Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

the telephones -BRITISH ANTHEMS-

2009.12.06 @新木場STUDIO COAST

Reported by 遠藤 孝行

今回で8回目の開催になるBRITISH ANTHEMSには前回から「Tequila69 Stage」が登場し日本のロックバンドが数多く出演する様になった。メインのステージでも過去にくるりやACIDMANが出演するなど話題を集めてきたが、今回のメイン・ステージに抜擢されたのはthe telephonesだった。やはり2009年の彼らの勢いは誰もが認めるところで1stメジャー・フル・アルバム「Dance Floor Monsters」をリリースし、疾走するようなニューウェーヴ・サウンドを響かせ、2009年のライヴハウスを最もダンス・フロアに変えていたのは彼らだっただろう。

そして今回のライヴ。ディファ有明でのワンマン直後にもかかわらずお客さんの熱量は高い。特に最前線には若いお客さんがたくさん詰めかけている。
そんな中ライヴはスタートしお客さんとのファースト・コンタクトは挨拶代わりに「D.A.N.C.E to the telephones」をぶっ放し、そしてそのままの勢いで「Urban Disco」と畳み掛ける。彼ららしい力強いスタートで安定感もバッチリだ。

「THE VASELINESと同じステージに立てて光栄です」そして「洋楽も邦楽もないんでみなさん踊って帰って下さい!」とMCが入る。SUMMER SONICでも同じことを言っていた。やはりBRITISH ANTHEMSのメイン・ステージに日本のバンドが出演するという事は個人的にはチャレンジの一つだろうと思っていて、そこに対してTHE TELEPHONESはとても意識的だ。僕はそのMCに頼もしさすら感じた。そして洋楽をメインにして聴くお客さんに対しても投げかける様なライヴだったと思う。少し話がずれるが「Tequila69 Stage」という試みもとても素晴らしい事だと思う。日本のロック・シーンにも素晴らしいバンドは沢山いる。「今の時間、外でPILLS EMPIREという格好いいバンドがやってるんで観に行って下さい」というMCもとても心がこもったものだった。

新曲も披露され成長を早くも感じさせてくれる。やはりどこでやっていてもthe telephonesはthe telephonesであった。力を与えてもらったようなライヴだった。

BRITISH ANTHEMS特集に戻る>>