Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ドミコ

Skream! マガジン 2020年03月号掲載

2020.01.25 @下北沢GARDEN

Reported by 稲垣 遥 Photo by 小杉歩

"domico"の赤と青のネオン管がぼんやりと明かりを灯すなか、長谷川啓太(Dr)がドラムスローンにつく(長谷川のヘアスタイルが新しくなっていることに一瞬フロアがざわついた)。そのあと、さかしたひかる(Vo/Gt)が現れるとトラッドなギターを聴かせ、フォーキーな「怪獣たちは」でこの夜を始めた。

昨夏8月以来約半年ぶりの東京ワンマン。ソールド・アウトの下北沢GARDENにはドミコのグッズに身を包んだ若い女性もいれば、メンバーの親世代ほどの人もいて、様々な年代や風貌の観客が入り乱れていた。期待感はそれぞれに滲むものの、いい意味で統一感はなく、思い思いにドミコの音楽を楽しむ姿が印象的だった。

しっとりとスタートした「怪獣たちは」はラストでピッチを上げ、そこから「わからない」へ。さかしたがギターの音をその場で重ねてループ、そして、長谷川がそこに静動自在でグルーヴィなドラミングを合わせることで、ジャンル無用な音を構成していく、彼らのライヴの看板とも言える持ち味を存分に発揮。オーディエンスの注目も集まり、自然とフロアが揺れていく。 漏れるような歓声が上がった「こんなのおかしくない?」、ふたりが時折目を合わせながら歌う「My Body is Dead」、海に沈んでいくようなメロウなギターも響かせた「バニラクリームベリーサワー」など6曲立て続けに演奏し、さかしたは"センキュー"とひと言。彼らのライヴには"MC"はなかった。そもそも人前に立つことを目的とせず始まったバンドだったということ以上に、今のドミコは、ライヴでパフォーマンスするということを念頭に置いたうえで、言葉よりも自分たちの曲を聴いてくれればいいという気持ちが大きい気がした。

そして、その姿勢を理解するには充分すぎるほどの豊かなサウンドスケープを、彼らは描いてくれるのだ。

ギター・カッティングと浮遊するコーラスで常夏感を演出する「WHAT'S UP SUMMER」では後半、ディレイの効いたギターをバックに矢継ぎ早に詞をまくしたてるパートが、涼しさと焦燥感を見事に同居させる。太い低音のリフで引っ張っていく「プライマリケア」は、阿吽の呼吸でひとつひとつの展開を聴かせ、曲が進むごとに迫力を増していく。続く、横ノリの「裸の王様」ではさかしたもラフに揺れながらパフォーマンス。ふたりはどこまでもポーカーフェイスだが、この場で生まれる音を、ライヴという空間を満喫しているようなムードも滲む。ドミコの楽曲は1曲の中でテンポをぐっと落としたり、雰囲気をガラリと変えたり、緩急をつけて揺さぶるものも多く、その多彩な音楽を浴びるこちら側も楽しくて仕方がない。

また、その音を純粋に楽しもうというムードは、音源とはまったく違う幻想的なイントロで惹き込んだ「ロースト・ビーチ・ベイベー」や、こちらもガレージ調の音源に対して、カントリー・テイストで柔らかく演奏した「マイララバイ」でも感じられた。新たな手腕や技巧を見せつけるというよりは、ナチュラルに、今の気分のまま奏でるようなアレンジで、リスナーの気持ちを高めてくれる。

終盤はゴキゲンなリフから始まる「地球外生命体みたいなのに乗って」、カラフルな照明にもぴったりの「united pancake」と初期曲を連続で畳み掛け、フロアのテンションも高潮。本編ラストは、Apple MusicのCM曲にもなったナンバー「ペーパーロールスター」。長谷川は頭を振りながら勇壮且つシュアなリズムを刻み、さかしたもそれに応戦してドラム・セットに乗りこの日一番の轟音を響かせ、曲終わりにはギターを高く掲げた。オーディエンスも拳を上げ、ハイライトとなるシーンになった。

アンコールでは、先に登場した長谷川に対し、観客から髪型を褒める言葉が飛ぶと、長谷川は照れながら珍しく訥々と話し始めるが、その最中に登場したさかしたによりバッサリ強制終了させられる場面があり、笑ってしまった。ちなみに、ライヴ後Twitterに上がった投稿によると、長谷川のその今風にゆるくセットされた髪は、出番直前にさかしたの思いつきによりカットされたものとのこと。ふたりの関係性やノリを窺わせるいい後日談だ。

そして、さかしたはここでニュー・ミニ・アルバム『VOO DOO?』のリリースとツアーの開催を発表。"アルバムから一番気持ち悪い曲やります"と前置きし、新曲を披露した。その言葉通り同曲は禍々しいSEの導入部から、エレクトロな音が交ざり、一方でローもしっかり鳴るし、ドラムもシンプルな中に手数の多いフレーズが挟まれる、今までにないカラーの"気持ち悪い曲"で、かなりのインパクトによりフロアを圧倒。新作からの初披露でこの曲をチョイスしたことに笑ってしまうほどだった。しかし、そんな複雑な曲だったからこそ、ライヴでそれが構築されていく様を観られることにワクワクしたし、自分も含めたその場にいた誰もが目も耳も釘付けになったと思う。次回作への期待を確実に高めた痛快な1曲だった。

その後は、激しめのセッションを挟んで「まどろまない」、1stアルバムのオープニングにしてシンプルなロック・ナンバー「my baby」をかき鳴らし、ふたりはステージを去った。 この日発表されたように、次回作を引っ提げたツアーの東京公演の会場は、渋谷TSUTAYA O-EASTというバンド史上最大キャパのハコとなる。多くを語らず、自身の音楽だけを武器に、着実に会場を満員にして一歩一歩進んでいくドミコ。まだまだ新鮮な音を聴かせてくれそうな彼らの、今後の歩みも刮目していたい。


[Setlist]
1. 怪獣たちは
2. わからない
3. こんなのおかしくない?
4. My Body is Dead
5. バニラクリームベリーサワー
6. Pop,Step,Junk!
7. WHAT'S UP SUMMER
8. くじらの巣
9. プライマリケア
10. 裸の王様
11. ロースト・ビーチ・ベイベー
12. 幽霊みたいに
13. マイララバイ
14. 深海旅行にて
15. 地球外生命体みたいなのに乗って
16. united pancake
17. ペーパーロールスター
En1. 新曲
En2. まどろまない
En3. my baby

  • 1