は思い思いに踊っている。そのフロアの様子を見てatagiは、"踊らせてあげましょう"と声を上げると、バンドはぐっとスピードを上げて「アウトサイダー」へ。笑顔で、高く掲げた手を左右に振るフロアの光景は、まだ完全な形ではないにしろ"ライヴ"が帰ってきたという感覚で胸にグッとくる思いと、どこか懐かしくセンチメンタルな気分も混じり合う。「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」で輝いたミラーボールもひと際美しく、ファットなグルーヴをドラマチックに照らしていった。

"改めましてAwesome City Clubです。今日は遊びに来てくれてありがとうございます"と挨拶をしたatagi。今年、アルバムをリリースしたがツアーができなかったことに触れ、そんななかでこの東京公演をなんとか開催できた喜びを語った。そして、"声を出せないなど制限もあるけれど、そのぶん僕らが大きな声で歌うので最後までお付き合いください"と告げると、よりエモーショナルな中盤へ突入する。ビターなシンセをキーに、男女ツイン・ヴォーカルで大人の物語を紡ぐ「最後の口づけの続きの口づけを」は、ACCの真骨頂だろう。憂いとともに甘美な余韻を湛えたPORINの歌声が切なく響く。続く「ブルージー」はアルバムではバンド・サウンドだが、この日はモリシーのギターに、atagi、PORINのヴォーカルという3人のみの弾き語り的な演奏で聴かせた。グッド・メロディとそこにある物語が浮かび上がる、この音を削ぎ落とした構成もまたいい。そんなミニマムなところから、再びバンド・サウンドの「Okey dokey」でフロアを高揚させると、続く「but ×××」ではホーン隊を迎えて歌心と重厚感とで魅せる。ギターとベースの息の合った掛け合いも興奮を呼んで、会場の温度は右肩上がりだ。そしてここからは10月にリリースした新曲「ceremony」や、2021年2月にリリースが決定した3rdアルバム『Grower』からの新曲を、いち早く披露した。ミディアムで日常的な温度感と、幸福感のあるシンガロングが心地よい「ceremony」から、次はさらにスペシャル・ゲストにPESを迎えて、ラップとメロディが交差するポップなフロウが最高なパーティー・チューン「湾岸で会いましょう feat. PES」で、華やかに宴を盛り上げる。こうした曲からも、より自由にフレキシブルに音楽を進化させていくACCの姿が見える。そして終盤、弦楽器を交え「Don't Think, Feel」を披露し、ラストはニュー・アルバムに収録される、映画"花束みたいな恋をした"インスパイア・ソング「勿忘」を聴かせ、贅沢な一夜の幕を閉じた。この日、コロナ禍でライヴ活動ができない間に制作していたというニュー・アルバム『Grower』リリースの発表とともに、5月7日に中野サンプラザでワンマン・ライヴを行うこともアナウンス。atagiは、"まだこの先の状況はわからないけれど、みなさんの前でライヴをする大切さがわかった"とMCしたが、この日はまさに"ライヴ"だからこその、音楽を通じての歓喜や心の揺さぶり、フィジカルな高揚感で満ちたワンマン・ライヴとなった。


[Setlist]
1. トビウオ
2. バイタルサイン
3. アンビバレンス
4. アウトサイダー
5. 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
6. 最後の口づけの続きの口づけを
7. ブルージー
8. Okey dokey
9. but ×××
10. ceremony
11. 湾岸で会いましょう feat. PES
12. Don't Think, Feel
13 勿忘

  • 1