Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

UNCHAIN

Skream! マガジン 2011年11月号掲載

2011.10.01 @渋谷CLUB QUATTRO

Reported by 石井 理紗子

どのバンドでもツアー・ファイナルはメンバーにとってもファンにとっても少し特別なのではないだろうか。会場は開演前からそんな期待感に満ち溢れていた。今か今かと待ちかまえるファンの気持に応えるように開演時間ほぼきっかりに客電が落ちる。ムーディーなオープニングの後、1曲目は『SONDOGS』の1曲目でもある「Aurora」だった。

“始まりましょう”という谷川(Vo)の言葉を皮きりにタイトルどおりカラフルな音がフロアいっぱいに広がる。全部の楽器の音がとにかく前へ前へと出てくる。この曲の肝となるハーフ・スケールの繰り返しのギター・フレーズの印象の強さは勿論のこと、ベースの音色も音数もとにかく多いし、ドラムの手数も多く耳に残る。たっぷり詰め込んでいるのにうるさい印象にならないのはロックバンドには珍しい艶のあるヴォーカルがしっかり音をまとめているからだろう。更に軽快なポップロックの「少女ジレンマ」、エッジの効いたサウンドとアンニュイなヴォーカルの「The Game Of Life」、キャッチーなサビに飛び跳ねずにはいられない「I AM THE SUN」と、序盤はリリース・ツアーらしく『SONDOGS』からの曲を中心に盛り上げる。

そして中盤はなんと3曲もの新曲を披露。これ以上ないほどの歓声があがる。谷川が1曲1曲丁寧に説明してくれた。新曲の1曲目は「I'll be the music(仮)」。“明日からいなくなってしまう人との最期の夜をもりあげる”ような、“最高だねって言えればもしかしたら明日からも続くのではないかと信じている男”の曲。ソウルフルなヴォーカルがドラマティック歌いあげる。2曲目は「0.0025(ポイントダブルオートゥーファイブ)」。谷(Ba)の好きなパチスロが当たる確率だという。なんとも茶目っ気のあるタイトルからは想像できないようなソウル色の強いパワフルな曲だ。そして3曲目の「千の夜(仮)」は“もののけ姫みたいな感じ”とのことで、もののけ姫のものまねと共に披露された(笑)。谷川の説明の通り、少し古風な言葉遣いの歌詞と壮大なスケールを感じさせるサビが心地良かった。

新曲披露の興奮も冷めやらぬうちにライヴは終盤へ。THE CARDIGANSの「Carnival」をカヴァーしたり、自転車を持ち出してサドルをオーディエンスに渡してから「My Bicycle」を演奏したり(サドルは後で返してくださいとのこと(笑)。)、遊び心のある演出で大いに楽しませてくれる。更に“暴れて帰りますか”と始まったアンコールは「Show Me Your Height」と「Don't Stop The Music」の2曲。踊りまくったファンのテンションはあがりっぱなし。客電があがってもダブルアンコールを催促する手拍子が鳴りやまない。メンバーもそれに応えて「Precious」。物凄い歓声と共に拳をあげて飛び跳ねるファン。前に詰めかける。ダイバーまで現れ、ツアーを締めくくる最後の1曲に相応しい盛り上がりとなった。

“僕らは常に変わり続けて、皆をいい意味で裏切り続けていきたい”最初のMCでヴォーカルの谷川がそう言った。バンドを長く続ければターニング・ポイントというのは必ずあって、必然と周囲から、勿論ファンからもいろいろな声があがるものだ。STYLE_MISSILE recordsを立ち上げて最初のアルバムである『SONDOGS』のリリース・ツアーのファイナル。谷川のその言葉とこの日のUNCHAINのライヴはそんな声に対するバンドが出した答え、そして決意を堂々と魅せつけてくれるものだったのではないだろうか。

  • 1